« きょうの紫陽花(小田原町通) | トップページ | LOOX U/C50N関連SSD性能値(メモ) »

2011年6月 9日 (木)

LOOX U/C50NのHDD換装手順(メモ)

 1.8" ZIF接続のHDDを内蔵したULCPCのLOOX U/C50NのHDD換装手順。今回はSSDに換装。

Cimj0241d_tn ○材料
 1.8" 40PIN PATA ZIF SSD。
 今回はRENICEの120GBを使用。240GBの製品もあるようだが、市場に出ていないっぽい。

①,②裏蓋を開く
Cimj0068c_tn Cimj0067c_tn  予めバッテリを外した上で裏蓋のネジを7箇所外す。
 ネジを外しても裏蓋は上下で筐体と爪で噛み合っているのでそっと引きはがす。(画像ではバッテリが付いたままだけど、ダメ。)

③HDDを取り出す
Cimj0260c_tn  緩衝材に包まれたHDDが現れるので、取り出す。その際、ZIFコネクタのストッパを緩めておく。(緩め方は後述。)特に止め金具などはなく、すっぽり嵌り込む感じで収納されているので、マイナスドライバを隙間に差し込んでほじくり出すとよい。ZIFケーブルは堅いのでそれだけ抜くことは困難で、HDDを取り出す時に自然に抜ける。

④,⑤緩衝材を移植する
Cimj0265c_tn Cimj0263c_tn  取り出したHDDの緩衝材を取り外す。両面テープで貼り付けてあるので無理矢理引きはがす。SSDにも同様に貼り付ける。意外とテープが強力。

⑥SSDを取り付ける
Cimj0267c_tn  緩衝材を装着したSSDのZIFコネクタのストッパを緩めて、HDDの跡にはめ込む。その際、ZIFケーブルをZIFコネクタに差し込んでおくとスムーズに装着できる。SSDのサイズによっては無理矢理押し込むことになる。嵌ったら、ZIFコネクタのストッパを締める。

⑦組み立て
 裏蓋を付けなおして終了。

○ZIFコネクタのストッパ
Cimj0071d_tn Cimj0070d_tn  ZIFコネクタの黒い金具(プラスチック製だけど)が寝た状態が締、コネクタ側に立ち上がった状態が緩。長い割に細いのでへし折らないよう注意しながら起こしたり寝かしたりすること。左画像が締、右画像が緩。

○注意点
Cimj0257c_tn  今回使用したSSDの場合、微妙に巾が大きいようで緩衝材を装着すると元のHDD跡には収まりにくい。緩衝材が柔らかいのでねじ込むことは可能だが、上下に溢れてきた緩衝材が裏蓋の裏の出っ張りと干渉して裏蓋が閉まりにくくなる。裏蓋の出っ張りは堅くて削れそうにない。緩衝材は装着しないか、もっと薄いものに替えた方が良いのかもCimj0271b_tn
 HDDの脇にMini PCI Expressっぽいコネクタと空洞がある。何か増設できるのだろうか?

<追記>2011/06/17
Cimj0373c_tn  元々の緩衝材が分厚すぎて圧死するといけないので、薄い緩衝材を自作してSSDの周囲に貼り付けた。

|

« きょうの紫陽花(小田原町通) | トップページ | LOOX U/C50N関連SSD性能値(メモ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの紫陽花(小田原町通) | トップページ | LOOX U/C50N関連SSD性能値(メモ) »