« きょうの祇園祭(長刀鉾稚児舞披露) | トップページ | きょうの祇園祭(神幸祭、還幸祭) »

2023年7月24日 (月)

きょうの祇園祭(前祭~後祭)

 7月いっぱい続く祇園祭のハイライトは山鉾巡行。前祭の巡行が7月17日、後祭の巡行が7月24日。前祭の準備が本格的に始まる7月10日から巡行当日の7月17日と後祭の準備が本格的に始まる7月18日から7月24日が京都の山鉾町界隈が賑やかに、祭り色に染まる期間。

◯前祭

X5b_6753g
 山鉾が建ち始めるのが7月10日。先ずは山鉾の櫓を組むところから。木材を藁で縛る縄絡みで組み上げていく。木材は毎年使い回すのだが、藁縄はワンウエイ。消費量が半端ない。(函谷鉾)

X5b_6764g
 山鉾建てが始まると山鉾町界隈の街も祇園祭モードにチェンジ。交通規制は勿論の事、市バスの経路も変更されバス停が移動。電柱が養生され、歩道のガードレールが撤去され…と街の様子が一変する。曳き初めや巡行の時には信号機が折り畳まれて向きを変える事も。(四条烏丸)

Ps0img_9112g
 山鉾の櫓が組み上がると鉾のシンボルとも言える真木を建てる。なが~い木の棒。町会所の倉庫から引っ張り出すと大通りを完全に封鎖してしまう。(函谷鉾)

Ps0img_9320g
 真木の建て方は山鉾ごとに様々。ウインチを使って人力でという所が多いみたい。音頭取り(総指揮官)が櫓の上に登って掛け声をかけるのは月鉾流。(月鉾)

Ps0img_9408g
 一旦倒した櫓に横(戻すと上になる)から真木を刺して櫓全体を引き起こす。前後からウインチでバランスを取りながら。(月鉾)

Ps0img_9462g
 四条通の大型の鉾、左から函谷鉾、長刀鉾、月鉾。構造部材の櫓を組み始めてから真木が建つまでで一日半。この後、懸装品(装飾品)を取り付けて山鉾が完成する。(四条新町)

X50_0020g
 完成した山鉾は巡行前に曳き初め(試運転)。巡行の時は予め決まった人だけで曳くのだけれど、曳き初めは一般参加が可能な山鉾もあって人気。ギャラリーと一般の曳き子が集まってきてどの山鉾もカオス。(船鉾と岩戸山)

X5b_7041g
 祇園祭の期間中だけ開くと言われる御手洗井もオープン。

X5b_7238g
 曳き初めを終えた山鉾は町会所前に停車して前後に駒形提灯を飾り、ちまきや授与品の授与が始まる。宵山ですね。(月鉾)

Ps0img_9715g
 すべての山鉾の準備が整うと夜には大通りがホコ天になり祭りも佳境を迎える。四条油小路から眺めると山鉾のボイジャービュー。

X5b_7387g
 そして7月17日には前祭の山鉾巡行。(長刀鉾(戻り鉾))

◯後祭

 前祭の山鉾巡行が終わり、山鉾の片付けが進むのと並行して後祭の山鉾建てが始まり、曳き初めをして宵山を迎える。後祭の山鉾は大通りにない事もあって交通規制はあるものの宵山のホコ天や屋台はなくて落ち着いた雰囲気。

Ps0img_9967g
 遠近法な役行者山。こうした町内を挙げての盛り上げ方は後祭の方が巧み。

Ps1img_0019g
 そして7月24日には後祭の山鉾巡行。(橋弁慶山、南観音山、他)

X5b_7842g
 殿は大船鉾。

Ps1img_0257g
 辻回し。大の男が寄って集って皆で横車を押す、の図。(南観音山)

X5b_7859g
 巡行し終わった山鉾は速やかに解体される。大型の山鉾は翌日にかけて二日がかりだけど、小型の山はその日のうちに跡形もなく消え去ってしまう。お神輿の渡御に先立って悪疫を集めて町内を清めた山鉾は集まった穢れもろとも川に流…したりはせず倉庫にしまってまた来年。(橋弁慶山)

|

« きょうの祇園祭(長刀鉾稚児舞披露) | トップページ | きょうの祇園祭(神幸祭、還幸祭) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの祇園祭(長刀鉾稚児舞披露) | トップページ | きょうの祇園祭(神幸祭、還幸祭) »