« 出前一丁復刻版(パッケージのみ?) | トップページ | U.F.O.そばめし »

2012年2月22日 (水)

USBメモリやHDDのMBRの内容を削除する方法(メモ)

 AcronisTrueImageのブータブルメディアを作る方法をあれこれ試しているうちにブータブルなUSBメモリやmicroSDカードがいくつ もできてしまった。用が済んだので他に使おうとフォーマットしてもこいつを刺したままPCを立ち上げると設定によってはメディアからOSを読み込もうとしてエラーになって立ち往生する。BIOSの設定をいじって起動順序を書き換えてもよいが、いちいち面倒くさい。WindowsMe以前ならDOSモードで「fdisk /mbr」を叩けば初期化(削除)できるようだが、XP以降はインストールメディアで立ち上げて回復コンソールとか面倒な事この上ない。

 何かMBRを書き潰してくれるソフトはないかと探して見つけたのが「HDD Walker」なるソフト。元々はHDDの各セクタにアクセスして磁化を保持するソフトだそうだ。磁気メディアは時々読み出さないと時間とともに磁気が弱くなってしまいには読み出せなくなるとはFDの時代に聞いた話だ。そのオマケ(?)としてMBRの書き込みと削除ができるらしい。

Hdd_walker_2c_tn  使い方は簡単。

  1. DLしたファイルを解凍(インストール)
  2. hdw.exeを叩いて起動。
  3. Hdd_walker_bc_tn MBRを削除したいデバイスを一覧から選択。
  4. 「ツール」→「MBR操作」→「消去」→「ブートストラップローダ」と選ぶ。
  5. 確認ダイアログが出るのでokする。

Hdd_walker_cc_tn  プログラムの起動時に、マウントされている全てのドライブにアクセスするようで、リモートなドライブに対して意味不明のエラーが出る場合があるが気にしなくてよさげ。

 これでUSBメモリを刺したままでもBIOSの起動順序をいちいちいじらずにHDDからPCを起動できるようになった。

Hdd_walker_3c_tn  MBR修復もできるようだが、こちらは試していない。Windows7がRC1しかないのは何故?

 かなリスキーな操作なので、真似はしないように。私用の備忘録です。万一、真似する場合は壊れても良いマシンでリハーサルした上で自己責任でやりましょうね。

|

« 出前一丁復刻版(パッケージのみ?) | トップページ | U.F.O.そばめし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出前一丁復刻版(パッケージのみ?) | トップページ | U.F.O.そばめし »