« きょうの祇園祭(後祭宵々山) | トップページ | きょうの祇園祭(後祭山鉾巡行) »

2014年7月23日 (水)

きょうの祇園祭(後祭宵山)

 いよいよ宵山。巡行に負けず劣らずにぎわうのが宵山。なのだが、後祭の宵山は屋台もホコ天もなく落ち着いた雰囲気。屋台だけじゃなく大型の山鉾が多く、祇園囃子も数多い前祭の方が派手さでは上回るし、人気も高いのだろうが、ちょっと落ち着ける後祭の風情も好き。今は大船鉾の復活人気で局所的に大混乱しているがこれも何年か経てば落ち着くだろう。少なくとも、歩行者の一方通行がなくなるくらいに静かになればよし。

Dsf_2481b_tn Dsf_2484b_tn  山鉾巡行、宵山と並ぶ祇園祭のお楽しみが屏風祭。山鉾町の家々が窓を開け放って秘蔵の屏風やしつらえを公開する。大っぴらに人のうちの中を覗けるイベントでもある。

Dsf_2284b_tn Dsf_2468b_tn Dsf_2475b_tn Dsf_2487b_tn  芸術美術にはとんと疎い私だが、京町家のずば~んと奥行き広い解放感には癒される。

Dsf_2191b_tn  山鉾町の入口の提灯。三町が会する交差点ではお化け煙突のような風情。

Dsf_2336a_tn Dsf_2339b_tn  烏丸通錦上ルの御手洗井も祇園祭期間中は解放中。

Dsf_2552b_tnDsf_2534b_tn Dsf_2546b_tn  宵山も21時半ころになると日和神楽が出発。前祭の日和神楽は四条通を進んだが、後祭の日和神楽は三条通を東進する。というわけで、新町通の山鉾からも次々と発進北上。
 南観音山の日和神楽が北から、北観音山の日和神楽が南から戻ってきたのは謎。

Cimn3402b_tn  そして宵山のクライマックス暴れ観音。南観音山の観音様が男、北観音山の観音様が女。男の観音様が巡行で悪さをしないように前夜に暴れて発散させるとか。

Dsf_2582b_tn  公称は23時からということなのだが、準備が始まるのはその時間なので、実際に観音様が登場するのは23時半頃。今年はちょっと早くて23:20頃に布でぐるぐる巻きにされて登場。

Cimn3407c_tn  新町通を錦小路から蛸薬師通まで3往復駆け抜ける。途中、山の北側でわっしょいわっしょいと放り投げんばかりの勢いで揺さぶられる。観音様が御座から落ちないか心配になるくらい。

Dsf_2602b_tn  24時頃には暴れてすっきりした(?)観音様が山にご帰還して宵山完了。

|

« きょうの祇園祭(後祭宵々山) | トップページ | きょうの祇園祭(後祭山鉾巡行) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの祇園祭(後祭宵々山) | トップページ | きょうの祇園祭(後祭山鉾巡行) »