« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

キャベツの花?

Cimi7914b_tn Cimi7913b_tn  キャベツはでかい。とても一度に喰いきれるものではない。なので、一個買うと外から徐々に剥いていって喰うことになる。外は緑だが内側は白っぽく黄色っぽくなっていく。葉っぱによったしわしわが脳味噌のようだ。脳味噌を直に見たことはないけれど。
Cimi7921c_tn Cimi7916c_tn  先日剥いていていった脳味噌、じゃなくてキャベツに腫瘤ができていた。オマケか?悪性だといけないので切除して断面を見ると...。花かな、これって?

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

ドアin障子(西本願寺)

Cimi6046b_tn Cimi6039b_tn Cimi6037b_tn  大遠忌で忙しい西本願寺、御影堂は椅子で埋め尽くされて普段とはすっかり様子が異なっているが、阿弥陀堂はいつもと変わらず静かなまま。Cimi6047b_tn Cimi6041b_tn その障子に「押」と書いてある。障子でしょ???

 中に入ってみると、障子が内側に開いている。ドアだったのか!
Cimi6049b_tn Cimi6048b_tn  確かに巨大な障子なので重そう。出入りするたびに開け閉めしていたのでは大変、ということか。障子なら簡単に取り払うこともできるし。合理的?

| | コメント (0)

2011年4月28日 (木)

鬼のように…

Cimi5832b_tn Cimi5438b_tn  3月にデパートの北海道市で買ったジャガイモ。5kg箱売りだったのだが、いろんな種類が食べたい、と言ったら二種類の詰め合わせにしてくれた。ハーフ&ハーフか、ピザみたい。
 まだ寒い時期だったので、台所に箱のまま放置して置いたら、だんだん暖かくなって2週間あまりで芽が出てきた。ぶっとい芽だ。まるで鬼の角みたい。
Cimi5835b_tn   慌てて冷蔵庫に移したのは言うまでもない。

 店の人は、「芽が出たらもげ」と言うのだが、もいだら目の位置が判らなくなって、まわりをくり抜くのに困るんじゃないか?

| | コメント (4)

2011年4月27日 (水)

きょうの閉店(日東あられ新社)

Cimi7911b_tn Cimi7910b_tn  近所のスーパーであられ(おかき?)を安売りしていた。よく見ると日東あられだ。先日廃業してしまった会社だ。いつの間にか「日東あられ新社」と「新」の時が付いていたりするが、昔よく食べたあられの会社。亀田、とよす、と並んでよくお世話になった。無くなってしまったのね、残念。これが食べ納めかなぁ。諸行無常。

| | コメント (2)

2011年4月26日 (火)

きょうの桜とか(新町通、修徳公園、松原通)

 残る桜は八重だけ。でも、他の花も咲き始めた。

○新町通
Cimi7892c_tn Cimi7866b_tn Cimi7864b_tn  松原通道祖神社の隣の八重桜は満開。早咲きで知られる新町通桜の実は膨らんで色付き始めた。

○修徳公園
Cimi7880b_tn Cimi7879b_tn Cimi7877b_tn  こちらの八重桜も満開。薄日を浴びて輝いているよう。枝垂れ桜は花が残るものの葉の方が多くなった。ソメイヨシノ(たぶん)はすっかり葉桜。Cimi7887b_tn Cimi7884b_tn Cimi7886c_tn よく見ると花も残っているようなんだけど。
 梅の実が膨らんでいる。色付き始めているようだ。近所のおばさん達(たぶん)に摘み取られるのも間近か?

Cimi7898c_tn Cimi7903c_tn Cimi7903b_tn ○松原通
 ハナミズキの本当の花も咲き始めた。

| | コメント (2)

2011年4月25日 (月)

本願寺伝道院

Cimi6084b_tn Cimi6061_stitch_stitchb_tn  西本願寺を出て総門の先に不思議な煉瓦造りの洋館というかドームというかモスクのような建物がある。教会か何かかと思って近づくと、「本願寺伝道院」と書いてある。西本願寺の付属施設らしい。門前の立て札に由来が書かれていた。

京都市指定有形文化財
本願寺伝道院
 この建物は、明治28年(1895)4月に設立された真宗信徒生命保険株式会社の社屋として、明治45年に東京帝国大学教授伊東忠太の設計、竹中工務店の施工により建築されたものである。当初は「本館」のほか「付属室」、「倉庫」の2棟。「物置、人力車置場、便所」、「屋根付伝ひ廊下」が建っていたが、現在は「本館」のみが残る。
 伊東忠太は明治41年、日本建築もこれからは石材・鉄によらねばならず、しかもその建築様式は欧化でも和洋折衷でもなく、木造の伝統を進化させることにより生み出さなければいけない、という「建築進化論」を提唱し、日本の建築界に大きな影響を与えた。
 建物はこの「建築進化論」の考え方を明確に表現した作品で、外観は古典様式基づくものの、開口部まわりや軒まわり、塔屋の形態などにサラセン洋式、日本の伝統的な洋式が用いられており、日本の近代建築の発展を知るうえで貴重なものである。
                                    昭和63年5月2日指定
                                             京都市

