« 下京区役所の階段(コンプリート) | トップページ | きょうのくまモン(新京極) »

2013年1月31日 (木)

住基カードを新しくした。(メモ)

 住基カードのデザインが2009年4月20日から新しくなっていたそうだ。

Save0291c_tn  運転免許を持っていない私にとってはパスポートと並ぶ大事な身分証明書。日本人が日本で生活しているのにパスポートを提示するのは如何にも理不尽だが、住基カードなら抵抗がない。戸籍も電子化しているのだから、住民基本台帳カードではなく戸籍カードを発行して一生ものにして欲しい気がするが、最新の住所を証明する為には引っ越しの度に手続きが必要な住民票と連動するカードの方が都合がいいのかもしれない。

Save0299c_tn  デザインが変わって綺麗になった。...と言う事ではなく、表面記載事項が増えたうえに内蔵のICチップへも同じ情報を格納するようになって表面を改竄してもチップから表面記載情報を読み出す事で改竄の有無を確認できるようになったと言うのがウリらしい。

 ずっと以前から持っている私からすると勝手に変えやがってと言う所だが、新旧両デザインとも効力は同じらしい。のだが、それはお役所での手続きに使う場合の話。民間でも運転免許証並に身分証として使える場合が多いが、そこでは旧デザインはダメと言われる場面がある。この辺は役所に横並びであわせて欲しいところだが、そこまで役所は指導できないようだ。

 先日もそうした場面に出くわしたので新しいデザインのカードに交換してもらう事にした。が、新旧デザインのカードの効力に差はないとする役所の建前上、デザイン変更が理由では交換はしてくれない。一旦返納して改めて新規発行の手続きをしろという。当然、発行手数料もかかってくる。如何にも筋が通ってはいるが融通の利かないお役所の論理。デザインを変えたのはお役所の方なのに。手数料は兎も角、一旦返納してその手続きが終わらないと新規に発行されない。発行手続きから交付まで実際には1~2日かかるのでその間は身分証を失う事になる。しかも、交付の際は本人確認の為の身分証を提示しないといけないと言う。缶切りは缶の中。
 というか、そもそも交換という概念がないようだ。再交付手続きというものはあるが、盗難や紛失を想定しているようで、その場合は警察への盗難届や遺失届の提出とその証明書(?)が必要になる。

 仕方ないので、有効期限を2年残して返納・交付の手続きをする事にした。

①旧住基カードの返納手続き
 窓口で返納届用紙を受け取り記入する。
 返納理由は「QRコードつきデザインのカードに変更する為」とかでok。
 旧住基カードを添えて窓口に提出。
 本人確認が必要。(住基カードを添えるのだからあってなきが如しだが。)

②新住基カード交付手続き
 通常の交付手続きを行う。
 交付申請書に必要事項を記入し、写真を貼付して窓口に提出。
 ①と同時に行う事ができる。

③交付通知書を受け取る
 郵送されてくるので、受け取ったら、署名捺印。
 回答欄と受領欄の2箇所に証明捺印が必要。
 ②の手続きの翌日には届く。

③住基カード交付
 記入済の交付通知書を持って窓口に行く。
 受け取る前に受領書を提出する事になるが、誰も疑問に思わないのかな?
 本人確認をした上で新しい住基カードを受け取る。
 が、その前に暗証番号の登録を専用端末を使って行う。

④電子証明書の発行
 ③で交付された住基カードに別の専用端末でパスワードの登録を行う。
 旧住基カードに電子証明書がインストール済の場合、一旦失効の手続きが必要。
 但し失効手続きは窓口内部で行う。私の時はこれを怠ったようで2度手間になった。

⑤手数料支払い
 ③④の手数料を支払って完了。

 ③の本人確認書類を先に返納しているのではたと困った事は先に述べたとおり。健康保険証と無線の従事者免許の合わせ技で乗り切ったけど。
 あと、③の暗証番号の桁数と④のパスワードの桁数は教えてもらえなかった。③はおそらく4桁なのだろうが、④は訊いても「(暗証番号の登録)画面に表示されていませんか?」と言われただけで、画面にはそういう説明は一切表示されておらず不明なまま。できるだけ長いパスワードにしたいところだが...。

 どうでもいい話だけど、表面印字のフォント、明朝ではなくゴシックにできないかなぁ。かすれ気味で読みにくいよ>門川君。

|

« 下京区役所の階段(コンプリート) | トップページ | きょうのくまモン(新京極) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下京区役所の階段(コンプリート) | トップページ | きょうのくまモン(新京極) »