« サンリオ二○加煎餅。 | トップページ | 葵祭2019(加茂街道) »

2019年5月12日 (日)

菅大臣天満宮春期例祭(大護摩供養、狂言奉納)

 5月に入って洛中は春のお祭りシーズン。15日の葵祭は言うまでもなく、ご近所だけでも菅大臣天満宮と繁昌神社で春の例大祭。

Img_20190512_204948
 この週末は菅大臣天満宮で春期例祭。11日に宵宮祭で大護摩供養、12日に例祭で狂言奉納。30.5℃、30.4℃と連日今季初の真夏日となる陽気の中で気分は春祭と言うより初夏。

Img_20190512_201643
 初日の護摩供養では集まった護摩木を火に焼べて成就を願う。

Img_20190512_201837
 ただ焼べるだけじゃなく、天まで届く煙が風向きによって五里霧中。

Img_20190512_202157
 ようやく脱出。満願成就。

Img_20190512_202531
 何年か前は飛んできた火の粉でブルゾンに焼け焦げのピンホールが出来たんだが、今年は帽子に大穴、シャツに焼け焦げ。今年は大当たり!とか言ってる場合じゃないよなぁ。ギャラリーもデンジヤラス。しばらくは部屋が焦げ臭い。シャツはともかく帽子はワッペンでも貼ろうかしら?天神さんの厄除けワッペンとか無いの?

Img_20190512_203620
 二日目は狂言奉納。狂言は京都に来て初めて接した。壬生寺の壬生狂言が初めてで菅大臣天満宮の狂言を見て好きになった。落語をコントにしたようなじんわりした笑い。毎年茂山千五郎社中の方々が来て演じておられる。

Img_20190512_203408
 派手な動きは無いけれど、時々ダイナミックな動作が混じる。今は土筆を摘んでる。

Img_20190512_203832
 奉納狂言の後は搗きたての天神知恵餅を頂いて一年の聡明を願う。いや、もう惚けない事を祈る歳か。手水屋の牛さんもお祭りの間はおめかし。

|

« サンリオ二○加煎餅。 | トップページ | 葵祭2019(加茂街道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンリオ二○加煎餅。 | トップページ | 葵祭2019(加茂街道) »