« きょうの移転(プレマヴィレッジ京都) | トップページ | 痴漢犯罪等撲滅推進強化活動実施中!(というか、ポリスまろんとくりカバとたわわちゃん) »

2013年9月16日 (月)

きょうのきょう(大雨特別警報発令)

 台風襲来、18号だそうだ。名付けてマンニィ。当初の予報では関東直撃で上陸前に暴風圏が消えるヘタレ颱風という話だったのに、ぐんぐん成長して立派な姿でやって来た。昨日の夜から雨が降り始め、豪雨という感じでもなくコンスタントに土砂降り。堅実な降りっぷりで雨音を聞きながら眠りに落ちる。

Screenshot_20130916051724b_tn Screenshot_20130916182441b_tn Nhk_130916_2b_tn  朝、目を覚ましてみるとエリアメール。地震か?!と思って読んでみると大雨特別警報発令の報せだった。先月30日から運用が始まったという特別警報。早速京都に適用さる。路面電車だの水力発電だの京都は新しい物好きと聞いてはいたが気象警報まで初物をゲットするとは。
 それにしても警報も特別となるとエリアメールが届くのか。京都府からのエリアメールを読んでいたら京都市からも届く。ご丁寧に。

Kbskyoto_130916_0b_tn  意外な大雨に鴨川が溢れたらどこまで浸水するんだろう?と考えていたら桂川に架かる渡月橋が冠水していると。見る間に溢れて嵐山一帯が水浸し。店がひしめく中洲は無論の事、両岸の旅館街や土産物屋街もベニス状態。見慣れた街並みが変わってしまうのはちょっとショック。
 桂川は下流でも溢れて大変な事になってる。鳥羽だか伏見だかの辺りは鴨川が桂川に合流した後、宇治川、木津川とも合流し、淀川になる三川合流地帯で巨大な遊水池のような所。古くは小椋池があったのもあの辺りじゃないだろうか。
 今回は右京区、西京区、南区、伏見区と平安京で言えば洛外、京都盆地の西の端と南の入り口(出口?)付近が水浸し。京都盆地は西側が低湿地で水はけが悪くて住みにくいので平安京も右京が廃れて左京に偏って発展したと言う話。水浸しになったのは平安京で言う右京ですらない遠くだが、関係あるのかなぁと思わずにはいられない。

131800b_tn  この颱風、ヘタレな前評判の割に勢力を付けて上陸するまで発達し続け、上陸しても暴風域を保ち続けた。よほど日本近海の水温が高かったんだろう。それだけじゃなく、上陸してしばらくしてから暴風域が消えたのだが、進路予報図では海に抜けた後、再び暴風域が復活する事になってる。そんな事ってあるのか?

Ciml9524b_tn  近所の工事現場では台風襲来の前日から耐颱風モード。いろんなノウハウがあるモンだ。

 前半戦では京都の被害がかなり大々的に報道されていたが、京都の中心部はほぼ無傷。鴨川も溢れそうになってはらはらしたけど溢れず。堤防内の遊歩道が水没していたので水が引いたらかなり酷い事になっていそうな気がするけど。

 で、数十年に一度の事象の発生予測を基準とする特別警報。次に出るのは何十年後なんだろう?

 颱風一過の空はからっと晴れ、とは行かず所々白っぽい青空が覗く。日差しは相変わらず暑苦しいが空気はさらっと秋の感じ。このまま秋になるのかな?また猛暑日が戻ってきたりしないだろうな。お彼岸まで後一週間。

|

« きょうの移転(プレマヴィレッジ京都) | トップページ | 痴漢犯罪等撲滅推進強化活動実施中!(というか、ポリスまろんとくりカバとたわわちゃん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの移転(プレマヴィレッジ京都) | トップページ | 痴漢犯罪等撲滅推進強化活動実施中!(というか、ポリスまろんとくりカバとたわわちゃん) »