« まさかの50円(新町通四条上ル) | トップページ | 粽ストラップ(浄妙山(変更無し)) »

2011年7月14日 (木)

きょうの祇園祭(鉾建て五日目、曳き初め三日目、屏風祭、宵々々山)

 こよいはいよいよよいよいよいやまよ。

Cimj1509b_tn Cimj1514b_tn  最後まで残っていた山鉾も今日から建て始め。先に建て始めた大型の山鉾は宵山用の懸装品を装着して一般搭乗も受け付けていたりするが、小型の山は骨組みだけ組み上げて懸装品は町会所に展示していたりする。

Cimj1494b_tn  曳き初めの最後を飾るのは橋弁慶山。橋弁慶山は舁山なので正確には曳き初めではなく舁き初め。舁くと言っても、下に小さな車輪が付いているので前進後退する時は押すだけ。方向転換する時だけ担ぎ上げてぐるりと回す。軽くはないが大型の鉾よりは遙かに軽く、動きもスムーズだ。
 町会所のある蛸薬師通を町会所→烏丸通→室町通→町会所と一往復して無事終了。お囃子もなく静かな舁き初め。

Cimj1531b_tn Cimj1524b_tn  山伏山では去年から始まった茅輪くぐりを昨夕から開始している。6/30と7/31の恒例行事の筈なんだが、もう一回増えた感じ。ここでも茅輪をくぐって、茅輪ストラップをズボンのベルトに結わえておけば完璧かな?

Cimj1556b_tn Cimj1553b_tn Cimj1552b_tn  山鉾町の町家では屏風祭。家にある屏風などの美術品を1階の通りに面した部屋に並べ、窓を開け放つ。通りすがりの人がてんでに覗き込んで楽しむという趣向。
Cimj1560b_tn Cimj1558b_tn  山鉾が動く美術館なら、屏風祭は動かない美術館。まんまか。北観音山付近でも人だかり。例年松坂屋で甲冑の展示があったのだが、去年で終わってしまったのが残念。

Cimj1566b_tn  お祭りと来れば屋台。昨日までは曳き初めがあったりしてなかなか道路を占有できなかったのだが、今日からは店開き。昼間は兎も角、夜になると人出がすごい。室町通や新町通は前へ進むのにも一苦労。買い食いがお目当てでなければ、油小路の油天神山、太子山は静かでいい。屋台はないが、道に床机が出してあって一休みok。Cimj1663b_tn 太子山では子供達が『聖徳太子の智恵のお守りはこれより出ます。ご信心のおん方様は、受けてお帰りなさいましょう。蝋燭一丁献じられましょう。』と謡っている。これが宵山(16日)になると『常は出ません今晩限り。』という一節が挿入される。木賊山でも聞けるはず。霰天神山が発祥という話だが、そちらはまだ遭遇せず。

Cimj1625c_tn  一つの通りに一番沢山山鉾があるのは室町通で七基。次いで新町通で六基、更に四条通の五基と続く。室町通、新町通は狭くて上空から見ないと山鉾が互いに掩蔽しあってしまうが、四条通は道幅が広いので全基見通せる。山鉾町西端の油小路から東を振り返ると遠くは長刀鉾から手前の四条傘鉾まで仲良く並んで見える。Cimj1640b_tn ボイジャーが太陽系を後にする時見た光景を彷彿と...しませんか?(^_^;)

 市営駐車場の3階から鶏鉾の夜景を鳥瞰しようとしたら18時に閉鎖。残念無念。

|

« まさかの50円(新町通四条上ル) | トップページ | 粽ストラップ(浄妙山(変更無し)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさかの50円(新町通四条上ル) | トップページ | 粽ストラップ(浄妙山(変更無し)) »