« 春はセンバツから!2014 | トップページ | きょうの桜(五条室町、御池高倉西入) »

2014年3月25日 (火)

阪神電鉄武庫川線

 西宮には幼稚園から大学までお世話になった。20年近く。実家があった付近は知り尽くしているほど知っていたが、市内にはまだまだ知らない所がある。西宮は北半分と南半分では全く連絡がなく、真ん中に聳える甲山から北は秘境に近い。かといって南側にも未踏の地があるので昨日の甲子園の帰りに立ち寄り。

 阪神電車の武庫川駅から南に延びる武庫川線。ここが数少ない未乗区間だった。武庫川駅は鉄道橋梁の上に造られた駅で駅が橋になっているのだが、この橋は列車と徒歩でしか渡る事ができない。

○武庫川駅(阪神本線)
Cimm6031b_tn Cimm6157b_tn Cimm6027b_tn  阪神本線の武庫川駅は橋の上にあるので、ホームから外を見ると川。西宮市と尼崎市の境になる武庫川だ。壁面が透明なアクリル板だったり金網だったりするので眺めがとてもよい。でも、冬はかなり冷えそうだな。
Cimm6134b_tn Cimm6150b_tn Cimm6153b_tn Cimm6162b_tn  改札は三箇所。西口と東口(大阪方面)、東口(神戸方面)。西口は大阪神戸両方面と武庫川線を兼ねた複合口だ。
Cimm6145b_tn Cimm6142b_tn Cimm6139b_tn  下り線(神戸方面)のプラットホームの外側には人道が設けられていて駅構内を通らなくても川を渡る事ができるようになっている。ここからの眺めは下流側なので武庫川越しに大阪湾が一望できる、筈なのだが阪神高速に阻まれて視界不良。
 降りて押せと言われても降りないのが自転車乗りの性。ホントゴキブリみたい、自転車って。
Cimm6148b_tn  橋梁上の鉄骨の上には三杯式風速計。古典的だ。こいつが列車を止めろとか言いだしたりするんだろうな。
Cimm6033b_tn  駅構内のは謎のストレージボックス。ストレージと聞いて、何テラバイト?と思った私は毒されてますね。

○武庫川駅(武庫川線)
Cimm6036b_tn Cimm6037b_tn  東西に走る本線とは垂直に武庫川沿いに南下するのが武庫川線。堤防を越える都合上高架になっている本線をくぐる形で堤防の下を走る。本線からは渡り線が一本引かれているが普段は封鎖されているようだ。
Cimm6125c_tn Cimm6126b_tn Cimm6050b_tn  ホームは島式で一面二線。昼間は一線だけ使っているようだが、ホームの先の待避線に一編成温存されているから、ラッシュ時には二線とも使ってピストン輸送するのだろうか?
Cimm6054b_tn Cimm6067b_tn  車両は二両編成。ワンマンだが、車内に料金箱があるわけではなく、運転士がドア操作もすると言うだけのようだ。
Cimm6040b_tn Cimm6128b_tn  本線から乗り換えようとすると改札機が行く手を阻む。ここを通る人は必ず切符を持っているはず、と思いつつイコカでタッチすると「通過OK」だって。
Cimm6046b_tn  不思議に思っていたのだが、武庫川線の武庫川駅構内に武庫川線の途中駅になる洲先駅と東鳴尾駅の券売機があるのを見つけて納得。これら両駅は無人駅で券売機すらない(らしい)。その為、乗客は無券で武庫川線に乗車し、武庫川駅で目的地までの切符を買う。なので、武庫川駅にある武庫川線の改札機は武庫川駅ではなく洲先駅と東鳴尾駅の改札機ということになる。ややこし。
Cimm6043b_tn  運転本数はこんなモン。昼間は兎も角朝夕は結構走っているようだ。

○武庫川線
Cimm6057c_tn Cimm6058b_tn  途中駅はふたつの盲腸線。川沿いと言っても堤防の外側下を走るので眺めは良くない。

武庫川団地前駅
Cimm6079b_tn Cimm6078b_tn Cimm6117b_tn Cimm6119b_tn  終点が武庫川団地前駅。相対式の二面二線だが、うち一面一線は使われていないようだ。線路は錆びついているし、ホームに改札口がない。
Cimm6089b_tn Cimm6116b_tn  団地前と言うだけあって駅前には団地が広がる。武庫川団地前駅前団地?
Cimm6091b_tn Cimm6093b_tn  地震啓発CUBEと言う塔を建てようとしているようで、カバーがかかったままだったが、透かしてみると「海抜0.1m」だと。
Cimm6100b_tn Cimm6103b_tn  駅前の通りを東にちょっと行くと武庫川堤防。ここまで来ると潮の香り。懐かしいですね。

|

« 春はセンバツから!2014 | トップページ | きょうの桜(五条室町、御池高倉西入) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春はセンバツから!2014 | トップページ | きょうの桜(五条室町、御池高倉西入) »