Cimi7574c_tn  4月始めに前を通った時は門を閉ざしていたが、先週見てみると、何やら展示会をやっている。残念乍ら中は撮影禁止。木造の洋風。土禁で床は養生されていて様子は不明だが、階段は木造で懐かしい感じ。展示会は1階で行われていて2階は立入禁止。展示会を見ていると2階から僧形の人が次々降りたり昇ったり。隣の建物の間を行ったり来たりしている。Cimi6071b_tn Cimi6069b_tn 大遠忌の準備だろうか。忙しく行き交う僧侶の皆さん、すれ違うたびに「こんにちわ」と声をかけてくださる。こちらも「こんにちわ」と返すのだが、みんながみんな挨拶してくださるので、キリがない。みんな礼儀正しすぎ。(^_^;)

Cimi6076b_tn Cimi6072b_tn  敷地の境には石像が建つ。獅子のような、羽を持った象のような、いろんな動物(?)が彫られている。札には「これも文化財」と書いてあるのだが、これらも京都市の指定有形文化財なのだろうか。真新しい石像もあるんだけどね。

| | コメント (0)

2011年4月24日 (日)

噂の現場(烏丸綾小路下ル)の移転

Cimi7842b_tn Cimi7843b_tn  一昨年に駐車場から出た車が歩道暴走事件を起こしたビル、というか会社が先月移転していたらしい。事件からかなり経っているから、事件が原因で移転したわけではないのだろう。これで事件の再発の心配はなくなった、かな?

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

四つ葉のタクシー発見!

Cimi7845c_tn  昨日、四条通を歩いていると「四つ葉のタクシーが停まってるよ~」という母子の会話が聞こえてきた。交差点で信号待ち中。1400台に4台と言われる四つ葉のタクシーだ。よく見ると空車だったっぽい。記念品をくれるという噂、ワンメーターだけでも乗ってみれば良かったかなぁ。

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

きょうの桜とか(修徳公園、烏丸通、松原通)

 御室桜を見終えたので、今年の花見は終了。の、つもりだったが、近所の公園の八重桜に呼ばれた。雨にも負けず、風にも負けず、次々花が咲いてますな。

Cimi7816b_tn Cimi7818b_tn Cimi7819b_tn ○修徳公園
 ほぼ満開。

 
 

Cimi7851b_tn Cimi7850b_tn Cimi7847b_tn ○烏丸通
 こちらは白いツツジ。清楚でよろしいなぁ。

 

Cimi7837c_tn Cimi7832c_tn Cimi7831c_tn ○松原通
 紅白のハナミズキ。実際の花は中の緑の部分だそうでまだつぼみって事か。

| | コメント (0)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimi7821c_tn Cimi7824c_tn Cimi7820b_tn  昼になってしとしと雨。梅雨にはまだまだ早いけれど、紫陽花は準備着々。

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

きょうの桜(御室仁和寺)

