« きょうのきょう(マルメターノ) | トップページ | 京の七夕(inポルタ) »

2012年8月 4日 (土)

πとp(暗黒通信団?)

Cimk4732c_tn  昨日、気象年鑑2012年版を探していて見つけた本。

 「円周率百万桁本」と「素数15万桁表」というのが正式名称らしい。素数は15万「桁」ではなく「個」だと思うが?扉と背で書いてあるタイトルが違っているのはご愛敬かな?

Cimk4740b_tn Cimk4737c_tn  πの方は見慣れたダンプ形式でずらりと数字が並ぶ。だからなに?と言いたくなるが、見ていて心が和んでしまう私は病んでいるのだろうか?(^_^;)

Cimk4741c_tn Cimk4738b_tn  奥付には増刷履歴がずらり。売れているのか?と思ったがこれはしゃれだろう。価格も314円也。本の中身をどこまで載せて良いものか迷ったが、「引用・転載・複製自由」だそうで、一安心。

Cimk4747b_tn Cimk4744c_tn  素数の方も似たり寄ったりのレイアウト。ゼロサブレスしないで記載されているので一瞬???となるが、間違いなく素数が並んでいる。こちらの増刷履歴は普通に第1刷~第3刷(誤植改訂版)となっている。価格は357円也。235円じゃないのは「大人の事情」だそうだ。

 πというと金田先生が(何故か)スパコン使い放題状態で記録更新しまくっていた時代を思い出す。スパコンの象徴みたいな計算だったのだが、今や個人がPC(といってもモスターマシンだが)を使って10兆桁とか計算する時代だからなぁ。戦意喪失。

 円周率は100億桁のデータをDLして持ってるけど...。

 他に「e-自然対数の底100万桁表」という本もあるようだ。昨日の本屋には並んでいなかったのだが、この際だからそろえとく? eなら学生時代に長精度計算の演習問題に何万桁か計算したんだよな、なつかし。

|

« きょうのきょう(マルメターノ) | トップページ | 京の七夕(inポルタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(マルメターノ) | トップページ | 京の七夕(inポルタ) »