« きょうのきょう(こしいたい) | トップページ | 正倉院展2013 »

2013年11月 2日 (土)

プリントサーバよりACアダプタの方が短命?

Cimm1611c_tn Cimm1616b_tn  牛久時代から十数年来使っているプリントサーバがダウン。印刷できなくなった。調べてみるとサーバ自体は生きていてACアダプタが壊れている。もう一台ある同機種でも同様にACアダプタが本体より先に逝ってしまった。いろんな機械を使って来たけれど、こういうパターンは初めて(2回目だけど)。そもそもACアダプタが壊れたのはこの機種くらいなものだ。

Cimm1617c_tn  この際プリントサーバを買い換えようかとも思ったのだが、ACアダプタを交換して済むなら安上がりだと気付いて方針転換。だが、ACアダプタは電圧容量極性が適合してもコネクタ形状が合わなくて使えないパターンが多いので面倒だ。実際、電気的に適合するACアダプタが家に何個かあったのだがいずれもコネクタが刺さらず敗退。

Cimm1621c_tn  検索してコネクタが交換可能で極性も変更できるACアダプタを発見。こういうものもあるんだな。と言う事で購入して無事再稼働。コネクタが円形(円筒形)の場合は外径と内径の組み合わせで規定できる。それでも無数の組み合わせがある。円形以外のコネクタもあるからこうなるともう無理。これなんとかシンプルにできないのかね。

|

« きょうのきょう(こしいたい) | トップページ | 正倉院展2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(こしいたい) | トップページ | 正倉院展2013 »