« 立春卵(2023) | トップページ | 東本願寺前の巨大こけし »

2023年2月21日 (火)

きょうの雪(清水寺遠景あげいん)

 まだまだ寒いものの時々暖かめな日もやって来てようやく三寒四温っぽくなってきたかな?と思っていたらまさかの雪。
 昨夜から降り始めた雪は流石にもうしんしんと降り続く事はなく、降ったり止んだりで朝には雲が切れて降ったり照ったり状態が一日中。がっつり降ると言うより日本海側の雪雲がちぎれて流れてきて雪になる京都の冬の典型的なお天気。
 時には激しく降ったものの概ね牡丹雪で切れ切れの雪なので道路には積もらず。朝は屋根に1cmほど積もっていたものの、昼にはすっかり融けてしまって跡形なし。

Ps0img_6066g
 遠く清水寺を望む@五條新町歩道橋。

Ps0img_6062g
 引いて見るとこんな感じ。

|

« 立春卵(2023) | トップページ | 東本願寺前の巨大こけし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立春卵(2023) | トップページ | 東本願寺前の巨大こけし »