« きょうの紅葉(嵐山界隈) | トップページ | 中谷宇吉郎雪の科学館(片山津温泉) »

2017年11月26日 (日)

パン屋のセルフ会計(京都パン市場)

 京都マルイのレストランフロアに出来た京都パン市場。自家製の料理も出すけれど、京都の著名な?パン屋さんのパンを集めて売ってる見本市みたいな存在。なかなか手に入らないししゃもパンもここでなら手には入る。…とか言う話は\(^^\) (/^^)/。

パン屋のセルフ会計(京都パン市場)
 レジがセルフレジなんだわ。一応、レジは有人なんだけど、支払いは勿論商品の登録も機械が行う。最初は支払いだけ精算機でやるフレスコ方式かと思ったら、どのパンを幾つ買ったかも機械が自動判別。
 バーコードやrfidがパンに付いてる訳でもなく、光学判定らしい。モニタを見ていた感じではパンの形状で識別してる様なんだが?
 だとすると、①パンの種類毎に形を変えないといけない。②同じ種類のパンの形は統一しないといけない。と言うことになる。②は兎も角、①はパンの設計を予め摺り合わせておく必要があるんだが、幾つもの店舗から商品を寄せ集める以上、各店舗で情報交換しないといけなくなるが…。
 識別方法が本当に形状だけなのか、形状の摺り合わせ(棲み分け)は出来ているのか、とか疑問は尽きない。

パン屋のセルフ会計(京都パン市場)
 と、先日再訪してお買い物してみたら…。レンコンとしらすのピザをアボカドピザの誤認識してたようだ。レシートで訂正されてるのはレジ係が修正したのかな?値段は同じだったみたい。織り込み済みなのか、所詮は機械だからなのか?

|

« きょうの紅葉(嵐山界隈) | トップページ | 中谷宇吉郎雪の科学館(片山津温泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの紅葉(嵐山界隈) | トップページ | 中谷宇吉郎雪の科学館(片山津温泉) »