« きょうのきょう(すぐき) | トップページ | 京都ツインタワー。 »

2015年1月17日 (土)

20年(阪神大震災)

 もう今更だけど、今日で震災から20年。

 当時関東在住だった私は、あの日の朝の6時前に西宮の実家からの電話で叩き起こされた。曰く「こっちは大地震。でも二人とも無事やから心配するな。詳しい事はテレビでもやってるやろからそれを見ろ。」と。寝起きで頭が回らない私は「うるさいなぁ。」と言って電話を切った記憶が。
 その後、テレビを見てびっくりしたのは多くの人と同じだろう。

 被害の様子がはっきり判ってきたのは当日の夜以降。翌日に救援物資を買い出して、実家に駆けつけたのは翌々日だった。資材を詰めたダンボール箱をカートに載せて東京駅から新幹線に乗る時には周りから浮いて我ながら異様だった姿も、京都止まりだった新幹線から在来線に乗り換えて梅田で阪急に乗る頃には周りにすっかり溶け込んでいたっけ。実家は阪神沿線だったが、震源地に近くて被害の大きかった阪神より山の手を走っていて損害が少なかった阪急の方が運転路線が長くて実家の近くまで運転していたのは皮肉だ。
 京都駅にドクターイエローが居て、新聞社?にインタビューされたのも記憶に残っている。当時普及し始めた携帯電話が固定電話より繋がりやすかったのも確かだった。

20年(阪神大震災)
 震度7で揺られたらしいが、幸いにも実家の建物は無事で両親にも怪我はなく、電気以外のインフラが絶たれてはいるものの避難所に行かずに済んだ。あれで避難所入りする事になっていたら老親の寿命は確実に縮んでいただろう。

 倒れた家具に埋もれていた両親を助けだしてくれたのはお隣さんだったし、隔週程度にしか帰れない私に代わって水を届けてくれたのはボランティアの方。私の職場では救援帰省の為の特別休暇をもらえたし、お見舞いも頂いた。直接間接にいろんな人に支えられていたな。
 実家が一段落した頃に近くの避難所に無線機と携帯電話を持参してボランティアを申し出たのだが、「必要があったら声を掛けます」と言うことで登録するだけで終わってしまった。ボランティアも受け身ではなく積極的に自分からネタを見つけて動かないとだめだなと学んだ震災でもあった。
 パソコン通信や当時勃興期だったInternetで情報を交換したのもモバイル通信の趣味を超えた重要性や実用性を肌で感じた始まりかもしれない。
 実家からの帰り、梅田の街では震災前とまったく変わらず普通に人が往来している事や、関東の家に帰ってから、家の周りの建物がまっすぐ建っているのを見て、逆にめまいがするような違和感を覚えたりもした。

20年(阪神大震災)
 当時はロクなデジカメはなく、銀塩カメラしか手に入らなかった。しかもライフログなる考え方も知らず、震災の様子を記録する事など思いもよらなかった。その事にはたと気付いたのは実家が落ち着きかけてから。慌てて使い捨てカメラを手に入れて写したっけ。それでも生々しい被災現場にカメラを向けるのは憚られて、一番悲惨な風景は記録に残すことは出来なかった。

20年(阪神大震災)
 「阪神大震災以降、日本列島は活動期に入った」と言われて久しいが、他の直下型地震は勿論、今度は南海・東南海が現実味を帯びてきた。そうなったら今度も東日本大震災の比ではない位の被害に遭うのだろう。

 被災した両親とも既に他界し、実家も引き払った今となっては普段思い出すこともないのだが、節目らしいので思い出し書きしておきます。

<追記>
 西宮市が『阪神・淡路大震災20年誌』を発行しました。掲載されている震災直後の様子は私が見てきた光景とかなり重なります。pdf形式でDL出来るようになっています。

|

« きょうのきょう(すぐき) | トップページ | 京都ツインタワー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(すぐき) | トップページ | 京都ツインタワー。 »