« きょうのきょう(幻の第二鎌倉時代) | トップページ | きょうの雪(意外と大雪そして刹那) »

2014年2月13日 (木)

大船鉾裾幕(祇園祭大船鉾復興展示)

Dsd_1890b_tn  今年の後祭から本格的に巡行に参加する大船鉾、徐々に完成型に近づいていく様が祇園祭大船鉾復興展示として公開されている。今日は裾幕が新調されて公開されたと聞いたのでお出かけ。

Cimm4879b_tn Cimm4885b_tn  裾幕は鉾の下端部車輪の上に張られる帯状の幕。船、がモチーフになっている鉾なので白波を蹴立てる姿を描いてある。展示では紅緑の幕の部分に縣装品が掛かるのでもっと白波感が出るのだろう。

Cimm4881b_tn  今回は音頭取の力綱も取り付けられている。報道公開では実際に音頭取が音頭を取る姿を披露したそうだからその為に取り付けられたのかもしれない。

Cimm4898b_tn  大船鉾と同様の形状をしている船鉾では町会所からボーディングブリッジで鉾に上がる。大船鉾の町会所がどうなるのかは不明だが、展示場にはそうしたブリッジはない。どうするのか?と思ったら、船底部分に梯子のようなものが垣間見える。ここから上がるのかな?

|

« きょうのきょう(幻の第二鎌倉時代) | トップページ | きょうの雪(意外と大雪そして刹那) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(幻の第二鎌倉時代) | トップページ | きょうの雪(意外と大雪そして刹那) »