« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

夏越祓(菅大臣天満宮)

 梅雨入りが近畿史上最も遅かったと思ったら、梅雨前線より先に熱帯低気圧がやってきて一雨。その後で降り出した梅雨の雨が上がったのがきょうの午後。今年はご近所の菅大臣天満宮で夏越祓。

Img_20190630_155749
 大祓式は17時からだけど、昼過ぎにはもう茅の輪が掛かってる。今年は令和改元も寿ぐ。左右左と三度回ってお詣り。これで今年前半の穢れは祓えたかな。

Img_20190630_155554
 夏越祓のお菓子は水無月。

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

御誕辰祭&大茅の輪くぐり(北野天満宮)

 なかなか梅雨入りしない近畿はまだ梅雨入り前の爽やかな空気が漂う。今年も半分過ぎるのを目前に北野天満宮。

Img_20190625_194924
 本来は6月30日にくぐる茅の輪だが北野天満宮では菅原道真公の誕生日に合わせて25日に京都一番ともいわれる大茅の輪を設置。…するのだが、開門から6時間経った11時にはこの有様。門に沿って丸く繋がってる筈がてっぺんを残して跡形も無し。みんな素戔嗚尊の故事に倣って腰に付ける小さな茅の輪を自作する為に茅を抜いてしまうらしい。人がくぐった茅の輪の茅はくぐった人の穢れを吸い取っているのでとても穢れているのに。他人が足を拭いた雑巾を持ち帰るみたいなもの。何でそんなことをするかなぁ。茅の輪を設置している各神社も業を煮やしてTwitterとかで注意喚起しているようだけど効果ないのね。

Img_20190625_195357
 気を取り直して本殿前の普通サイズの茅の輪をくぐる。左、右、左と三周。

Img_20190625_195748
 持ち帰り用の茅の輪は有料だけど授与されます。毎年頂いて玄関の警備に当たってもらってます。  祇園祭の疫神社夏越祭でも茅の輪をくぐるけど、この時は持ち帰り用の清浄な茅が別途用意されてるゆだよな。

Img_20190625_195950
 月に一度の長五郎餅を頂いて一休み。家内安全の御守りにお持ち帰りも忘れずに。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

きょうのきょう(4万枚突破)

 今のスマホにしてからスマホ標準カメラで撮影した枚数が4万枚を突破。

Img_20190625_193255
 895日で40018枚。1日当たり45枚弱。1時間当たり1.86枚。32分余りに1枚撮影している計算。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »