« ISSかも? | トップページ | スペイン料理祭(京都市国際交流会館) »

2017年5月29日 (月)

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)

 西本願寺の門主が交代した記念と言うことで行事が目白押し。その一つとして飛雲閣が公開されてる。時々公開されてはいるんだが、今回はいつもと違って写真撮影okとの事。今年の7月からは柿葺き屋根の葺き替えなどの保存修理が始まって2020年3月まで全貌を見られなくなるそうな。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 金閣、銀閣と並んで京都の国宝三名閣と呼ばれるそうで。聚楽第から移設したとか。今回は新緑の季節の公開となりました。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 事前予約すると中で開催されてるお茶会にも参加出来るそうで、一層目の障子が開いてます。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 飛雲閣周りはこんな感じ。以前の公開時は右手奥の入口から入って庭園を貫いて散策出来たんだけど、今回は脇の入口から入って庭園の1/3程しか入れてもらえず。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 二層目は歌仙の間と呼ばれる三十六歌仙図が描かれた部屋がある…。そうなんだが、外側にも誰か居ますね。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 隣には鐘楼。ここも飾りが豪華。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 庭園の小高い丘には良さげな東屋もあるんだけど、今回は立入禁止。

飛雲閣(第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事)
 おまけ。阿弥陀堂と御影堂、杉や桧が使われているそうなんだが、廊下は松。長年の風雪に耐えかねて木質が痩せて節だけが突出して歩きにくくなる。そこで節をくり抜いて材木で穴埋めする。それが埋め木。遊び心でいろんな形の埋め木を作ったと。これは「一富士、二鷹、三なすび」の初夢シリーズ。他にもハート、楓、三味線撥とかも。

|

« ISSかも? | トップページ | スペイン料理祭(京都市国際交流会館) »

コメント

私も行ったことあるよぉ。祖父の納骨ツアー!?の時に特別に見せていただきました。

投稿: 木村 | 2017年5月30日 (火) 21時36分

木村さん(の父上?)、お西さんの信徒さんでしたか。関係者だと中に入れてもらう機会もあるようですね。いいなぁ。

投稿: ichi | 2017年5月30日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ISSかも? | トップページ | スペイン料理祭(京都市国際交流会館) »