« きょうのきょう(木枯らし一号) | トップページ | 空を横切る雲の影(鴨川δ) »

2014年10月28日 (火)

鉄道記念公園(並河駅)

 山陰本線に乗って亀岡駅の次、並河駅に差し掛かる頃、右手に新幹線が見える。しかも0系。去年千代川駅に行った時に気付いていつかは訪ねようと思っていた謎の施設。亀岡駅から一駅足を伸ばすだけなんだが、亀岡止まりの列車が結構あって敷居がやや高め。亀岡祭の宵々山の前に訪問。

Img_20141026_094716  ホームの端からも公園の様子が見える。公園といっても広場があるわけじゃなく、新幹線とディーゼル機関車(DD51)の脇にちょっとしたスペースと東屋があるだけ。

Img_20141026_095240  0系新幹線車両はぴかぴかに磨かれていて今にも動き出しそう。

Img_20141026_094850  なんだけど、実は先頭車両のほんとに頭だけ、デッキの後ろ客室の壁の所でぶった切られている。しかも16号車。

Img_20141026_095111  それだけならどこにでもありそうなモニュメントなのだが、この公園の値打ちは車両の中を見学できる事。駅前の自治会の事務所に申し出ると鍵を貸していただける。記帳するだけで自由に見学。

Img_20141026_095021 Img_20141026_094944  運転席はかなり高い上に狭い。機器類も古びてはいるが残されていて現役時代の様子が偲ばれる。きょろきょろと時間を忘れて見入ってしまう。

Img_20141026_095323  台車も残っているので押せば動きそう。と思ったら、固定されているのね。あたりまえか。

Img_20141026_094759  並河駅は小ぢんまり。千代川駅にも似ているが辛うじて有人駅ではあるようだ。鉄道記念公園は駅の裏手にあたるが、裏側に改札は無い。駅から公園へは駅脇にある地下道で駅裏に回りこむのが近道。

|

« きょうのきょう(木枯らし一号) | トップページ | 空を横切る雲の影(鴨川δ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(木枯らし一号) | トップページ | 空を横切る雲の影(鴨川δ) »