« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月24日 (金)

きょうの祇園祭(後祭)

 規模縮小していつもと違う祇園祭。後祭も山鉾は建たず大半の町会所もひっそりとしたまま。そんな中でも祭の灯を絶やすまいと密を避けながらも活動は続く。中には1150年の歴史上初なんて行事も。

115919189_1491866714351456_4782791725323
 復活7年目の大船鉾の町会所ではちまきほかお守り、手ぬぐい、安産祈願の岩田帯などを授与中。鉾の舳先を飾る筈の龍頭も白木だったのが金箔を貼って今年が御披露目の筈だったのに二階から町を見下ろすだけ。毎年大金幣と交代で巡行する事に成っているので、御披露目は再来年?と思ったら来年の巡行で御披露目するそうな。保存会の方の「来年巡行出来るようなら…」と言う言葉に悲しさが。

109121330_1491866811018113_2602627849748
 山鉾と並んで美術品の宝庫、屏風祭も一部で開催中。山鉾町内の家のお宝を展示して眼福。ここは京町家の夏のしつらえ、ですね。

109092845_1491866917684769_3039596832349
 山鉾が巡行出来ないなら人が巡行しよう!と言う訳で、前祭の時と同様に各山鉾の代表者が榊徒歩巡行。前祭では山鉾巡行の順路をなぞって四条通を四条烏丸から四条御旅所まで練り歩いたけれど、後祭では現在の順路、御池通ではなく昔な順路に沿って三条通から寺町通を通って四条御旅所まで。人の背丈なので、電線もアーケードも怖くない。

115913672_1491867007684760_7275537392527
 八坂神社から賜った榊を山鉾に見立てて、去年の巡行順に従って橋弁慶山から大船鉾まで。山鉾はまだだけど去年には唐櫃巡行した鷹山も参加。

115910353_1491867057684755_4943069908073
 前祭の時は神様がまだ八坂神社におられたので、四条御旅所から八坂神社遙拝だったけど、もう神様は四条御旅所に来ておられるので御旅所参拝。

116338663_1491867127684748_3285991787867
 17日に御神霊渡御祭の時には垂れ幕の向こうに半ば隠れていた神籬(ひもろぎ)が垂れ幕の前に姿を現してる。

115929410_1491867167684744_4542588409154
 神籬。榊に御神霊が宿っていると言うことなんだけど、どの榊?

109916605_1491867201018074_7409800190159
 神幸祭に当たる「前の祇園祭」と還幸祭に当たる「後の祇園祭」では神輿渡御に代わって御神霊渡御祭で御神霊が八坂神社と御旅所の間を移動される。神輿渡御の時のように氏子町をくまなく巡回出来ないので、御旅所滞在中の18日から23日の間は八坂神社の氏子25学区を御神霊が台車に乗って巡回する行列。(一言で呼ぶ名前は無いのか?!)

109291911_1491867277684733_6298852089668
 御神霊が乗った台車。金幣と紙幣が御神霊のよりしろかな?

109291556_1491867311018063_3345491618376
 24日には還幸祭の神輿渡御に代わって御神霊渡御祭。最短コースではなく東御座の渡御コースに沿って大政所御旅所経由又旅社でオハケ神事を行って八坂神社に戻る。1150年の祇園祭の歴史上初だそうで。

115975562_1491867354351392_4418520804351
 これが御神霊がを遷した榊。素戔嗚尊(スサトオノミコト)、櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)、八柱御子神(ヤハシラノミコカミ)の三体で三本の榊。ぶら下がってる草はネギでもニラでもなく稲らしい。御神輿の時もてっぺんに飾ってある五穀豊穣の象徴だとか。
 榊に御神霊を遷し馬の背に乗せて移動するというのは応仁の乱で御神輿が出せなかった時に室町幕府が代案として命じたことに由来するそうで、五百年以上前の政令が今に活きている国が日本です。

116263653_1491867401018054_2380477577254
 これが御神霊を遷したての榊。

| | コメント (0)

きょうの祇園祭(御神霊渡御祭(還幸祭))

