« 菅大臣天満宮春期例祭2018(宵宮祭) | トップページ | 葵祭2018(加茂街道) »

2018年5月13日 (日)

菅大臣天満宮春期例祭2018(例祭)

 朝から雨で昼過ぎには殊の外激しく降る生憎のお天気。道真公何かお怒りでしょうか?

菅大臣天満宮春期例祭2018(例祭)
 二日目は朝に雅楽の奉納があって午後は狂言奉納。京都に来て神社仏閣の多さに圧倒されたのとお祭りが多くてその中で奉納と称して伝統芸能に気軽に触れる機会が多いのにびっくり。狂言も京都に来て初めて観るようになった。

菅大臣天満宮春期例祭2018(例祭)
 「濯ぎ川」は鬼嫁と鬼姑に苛められる婿養子の話。最後に一発逆転…。出来ると良かったのにね。(^_^;)

菅大臣天満宮春期例祭2018(例祭)
 狂言は小咄をコント仕立てで演じる感じ。一話20分程で三本立て。茂山千五郎社中の老若男女の方々ご演じられます。

菅大臣天満宮春期例祭2018(例祭)
 大雨だったのでタープで臨時の屋根を構築されてました。有り難い。雨音が激しかったけど演者の声の通りがよくて気にならず。

菅大臣天満宮春期例祭2018(例祭)
 手水屋の撫で牛君も今日はおめかし。狂言奉納の後は天神知恵餅をいただいて感謝。

|

« 菅大臣天満宮春期例祭2018(宵宮祭) | トップページ | 葵祭2018(加茂街道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅大臣天満宮春期例祭2018(宵宮祭) | トップページ | 葵祭2018(加茂街道) »