« ホットおにぎり? | トップページ | きょうの京都タワー(改修中) »

2013年3月 3日 (日)

きょうのきょう(眼鏡新調)

 今使っている遠近眼鏡が何となくあわなくなってきたので眼鏡を新調。
 今の眼鏡は8年余り前につくった初めての遠近。それまでのど近眼一辺倒の眼鏡では手元が見にくくなったので遠近ってどんなものなの?と試しに作ったのをそのまま使い続けて早幾星霜。もっと手元が見にくくなって手元は裸眼でないとよく見えない状態になったので、思い切って新調。

Ciml0207c_tn  イマドキの眼鏡フレームはちっこい。8年前に作った時でも既にそれ以前に愛用していた眼鏡フレームよりちっこいフレームしかなくて不満だったのだが、今は絶望的なくらいフレームがちっこい。金を惜しまず特注する覚悟ならいろいろあるのかもしれないが、イマドキの価格破壊系の恩恵に与ろうとするとちっこい。探し回って今のフレームと遜色ない程度のものを見つけたので思い切って新調。メタルじゃないフレームは何十年ぶりだろう。40年余り前に初めて作った眼鏡がセルフレームだった。その次以降はずっとメタルだった、ような気がする。

 眼鏡屋で「手元が見にくい、外したくなる」と訴えたら「じゃぁ、外せ」みたいな話も出たのだが、何とか近距離用の度を下げた上に範囲を広く取って新調。おかげで手元は格段に見やすくなった。近距離用は度を下げすぎて殆ど素通しになってるらしい。裸眼でちょうど良いのだからそういうもんか。
 したら、副作用で遠距離部分が狭くなって遠くを見る時の姿勢が苦しい。しわ寄せで真正面が中距離用の範囲になってしまった。しかも、足下を見ようとすると、度が弱すぎてピンぼけ。眼鏡の下端部分は手元用にほぼ素通しだからねぇ。あちらを立てればこちらが立たず。
 新旧眼鏡を比較の為に掛け替えて見ると、古い眼鏡でも見えていない(ピントが合わない)部分が意外に多い事に今更ながら気付かされる。これが慣れという奴だったのかな?

 半年以内ならレンズの作り直しもokと言う事だから、どうしても無理があったらお願いしようか。にしても、豪気なサービスだな。しばらくこれで様子を見てみよう。

Ciml0200c_tn  で、ちと驚いたことにレンズが薄い。今までの眼鏡が硝子レンズ(たぶん)なのにも関わらず分厚かったので、プラスチックレンズにしたらどんだけ分厚くなるのだろう?と戦々恐々だったのに、いざ受け取ってみると今までの半分くらいの厚さ。度が下がったせいもあるのだろうが、高屈折率で非球面にしたからか?今までのレンズも同じようなオプションにしたと思うのだが、もはや記憶の彼方。

|

« ホットおにぎり? | トップページ | きょうの京都タワー(改修中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホットおにぎり? | トップページ | きょうの京都タワー(改修中) »