 24日には還幸祭の神輿渡御に代わって御神霊渡御祭。最短コースではなく東御座の渡御コースに沿って大政所御旅所経由又旅社でオハケ神事を行って八坂神社に戻る。1150年の祇園祭の歴史上初だそうで。

116254137_3168656083224766_5496503528301
 神主、太鼓、チリン棒、清々講社の幟、御神宝俸持列(勅板、矛、楯、弓、矢、剣、琴と、武具や楽器)に先導されて白馬。
 白馬の背には御神霊がを遷した榊。素戔嗚尊(スサトオノミコト)、櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)、八柱御子神(ヤハシラノミコカミ)の三体で三本の榊。ぶら下がってる草はネギでもニラでもなく稲らしい。御神輿の時もてっぺんに飾ってある。五穀豊穣の象徴だとか。榊に御神霊を遷し馬の背に乗せて移動するというのは応仁の乱で御神輿が出せなかった時に室町幕府が代案として命じたことに由来するそうで、五百年以上前の政令が今に活きている国が日本です。

| | コメント (0)

きょうの祇園祭(榊徒歩巡行(後祭))

 山鉾が巡行出来ないなら人が巡行しよう!と言う訳で、前祭の時と同様に各山鉾の代表者が榊徒歩巡行。

 116042307_911260779384689_33293230841706
 前祭では山鉾巡行の順路をなぞって四条通を四条烏丸から四条御旅所まで練り歩いたけれど、後祭では現在の順路、御池通ではなく昔な順路に沿って三条通から寺町通を通って四条御旅所まで。人の背丈なので、電線もアーケードも怖くない。八坂神社から賜った榊を山鉾に見立てて、去年の巡行順に従って橋弁慶山から大船鉾まで。山鉾はまだだけど去年には唐櫃巡行した鷹山も参加。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

きょうの祇園祭(御神霊渡御祭に伴う御神霊氏子町巡回)

 神幸祭に当たる「前の祇園祭」と還幸祭に当たる「後の祇園祭」では神輿渡御に代わって御神霊渡御祭で御神霊が八坂神社と御旅所の間を移動される。神輿渡御の時のように氏子町をくまなく巡回出来ないので、御旅所滞在中の18日から23日の間は八坂神社の氏子25学区を御神霊が台車に乗って巡回する行列。

115215696_229262148132224_55171794739650
 神主がお祓いをし、提灯と太鼓とチリン棒に導かれて御神宝の勅板、御神霊が乗った台車と続く。御神霊が乗った台車の上には金幣と紙幣が御神霊のよりしろかな?

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

きょうの祇園祭(前祭)

 規模縮小でいつもと違う祇園祭。例年なら山鉾が建ち始める7月10日を過ぎても山鉾は建たず、二階囃子も聞こえて来ず寂しい山鉾町。それでも少しだけいつもの祇園祭が戻っている所や今年だけ特別な行事があってそれもまた新鮮。

109099583_1485972891607505_4742169619319
 7月13日の新町通。例年なら岩戸山、船鉾、放下鉾が建ち並び曳き初めが行われるんだけど、時折車が通るだけで閑散としてる。

108964234_1485972934940834_7373874769341
 7月13日の四条通。例年なら月鉾、函谷鉾、長刀鉾と祇園祭屈指の大型鉾が建ち、前日に曳き初めを終えて駒形提灯をまとってちまきの授与を始めようかとお祭り気分が盛り上がり始める筈なんだけど、こちらも静かな佇まい。

109323462_1485972988274162_2307575206199
 7月13日の船鉾の町会所。人の気配無し。手前の道路の礎石の上に船鉾が建っている筈なんだけど、むき出しの礎石が恥ずかしがっているような。

109088354_1485973021607492_4863180910231
 7月15日の御手洗井。祇園祭期間中は門を開けているんだけど、今年は閉まったまま。

108726425_1485973058274155_7216014188372
 7月15日の斎竹(予定地)。今年は建たず。八坂神社の結界を意味するんだけど、山鉾巡行の時に長刀鉾が切る注連縄の支柱でもあるので巡行しないなら不要と言う事かな。

109152063_1485973101607484_7009448392212
 7月15日の八坂神社の神輿蔵。17日の神幸祭で素戔嗚尊御一行の御神霊を乗せて四条御旅所まで練り歩くのにこの時期は舞殿に鎮座している筈なんだけど、今年は神輿蔵に収まったまま居祭り。
 今年は神幸祭は無くて、神籬(ひもろぎ)なる榊に乗り移って御神霊渡御祭で四条御旅所までお出ましになる予定。
 この日の夜の宵宮祭で御神霊を一旦御神輿に遷し、その後渡御の際に再度榊に遷っていただくのだそうな。

109316746_1485973134940814_3814864038703
 山鉾町は全く祭の気配が無いのかと言うとそんな事は無くて、宵山期間に入ると一部の山鉾の町会所ではちまきの授与が始まった。授与だけじゃ無く御神体を控え目に飾って居祭りも。
 ざっと見て回った限りでは函谷鉾、菊水鉾、放下鉾、山伏山、霰天神山、郭巨山、孟宗山でオフライン授与していた。長刀鉾と白楽天山はオンライン授与。

107511992_1485973178274143_4340669389810
 月鉾では二階囃子の代わり?に御稚児人形がご挨拶。斜め向かいの函谷鉾でも二階から御稚児人形が。

109299675_1485973211607473_5161764967127
 7月17日、山鉾巡行当日の四条通。巡行していません。

109089933_1485973234940804_1499732729812
 山鉾は巡行しなかったけれど、山に見立てた榊を持った山鉾代表者が四条通を四条御旅所まで練り歩いたそうで。四条御旅所では一人一人八坂神社に向けて遙拝。山鉾巡行ではなく、榊巡行。件の榊は八坂神社から賜ったものだそうで。

109116557_1485973278274133_3280019350284
 7月17日の夜には神幸祭…ではなく、御神霊渡御祭。御神輿の代わりに神籬なる榊に乗って神様が四条御旅所にやってきた。神籬と言うものを見てみたいと駆け付けたのだが、垂れ幕の向こうでよく分からず。神籬の本体は榊で金幣や木枠は飾りなのかも?

107624576_1485973321607462_4420749765138
 御神霊渡御祭で御神霊が乗り移った榊は白馬の背に乗って移動したそうな。三基の御神輿の代わりに三本の榊。

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

きょうの祇園祭(曳き初めず)

 朝からしとしと雨。温暖化ガーと言いたくなるような極端に激しい訳でもなく、にわか雨のようにすぐ止むでもなく飽きずに降り続く古典的な梅雨らしい雨。
 例年なら四条室町界隈に大型の鉾が建ち、新町通で山鉾の曳き初めがあり、いよいよ日常を脱して祇園祭の世界に包まれる時期なんだが…。山鉾巡行も山鉾建ても中止となり、宵山なし、居祭りすらしないと言う消え入るような今年の祇園祭。最低限の神事は非公開で行われるので、町会所によっては人の気配があって局所的に雰囲気だけはあるものの街はごくごく日常の風景のまま。寂しい祇園祭。

107569367_1481992565338871_8541084387870
 新町通。手前から岩戸山、船鉾、一つ飛ばして放下鉾が建ち、午後には曳き初めが行われる…。筈なんだけどスカッと何もありません。

107900506_1481992625338865_2587358289247
 四条通。ここも月鉾、凾谷鉾、長刀鉾が前日に曳き初めを終えて駒形提灯をまとい、ちまきの授与も始まろうかと言う景色の筈なんだけど。御覧のとおり。

107854054_1481992682005526_3093392503935
 船鉾の町会所。手前の道路にある礎石の上に船鉾が建っている筈なんだけど。むき出しの礎石が寂しがってるような恥ずかしがっているような。

109124235_1481992742005520_2352098235305
 綾小路新町東入の綾傘鉾の口上。悔しさが滲み出てる。関係者の心情は皆同じかと。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

きょうの祇園祭(長刀鉾御千度の儀、吉符入りとか)

