« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月25日 (火)

折田先生像2020

 今年も「折田先生像」降臨の日がやってきた。「折田先生像」とは…。京大の創始者折田彦市氏の胸像を校内に設置していたところ、学生がいたずらをした。元に戻しても何度も何度もいたずらするので業を煮やした大学当局が像を仕舞い込んでしまった。それでもへこたれない学生達は最初からいたずらされた像を一から造って校内に展示するようになった。それが入試二次試験の初日、毎年2月25日この日である。とまぁ、ざっくり言うとこんな感じ?詳しくは「折田先生像」で検索してみて下さい。(手抜き)m(__)m
 ま、京大の自由な校風の象徴の一つかと。毎年テーマを変えて登場するのでギャラリーは何が出るかと楽しみにしてるわけさね。
 「折田先生像」に対する大学当局の扱いもだんだん厳しくなって来てるようで去年は14時頃に問答無用で撤去されてた。今年はどうだか未確認。ルールとしては設置する事自体アウトっぽいけど、年に一度の事だし大学当局と黙認してたような。それが厳しく当たるように成ったのは時流もあるだろうけど、派生系の設置物が常態化したからではないかと。
 見れば分かるけど、本家「折田先生像」は通行や広場の利用を邪魔しないように植え込みの中にアンカーで半固定して倒れたり飛んだりしないように配慮して設置してある。悪質なようで一定の配慮もある。それに対して派生系は端っことは言え通路にポンと置いてあるだけで邪魔とか危ないとか言われたらその通り。こうした配慮の無い派生物がウイルスの如く増殖するのを危惧した大学当局が本家を排除しようとしてるのではないのかなぁ。

87324662_1366496430221819_81396337709626
 今年の折田先生像は「スーパーヒトシ君」らしい。「世界・不思議発見!」だっけ?そう言う番組もあったな~と言う程度の記憶しかないんだけど、今も放送されてるのかな?受験生は知ってる?

87285279_1366496513555144_15116203626667
 点検ポイントとしては像本体、横の説明板、説明板裏の写真。お供え物その他は後から置かれたもので時々刻々変わって行くと思われ。写真が誰なのかわかんねー。お供え物は論文誌?やらニンニクやら、足元にはカモメのたまごも。

87942609_1366496570221805_11145090866379
 一見こちらが本物っぽいけどこれは折田先生像の偽物の偽物。派生系の一つ。本物の折田先生像は斯くやと思わせる出来映え。本物の折田先生像は時計台の地下に安置されていると言う噂。偽物の偽物が本物っぽいと言うややこし。
 裏には写真も何もなし。像本体の完成度で勝負に出てる感じ?

87049840_1366496610221801_19384083294076
 派生系その2。「折田先生像」関連と言うより受験生応援グッズか?

87480039_1366496633555132_77139474160885
 派生系その3。謎の石膏像。分かる人には分かる?多分、2体で一体かと。妙法みたいな。

88005859_1366496676888461_57611041697504
 派生系その4。ハコひげ危機一発?流石京大能書き多い。

88175390_1366496756888453_38255811821924
 全体の配置図。毎年「定位置」の場所に「折田先生像」現れてたんが大学当局のいけずか、去年から試験案内の立て看板が設置されるようになってあちこちジプシー状態。去年は左奥だったのが今年は右中程。

87370938_1366496793555116_30858176085622
 配置図のリファレンスね。①が本物の「折田先生像」(偽物)で、②が偽物の「折田先生像」(偽物)。③~⑤はおまけ。

87276999_1366496833555112_86301010746125
 定位置に置かれた立て看板。多分大学当局が設置した本物。裏書きもあります。

87990967_1366496856888443_61478516037947
 京大正門に通じる東一条通。例年、受験生に向けた応援メッセージやサークル勧誘の立て看板が並んでるんだけど今年は皆無。撤去されちゃったのかな?毎年クスッと笑わせてくれるウイットに富んだ看板が多くて折田先生像見物の帰りの楽しみでもあったんだけどね。景観条例が厳しいから仕方無いけど、年に1日2日なら目をつぶっても良いような?

87287236_1366496923555103_57365841112633
 折田先生像が記念碑としてGooglemapに載っている件について。

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

きょうの梅(城南宮)

 暖冬のせいか今年は梅が早い。京都中至る所で梅が見頃。京都の梅の中でも毎年大トリを勤める城南宮神苑のしだれ梅も満開と聞いて押っ取り刀。朝から快晴でお出掛け日和なのも後押し。

87261219_1365613703643425_39644126628460
 梅にウグイスではなくメジロ。数ある梅の木の中で一本だけやたらとメジロが集まって来る木があってさながらメジロの木状態。

87935808_1365613760310086_83274917535442
 しだれ梅は枝が垂れてるだけじゃなく、花が五花弁ではなく八重になっていてゴージャス。

87946956_1365613806976748_78519896449619
 白梅もあります。こちらはオーソドックスに青空が似合う。

85215627_1365613846976744_81814329037883
 紅白にたなびく霞のよう。

87263847_1365613916976737_43683548352510
 例年なら3月に見頃を迎えるのだけれど、2月下旬で既に散り始めて地面にピンクの絨毯。

