« This far and no farther.(ここまで、ここを過ぎず。) | トップページ | きょうの迎春準備(フレスコ) »

2014年12月27日 (土)

知恩院除夜の鐘試し撞き

 今年もこの時期がやってきた。と言う訳で、久し振りに知恩院の大鐘楼。

知恩院除夜の鐘試し撞き
 14時開始で到着したのが半頃。既に試し撞きは始まってる。約70トンという巨体な梵鐘、撞木もでかくて1人では撞けない。16人の僧侶が子綱を持って撞木を引き、親綱を持つ僧侶が綱にぶら下がるようにして鐘を撞く。とってもダイナミック。
 全員が息を合わせないといけないので練習を兼ねてこの日に試し撞き。「えーいひとーつー」「そーれ」と声を合わせる。
 独りで108回も撞いていると身が保たないのか、交代制。一人が撞き終わると竹箒で地面を均すのも特徴的。

 本番の除夜の鐘は暗いので、明るいうちに撞く今日が狙い目。14時開始で15時頃に終わる。少し遅れて行くと人の波が引いて丁度良いかも。

 動画はこちら(約3MB、音が出ます)。ファイナルスペシャルで二連発。

|

« This far and no farther.(ここまで、ここを過ぎず。) | トップページ | きょうの迎春準備(フレスコ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« This far and no farther.(ここまで、ここを過ぎず。) | トップページ | きょうの迎春準備(フレスコ) »