« きょうの祇園祭(行者餅売り切れ) | トップページ | きょうの祇園祭(山鉾建て特に函谷鉾の真木立てとか) »

2013年7月10日 (水)

きょうの祇園祭(山鉾建て、お迎え提灯、神輿洗い式、とか)

 いよいよ街に鉾が建ち始めて怒濤の一週間が始まった。今日も36.8℃と体温越えの連続猛暑日。

○山鉾建て
Ciml5299b_tn Ciml5254b_tn Ciml5249b_tn  鉾の辻の四条室町周りの超大型鉾、月鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、長刀鉾が建ち始め。よそで組み上げてトラックで運んでくる菊水鉾を除いて4基は衆人環視の下、櫓の部材を組み合わせた上で縄絡みで固定してゆく。今日は櫓をくみ終わった所で終了。明日真木を立てて懸装品を装着する。

お迎え提灯
Ciml5341b_tn Ciml5338c_tn  祇園祭は二つある。山鉾巡行に代表される町内の悪霊疫神を山鉾に集めて退治する祭と、神幸祭還幸祭に代表される八坂神社から素戔嗚尊一行が御神輿に乗って氏子町内を回って御旅所往復するお祭り。後者の御神輿を迎える先触れがお迎え提灯。
Ciml5362c_tn Ciml5353b_tn  ホントに提灯行列。鶏鉾の日和神楽が先導し、提灯や鷺舞いなどのパフォーマーが続く。市役所前でパフォーマンスを披露するのだが、足が伸びなかったので例年どおり寺町京極でお迎えする。今年はやや遅めで18:45頃に先頭が通過。

道清めの儀(19:15頃)
 素戔嗚尊一行が乗る御神輿を清める。四条通大橋の上で予め汲んでおいた鴨川の水を神職が榊で振りかけてお清め。
Ciml5389b_tn Ciml5382b_tn Ciml5378b_tn  の前に、御神輿が通る道を火で清める。大松明を担いで持ってきて、回す。「まわせ、まわせ」のかけ声にあわせて。バトンみたいにふりまわすことを期待しがちだが、そんなことはしない。

Ciml5418b_tn Ciml5406b_tn神輿洗い式(19:50頃)
 大松明の火で清められた道を御神輿がやってきて、神職のお清めを受ける。お清めの水を浴びると良いことがあるそうだが、今年は出遅れてやや離れた場所しか確保できなかったので浴びず。Ciml5439b_tn Ciml5434b_tn 去年は浴びたんだが、良いことってあったっけ?
 御神輿は三基あるのだがやってくるのは一基だけ。素戔嗚尊が乗る中御座ということで、確かに神輿も六角形。なんだが、担ぎ手は東御座の四若だった。台座(?)にも東御座と書いてあるし。御神輿自体も飾りは一切ないので特殊な組み合わせなのかもしれない。毎年持ち回りだったりするのかと思って去年の画像を確かめてみたが、今年と同じ組み合わせだった。

四条御旅所
Ciml5460b_tn Ciml5330b_tn  17日の神幸祭から24日の還幸祭まで御神輿というか素戔嗚尊一行が滞在する四条御旅所。普段は土産物屋になっている。神幸祭を前に早々と撤収して準備万端状態。今年は改装もかねてるらしい。

御手洗井
Ciml5290c_tn Ciml5294b_tn Ciml5291b_tn Ciml5287b_tn  烏丸錦小路上ルにある御手洗井。普段はひっそりとしているのだが、今日は提灯が立ってちょっとだけ華やか。14日~24日まで井戸換えするそうだが、何をするのだろう?

Ciml5282b_tn Ciml5269b_tn Ciml5267b_tn ○交通規制
 山鉾が建ち始めると道理が一部封鎖される。それに伴ってバス停も移動したりバスの運行経路が変更されたり。Ciml5266b_tn Ciml5187c_tn 京都市内を縦横無尽に走るバスだけに変更の仕方も路線によって千差万別。規制される時間帯も最小限にしようとする余り小刻みに変わる羽目に。ややこしいよ。
Ciml5296b_tn Ciml5308b_tn Ciml5284b_tn  休日だけ運行される100円バスも例外ではないし、当然道路も。

○定番
Ciml5272b_tn Ciml5273b_tn Ciml5263b_tn  函谷鉾の隣の信用金庫の壁面にはいつものメッセージ。これも山鉾と並んで祇園祭の定番化してる。街角の山鉾案内図には訂正の跡が。剥がして確認したくなるのは私だけ?

○うちわ
Ciml5278b_tn Ciml5327b_tn  祇園祭とくればうちわ。と言いたくなるくらいあちこちで配ってる。早々にレンタカー屋(駐車場屋?)は無人のうちわステーションを開設。ドコモのうちわは引換券付き。

 


○おまけ
Ciml5398b_tn Ciml5324b_tn  菊水鉾の自家製紐箱。
 神輿洗い式が行われた四条大橋の上には蚊の大群。時々降ってくるので閉口しますた。

|

« きょうの祇園祭(行者餅売り切れ) | トップページ | きょうの祇園祭(山鉾建て特に函谷鉾の真木立てとか) »

コメント

毎度毎度、京都の行事をこちらで拝見させてもらっては、
はー、こんなことやってんだと感心させられております。
今回もアーケードをそんな行列が!!
外れだとほんと祭りのまの字も感じられません。
お餅が買えるだの、
アーケードをちょっとした行列が練り歩くだの、
松明をまわせわませだの。
京都に戻りたくなっちゃいました。
本番まであとちょっとですね。
ichiさんも身体に気をつけてお過ごしください。
それにしても、あちこち見て回られるichiさんのパワーすごいです!!

投稿: みぃとろ | 2013年7月11日 (木) 20時04分

ありがです。殆ど好奇心だけで生きてるような有様です。(^^ゞ

同じ京都でも微妙に違いますよね。私からすると祇園祭は向こうからやってくる感じですが、葵祭や時代祭は見に行くお祭りです。みぃとろさんだと葵祭とかの方がなじみなのでは?
戻っておいで~。(^o^)

投稿: ichi | 2013年7月11日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの祇園祭(行者餅売り切れ) | トップページ | きょうの祇園祭(山鉾建て特に函谷鉾の真木立てとか) »