87179753_1365613980310064_91119707556790
 しだれ梅と落ち椿。ここの定番ビューだそうで。

87979613_1365614036976725_20260979078909
 コロナウイルスなんのその満員電車のような人出。神苑に入る前の行列も数百メートルあったし。閑散としてるとかいろいろ噂もあるようだけど、期間限定のイベントは疫病なんかに負けてません。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

きょうのきょう(ユキダス)

 朝から雪。と言っても、晴れたり曇ったり降ったり止んだり時折吹雪とこれまた京都の典型的な真冬のお天気。金閣や銀閣寺、上賀茂神社と言った北区ではそれなりに積もったようだけど、下京区では屋根にうっすら積もっただけで昼前にはすっかり融けてしまいましたとさ。
 初雪が舞ったのは1月31日。それから一度雪の舞う日があっただけで今日で今季三回目の雪。ちらちら舞うと言う域を超えて本格的に降ったのは今日が初めてかな。
 雨雲レーダー画像を見ても日本海側の雪雲が流れ込んで来て千切れ千切れに成って通過する度に雪が降ってるのが分かる。
 来週後半は春の陽気がやってくると言う噂もあるし、雪はこれで打ち止めかな?

85231573_1353250494879746_39954318014210
 晴れたり曇ったりで太陽が完全に隠れる訳でもなく降る雪がよく見える。降り方が激しくなる程、雪粒が大きく成っていく感じ。

85157062_1353250518213077_22916758620193
 朝8時頃でこの程度の積雪。1cmも積もってないね。昼前までにすっかり融けてしまいました。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

立春卵(2020)

 今年も立ててみました、卵。
 卵は時間さえかければいつでも立ちます。ここ何年かは立秋や冬至はおろか夏至にも立ててますし。
 立春卵を知るきっかけになった中学の国語の教科書に載っていた中谷宇吉郎氏の「立春の卵」が青空文庫に収録されていた。もうそんな時代なのか。(と、毎年思う。)
 立春の卵(http://www.aozora.gr.jp/cards/001569/files/53208_49866.html)。

83946019_1348986108639518_43754510360520
 立ってます。

83668872_1348986128639516_19561221102711
 なんか一つの惑星みたい。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

きょうの節分会(誓願寺)

 誓願寺は節分会。阿弥陀様と一緒に舞台を眺める。

84507789_1348981365306659_73830067555690
 日本舞踊の奉納。袴がきれいなのにも注目。

84176075_1348981415306654_32595258944016
 誓願寺の奉納舞踊には僧侶の方々も参加されるの。なかなかコミカル。

84918886_1348981471973315_76077030978502
 本日のオールスターキャスト。

84051076_1348981525306643_50972884813406
 待望の豆まき。

83513298_1348981611973301_29356372480596
 芸能と縁の深いお寺なので扇塚で扇供養。

83597802_1348981665306629_40114116953972
 誓願寺の節分会は本堂の中で行われるので気候天候関係なく安泰。収容人員も限られるから豆密度と高くてゲットしやすいのも魅力。特に手を伸ばさなくても豆のほうから飛び込んで来る、極楽浄土とはこの事か。
 節分会中も撮影化で更には撮影した以上SNS投稿は必須と言う懐の深さ。流石に落語発祥地。
 と言う訳で、8豆ゲット!&ハンカチゲット!沢山福を頂きました。

| | コメント (0)

きょうの恵方巻祭(フレスコ)

 フレスコでは恒例の恵方巻祭。店中恵方巻だらけ。

83495402_1348983851973077_12430928053880
 節分は豆まきだけで、恵方巻もイワシも習慣が無い世代なんだけど、これだけ並んでるとつい買っちゃうよな。方角関係なくばくば食べちゃいましたけど。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

きょうの節分祭(八坂神社)

 八坂神社の節分祭は2月2日と2月3日の2日間。この間、一時間おきに奉納舞踊と豆まきが行われる。

84798372_1348973898640739_59518289914626
 初日の最初の奉納舞踊は芸舞妓さんが舞うとあってこの人出。コロナウイルスなんのその。

83643507_1348973948640734_19376565984616
 日本舞踊奉納。と、カメラの放列。本殿からは公式記録員もカメラを構える。しかも複数。

83700052_1348973998640729_29255284927726
 奉納が終わると豆まき。豆に向かう手手手。まるで救いを求める衆生のようで。

84357696_1348974028640726_91803492635513
 最初の豆まきは遠望だったけど、二回目の豆まきはかぶりつきで待ち構えて4豆ゲット!

83929791_1348974058640723_97378721907867
 次々イベントが注視される中、濃厚接触イベントだという認識は神社にもあるようで、豆まきの注意事項アナウンスでも脚立三脚自撮り棒禁止に続けてうがい手洗いマスク着用の励行にも触れてたな。街中は休日でも平日程度の人混みで観光客もやや少なめな感じだけど、いざイベントとなると容赦なく国籍問わず集まってくるからなぁ。
 鬼は外、疫病退散!

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »