« きょうの祇園祭(宵山初日とか) | トップページ | きょうの祇園祭(宵山最終日) »

2013年7月15日 (月)

きょうの祇園祭(宵山二日目とか)

 朝と夕方に一雨あって29.8℃止まりで真夏日脱却。夕方ちょっと降られたけれど、昨日までのような激しい雷雨はなくてお祭り日和。今日も混雑を避けて昼過ぎからホコテンになる頃まで山鉾町を徘徊。

布袋山
Ciml6134c_tn Ciml6100b_tn Ciml6097c_tn  今日も再び布袋山。お守りの中に書かれている文字が解読されたという話で今朝の京都新聞に載っているそうだ。昨日より本格的に授与品が揃っていて、粽を頂くことに。粽は昨日、橋弁慶山のを頂いているのでダブル粽。仲良くしてね。

○鷹山
Ciml6151c_tn Ciml6144b_tn Ciml6143c_tn  休み山つながりで鷹山。こちらは復活の話は聞こえてこない。何年か前に御朱印が復活したと聞いて駆けつけて以来だ。居祭り中。会所飾りに粽が供えてあるが授与はしてない様子。その手前にある鉦は焼け出された時に融けたものだろうか。

○八幡山
Ciml6116c_tn Ciml6115b_tn  鳩でおなじみ夫婦和合の山。鳩の夫婦は仲むつまじいのだそうだ。町内の家々の玄関を飾る垂れ幕にも鳩の夫婦。その垂れ幕から覗く張り紙にQRコード。スマホで読み取ってみたら、山の紹介をするサイトのURLだっ
Screenshot_20130715214838b_tn Screenshot_20130715214750b_tn Screenshot_20130715214614b_tn

 

○蟷螂山
Ciml6171c_tn Ciml6178c_tn Ciml6176b_tn  カマキリのからくり人形が乗る蟷螂山。ついつい足が向いてしまう。今年も蟷螂おみくじは健在。

綾傘鉾
Dsc_1081b_tn  古くからある鉾の形の一つらしい。外から眺めるだけで、下から見上げたことはあっただろうか?盗撮的なアングルで腕を伸ばしてカメラを上に向ける。中は案外明るくて日傘にはならないようだ。細い骨が一杯あって幾何学模様。子供の頃こういう図形を描く専用の定規(?)で遊んだ記憶が蘇ってきた。

○油小路界隈
Ciml6208c_tn Ciml6210b_tn  四条西洞院から南西の一角、油天神山、太子山、芦刈山、木賊山があるあたり、出店はおらず静かな雰囲気。山鉾こそあるが出店に大勢の観光客という単に騒々しいだけでどこにでもありそうなお祭りの喧噪と違ってゆっくりのんびりできる。Ciml6218c_tn 如何にも京都のお祭りと思わせてくれるこの界隈が好き。油小路通には床机やベンチが出されていて歩き疲れた体を休めることもできる。日が暮れる頃には子供達が集まってきて埒の中でろうそくの唄を謡いはじめる。今日は早々に引き上げちゃったけど、明日夜に来たいなぁ。

○屏風祭り
Ciml6111b_tn Ciml6109b_tn  ひとさまの家の中を堂々と覗ける貴重な機会。ゲージツ音痴なので蘊蓄的なすばらしさを感じて語ることはできないが、京町家の限られた空間内での広々感とそこに溶け込んだ芸術品の落ち着きは判る気がする。
 所々前衛的な(?)芸術品が混じっていたりするので(私的には)要注意。

Ciml6196c_tn ○ボイジャービュー
 今年は徹底して人混みを避けているのでまだ火がとっぷり暮れてからの夜景を見ていない。駒形提灯の灯もあまり映える時間ではない。ま、それでも四条油小路の交差点から山鉾町を振り返る。

Ciml6259c_tn  明日は山鉾町だけでも役行者山に山伏が来て、夜にはろうそくの唄が「明日は出ません」と謡い、日和神楽が出て、暴れ観音が宙を舞う(のか?)。全部見ていると体が持ちそうにないな。どうしましょ?

|

« きょうの祇園祭(宵山初日とか) | トップページ | きょうの祇園祭(宵山最終日) »

コメント

ちまき御購入頂きありがとうございます。少人数のスタッフですが、皆で包みました。今は休み山ですが、こういった授与品の小さな積み上げを元にいつか巡行に復活したいと願っております。また応援していただけたら幸です。

投稿: 布袋山スタッフ | 2013年7月16日 (火) 08時26分

 御覧頂きありがとうございます。
 復活実現を祈り、楽しみにしております。いつかはスタッフのみなさんを復元できた山の周りで拝見できる事を期待しております。

投稿: ichi | 2013年7月16日 (火) 17時11分

どうされましたか。
私は明日は出ない火の用心のお札をもらうので菊水鉾から北上、山伏山でテルテル坊主もゲットできました。
よく晴れそうな色を選んで!茅の輪くぐりは茅の輪をまたいで拝むのみ、残念ながらくぐっていると時間がかかりすぎるからとのことでした。

金色の鯉はひとつ教えてもらってですが5つみつかりました。

役行者山の子供たちがうまいのでつい粽をもうひとつ!けんかしないようご近所さんにプレゼントしておきました。

投稿: おとぼけ | 2013年7月16日 (火) 23時20分

 連日張り切って歩きまくったのが祟ったのか16日は晩まで家から出られませんでした。護摩焚きはパス、ろうそく売りは出遅れ。日和神楽と暴れ観音は見ることができたので良かったかな。

 あ、てるてる坊主。山伏山はストラップとせんべいだけで頭が一杯になってました。星見用に一人(一匹?)確保しておけば良かったかな。(^_^;)

投稿: ichi | 2013年7月17日 (水) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの祇園祭(宵山初日とか) | トップページ | きょうの祇園祭(宵山最終日) »