« 立春卵(2017) | トップページ | きょうの梅(北野天満宮) »

2017年2月25日 (土)

折田先生像(2017)

 今年もこの季節がやってきたようで。折田先生像降臨。

折田先生像(2017)
 今年は「コウメ太夫」だそうで、全くわたしの知らない人だ。「チクショー」をギャグにしてるとか、受験生にそうなるな!と言うメッセージだと言うのが京都新聞のお見立て。私には「チクショー」より「残念!」の方が馴染があるなぁ、世代の違いか。「折田先生像」の銘が「川田先生像」に書き換えられてるのはオリジナルか?後付けか?「折」の字の上に「川」の字を貼り付けただけ。

折田先生像(2017)
 立て看板は表裏とも例年通り。裏の女の娘が2Dなのが新しいらしい。「告示」の張り紙が2枚。微妙に内容が違うのもオリジナルかどうか?

折田先生像(2017)
 お供え物が多数あるのはギャラリーの仕業か?「何だこれ!」も朝には無かったようで誰かが後付けしたか?裏には愚痴がグチグチと。

 今年の折田先生像は例年のようなくすぐりと言うか小技の作り込みが少ないような。後付けと合わせて例年並みかな。

<追記>
 どうやら、お供え物を別にすれば「告示」の2枚目(下側)と「何だこれ!」の板が後付け(設置当初は無かった)みたいです。設置時の像銘は「折田先生像」で「川」も後付け。誰がくっつけるんだろう?

|

« 立春卵(2017) | トップページ | きょうの梅(北野天満宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立春卵(2017) | トップページ | きょうの梅(北野天満宮) »