« きょうのくまモン(6月分) | トップページ | きょうの祇園祭(鳥居建つ) »

2014年6月30日 (月)

夏越祓(菅大臣天満宮、八坂神社、水無月)

 6月晦日ということで、夏越祓。

○菅大臣天満宮
Dsf_0104b_tn  大祓式は17時からということなのだが、昼前に訪れてみると茅の輪はスタンバイ状態。なので、一足先にくぐらせていただきました。
Cimn1792b_tn  本殿前には自作茅の輪がずらりと並んでる。くぐる茅の輪の茅は罪穢れを集めているので持ち帰っちゃダメという話は以前しましたが、奉納するのならアリ?奉納しちゃったらお守りにもなりませんけどね。

○八坂神社
Cimn1815b_tn Dsf_0126b_tn  大祓式は15時から。30分ほど前に到着すると茅の輪には行列。並んだ人が次々に輪に入って左右左と3回くぐる。1回くぐった人が2回目をくぐる前に次の人が1回目をくぐるので、合流地点は混乱気味。というのが大抵の茅の輪くぐりの風景なのだが、ここは一人が3回くぐり終わるまで次の人は待機している。それに、呪文のあんちょこと思しき紙を次々リレーしている。なんと統制がとれた茅の輪くぐりか。神社側の指導が行き届いているようだ。
Cimn1831b_tn  大祓式が始まるちょっと前に茅の輪は封鎖。大祓式が終わったら氏子連が茅の輪をくぐるので、それまで順番をあけておけということらしい。
Cimn1835b_tn  15時ちょっと前に大祓式開始。全員起立して低頭し神官が祝詞を読み上げる。
Cimn1842b_tn  配られた人型に穢れを移し、紙片を自身に振りかけて清め、穢れが移った人型を回収。
Cimn1845b_tn  榊を振ってお祓い。
Cimn1854b_tn  絹を裂き...。
Cimn1867b_tn  人型を櫃に収めて搬出。
Cimn1869b_tn  神官が退出して終了。
Cimn1882b_tn  神官に引率された氏子連が茅の輪をくぐった後は一般の部の茅の輪くぐり再開。この時点で、一人3回くぐり終わるまで次の人がくくらないというルールは破棄されてカオス。
Dsf_0144b_tn  くぐる時の唱える呪文はこちら。
Cimn1880b_tn  監督の神官がいなくなると茅の輪の抜き取りが始まった。茅の輪の脇に立てられた茅は持ち帰っても大丈夫なのかな?茅の意味を知らず「玄関に飾る」「神棚に祭る」とか意見を交わしている婦人たちがいたけれど、そもそもが蘇民将来が素戔嗚尊から世話になったお礼に「子々孫々にわたって災厄から守ってやるから子孫の証(目印)に茅の輪を腰に下げておけ」と言われたのが由来なので、災厄が入ってくる入口になる玄関に輪を下げて侵入を阻止するのが正しいはず。それは祇園祭の粽と同じ。
Cimn1876b_tn  大祓式の人型は招待客優先で、余った分を一般ギャラリーに配る。それとは別に有償で人型を授与するようになった模様。以前もあったっけ?
Cimn1833b_tn  大祓式とは関係ないけれど、式の舞台となった能舞台の照明がLEDっぽかった。これも時代の流れか?

○水無月
Cimn1920b_tn Cimn1952b_tn  先日に続いて水無月アゲイン。今回は祇園饅頭。しんこも好きなので一緒に買っちゃったよ。

|

« きょうのくまモン(6月分) | トップページ | きょうの祇園祭(鳥居建つ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのくまモン(6月分) | トップページ | きょうの祇園祭(鳥居建つ) »