 今日から祇園祭。コロナ対策でかなりの行事を端折ったり例年とは違った様子になるようだけど、基本的な神事は関係者だけでも行うようです。疫病退散の祈りを起源とするお祭りが疫病の流行で縮小されると言うのは理不尽だけど、仕方無い。

106223853_1472305469640914_6032777276529
 祇園祭最初の儀式は長刀鉾御千度の儀。長刀鉾の関係者が御千度詣でを行う。本当なら稚児も参加するのだけれど、今年は山鉾巡行が中止になって出番が無いので稚児はいません。
 長刀鉾保存会の代表者だけで本殿前でお参り。

106454049_1472305539640907_7601145553790
 裏側(北側)でもお参り。

106529202_1472305566307571_2647642889892
 三回回ってインタビュー。役員の中にはご高齢の方もおられて部分参加される場面も。三周追っかけるカメラマンも大変。音声さんはもっと大変かも(姿勢が)。

105896046_1472305592974235_6369333953891
 今年は山鉾のちまきが手に入るか不安があるので八坂神社でちまきをいただきました。祇園祭の御本家だからオールマイティーかな。

106501878_1472305636307564_2963590409797
 八坂神社の氏子地区も祇園祭色に染まってる。四条通のアーケード飾りは祇園祭モード。BGMも祇園囃子。

105661500_1472305676307560_2630376604159
 寺町京極のアーケード飾りも祇園祭モード。隣の新京極のアーケード飾りは七夕でした。

105672316_1472305719640889_5082141821049
 毎年四条烏丸交差点ち建つ長刀鉾の鳥居も建設済み。凾谷鉾と月鉾の鳥居はまだ建ってませんでした。これから建てるのか今年は建てないのかは不明。

106493622_1472305766307551_4300075850805
 変則的とは言え、山鉾町の会所は次々開き始めてる。一部の保存会からは二階囃子はしませんとの通知があったのだけど、他はどうなんでしょ?いつもは夜になるとどこからか聞こえて来るお囃子かお祭りムードを盛り上げてくれてたんだけどね。寂しいなぁ。

| | コメント (0)

鈴の音発生装置(八坂神社)

 コロナ対策で鈴の引き綱に触れなくしてあるので鈴を鳴らす代わりに動体検知で鈴の音を発生させる装置が賽銭箱に装備されてる。

74774162_1572998952869836_17397299551477
 音姫のようでもあり。鈴の音の重要性を改めて認識させられましたわ。

| | コメント (0)

御千度詣で(八坂神社)

 祈願成就の為に何度もお詣りするのが百度参り。その十倍で千度詣で。かと言って本当に千度詣でる訳じゃなく、ここ八坂神社では三周六回。清水寺にも千日詣りと言うのもあったな。
 疫病退散で千度詣でを始めたのが由来だそうで、同じ疫病退散を願う祇園祭とも相性が良く、毎年祇園祭の初日7月1日には長刀鉾の町衆が稚児渡共に八坂神社で千度詣でをする御千度の儀と言うのが慣わしになってる。
 本来は氏子町が揃って詣でるものだそうなのだが、今年はコロナの退散を願って個人でも御千度詣でを受け付けるとの事。折角なのでお詣り。

106204515_1472266989644762_4349347986125
 専用の御札をいただいて本殿の周りを三回回る。その間に正面と真裏(北側)で二拝二拍手一拝のお参りをする。勿論祈願も。

106102834_1472267049644756_4472870690465
 御千度札と専用のケース(神紋錦袋)と説明書を受けていざ出陣。

106311396_1472267102978084_3863505822879
 御千度札とケースはこんな感じ。干支が印刷してあるので有効期間は一年間。結構綺麗なケース。

105695204_1472267156311412_2391914554274
 正面でお参り。

106513483_1472267192978075_6340187696987
 裏(北側)でもお参り。

106172067_1472267216311406_6724805884549
 裏が何処か判るように木札が立ててある。

106098695_1472267246311403_7645727365002
 コロナ対策で鈴の引き綱に触れなくなってるので、鈴の音発生装置が設置されてる。鈴ってそんなに重要だったのか。本質は鈴ではなく音?神様の注意を引く為のノックみたいなもん?

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »