« きょうの祇園祭(宵々山) | トップページ | きょうの祇園祭(宵山、日和神楽) »

2012年7月16日 (月)

きょうの祇園祭(宵山のお菓子)

 今年食べたお祭りのお菓子。

○行者餅(役行者山)
Cimk3883c_tn Cimk3897c_tn  普段も売っているお菓子に祇園祭の名を冠して疑似限定品にというお菓子はたくさんありそうだけど、正真正銘祇園祭限定のお菓子。要予約で宵山の7/16一日限りの販売。包み紙にも「常ハ出ませぬ毎年七月宵山ニ限る」と書いてある。受付は7/1~7/10。今年はぎりぎりに思い出して電話予約。去年はうっかり予約期間を過ぎてしまって買えなかったんだよな。
 山伏だった店主が文化三年頃京に流行った疫病を鎮める為に役行者山にお供えした餅を食べた人が疫病を逃れたと言う故事からきたお菓子だそうだ。
Cimk3968b_tn Cimk3960b_tn  販売時間は9時~15時。10時半頃に東山安井のバス停脇の「柏屋光貞」に着くと既に行列ができている。並んで待つ事30分ほどで無事ゲット。他にもおいしそうなお菓子がショウケースに並んでいたけれど、今日はとりあえずこれだけ。
Cimk3985b_tn Cimk3976b_tn  中はクレープ状の皮に包まれた味噌餡と求肥。味噌餡には山椒が効いていてぴりりとかおる。味は花びら餅のゴボウを取り去った感じか。子供向けの甘い「お菓子」ではない。軽い酸味と白みその甘みを山椒が引き締めている。もちもちした求肥が独特の食感を生み出す。

○吉兆あゆ(占出山)
Cimk3927c_tn  神功皇后が戦勝祈願の占いで魚を釣ってみたらあゆが釣れた。その魚を「鮎」とした。皇后は天皇が崩御されたので影武者よろしく男装して臨月なのにも関わらず出陣したが、戦に勝ち凱旋後無事出産した。その戦記にちなんだ山が占出山で、鮎のお菓子を販売中。ざっくりとこんな感じらしい。
Cimk3948b_tn Cimk3946b_tn  お菓子自体は普通にある若鮎。薄いどら焼きの皮で求肥を包んである。細長く成形してあって鰓もあるので鮎っぽい。中身があんこではなく求肥というのがポイントかな。甘すぎずもちもちした食感が心地よい。

○岩戸せんべい(岩戸山)
Cimk3764b_tn Cimk3758b_tn Cimk3752b_tn  これもオフィシャルお菓子。普通に卵煎餅に岩戸山の銘とロゴが焼き印してある。ロゴの方はごまが入っていて香ばしい。

Cimk3743b_tn ○手やき茅の輪せんべい(山伏山)
 去年も買った卵煎餅。おいしかったので今年も買ってしまいました。しかも二つ。素朴にボリボリ食べてます。焼き目の苦みがちょうど良いスパイス。

|

« きょうの祇園祭(宵々山) | トップページ | きょうの祇園祭(宵山、日和神楽) »

コメント

お菓子もいろいろおいしそうですね。
明日も暑くなりそうです。熱中症に気をつけて。
今年は連休で遅くまで賑やかそうです。

投稿: おとぼけ | 2012年7月16日 (月) 22時39分

 ありがとうございます。今年は炎天下を避けてホリーズカフェで戻り鉾を見てました。臨場感には欠けますが楽珍楽珍。

投稿: ichi | 2012年7月17日 (火) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの祇園祭(宵々山) | トップページ | きょうの祇園祭(宵山、日和神楽) »