 京都の桜の最後を締める御室桜。「京都で一番最後に咲く」と言われているらしい。満開だと言うのでお出かけ。

御室仁和寺
Cimi7658_stitch3b_tn  バスを御室仁和寺停留所で降りると目の前に二王門が聳える。「仁王門」ではなく「二王門」。入ってすぐの参道にも桜は咲いているが、本命の御室桜は更に先の中門をくぐった奥にある。普段は境内は無料で散策できるのだが御室桜の時期だけ有料となる。なんだかなぁ。
Cimi7644b_tn Cimi7625b_tn Cimi7749b_tn  中門をくぐった先の左手に御室桜が密集して咲いている。低木桜とも言われるだけあって、人間の背丈よりちょっと高いくらいの桜桜桜。スノコで作られた通路を進むと桜がトンネルを作って出迎えてくれる。
Cimi7656c_tn Cimi7641b_tn Cimi7637b_tn  一番奥の塀の手前、土手のように高くなったところから振り返ると五重塔が桜の海からにょっきり生えて見える。そこにはカメラやケータイを抱えた人が群がる。まるで林のようだ。
Cimi7688_stitchc_tn Cimi7671c_tn Cimi7668c_tn  日差しは柔らかく、暑くもなく寒くもない快適な陽気。快晴かと思ったら、空には薄い雲がかかっているようだ。と見上げる空にはハロが出ている。桜を通してみると花が傘を被っているようだ。私のカメラではギリギリ入りきらないのでパノラマ合成したらハロが少し歪んでいる。(-_-;)
Cimi7623b_tn Cimi7694b_tn  満開、ということなのだが散りゆく花多数。満開を過ぎて散り始めくらい。葉っぱも目立つし、中にはすっかり花を落とした木もある。やや出遅れたか、と思っていたらまだつぼみもある。まだ大丈夫?
 桜のトンネルが途切れてぽっかり桜のない一角がある。毎年座敷を設えて店を開いていた場所だ。桜のそばでの飲食禁止令が出て今年から撤退したとか。訴訟沙汰にもなっているようで、無粋な事このうえない。
Cimi7754b_tn Cimi7753b_tn  御室桜以外にも桜は咲いている。ソメイヨシノ(たぶん)はすっかり散ってしまったけれど、八重はまだこれから。御室桜より遅いくらい。御室桜の数に圧倒されるけれど、華やかさは負けてない。
Cimi7798b_tn Cimi7781c_tn Cimi7786c_tn  二王門と中門の間には御衣黄(ぎょいこう)も咲き始め。緑の桜だ。つぼみの頃が一番色が濃くて開くにつれて白くなる。ギリギリ有料領域に咲いてる、と思ったら二王門の外、向かって左側の塀際、バス停の脇にも咲いてたりするんだな。
Cimi7751b_tn Cimi7743b_tn Cimi7745b_tn  咲いているのは桜だけじゃない。この時期はツツジも見事。色はこっちの勝ちだ。眼鏡が色収差起こしそうなくらいの色合い。本数はそんなに多くないが、木によって色が違ってる。
Cimi7741c_tn Cimi7712c_tn Cimi7702b_tn  楓も咲いてる。葉っぱが出てきてその下に赤い物がぶら下がってる。何だろうと近寄って見ると花らしい。地味すぎて受粉できるのか心配になるが、ちゃんと虫が寄ってきていたので大丈夫だろう。ちっこすぎてピントがなかなか合わず、四苦八苦しながらまごまご撮影していると、通り過ぎる人が口々に「わぁ、楓のこれ花だよねぇ」と言いつつ寄ってくる。Cimi7793c_tn 楓は境内中至る所でいっぱい咲いてるのに。注意喚起しないと気付かないのね。楓の花エバンジュリストと名乗っても良いですか?
 そして足元には蒲公英。

| | コメント (0)

2011年4月20日 (水)

きょうの桜(菅大臣天満宮)

 昨日に引き続いてコロコロ変わるお天気。風が冷たく、季節が逆戻りした感じ。

Cimi7590b_tn Cimi7589b_tn_2 Cimi7586b_tn ○菅大臣天満宮
 本殿手前の鳥居脇、飛梅隣の八重桜がほぼ満開。境内の八重桜はこれ一本。ソメイヨシノはほぼ散り終わり。Cimi7585b_tn 数輪残っているだけ。

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

伏見稲荷大社御旅所

Cimi7501b_tn Cimi7506b_tn Cimi7503b_tn  堀川通をずっと下ルといつの間にか油小路になる。だまし絵のような八条油小路。狐につままれたような気持ちで更に下ルと、右手に伏見稲荷大社御旅所が見えてくる。やっぱりね。

Cimi7540b_tn Cimi7509b_tn Cimi7512b_tn  4/17から5/3まで御神輿が、というか神様がやってこられてとってもにぎわうらしいと聞いて訪ねたのだが、ひっそり。無人の屋台が数軒設えてあるだけで、参拝客はいない。
Cimi7561b_tn Cimi7531b_tn Cimi75515c_tn  右手にお社、左手に長い蔵のような建物、奥にも長い建物。予習せずにやって来たので何だか判らず。奥の長い建物に御神輿が鎮座している。この建物が奉安殿らしい。神輿が五基。祇園祭より多い。Cimi7569b_tn Cimi7541b_tn Cimi7507b_tn そんなに神様って大勢なのか。どうやらお祭りは24日に行われるらしく、それまではこんな調子のようだ。 境内は木がまばらに生い茂りいい感じの日陰を作っていてくつろげそうなんだが、座る場所がないのが惜しい。

| | コメント (0)

きょうの桜(修徳公園、伏見稲荷大社御旅所、新町通)

 何度も降ったり照ったりめまぐるしいお天気の一日。風も強くて寒かった。きょうの桜も八重桜と御室桜を残すのみかな?

○修徳公園
Cimi7493b_tn Cimi7491b_tn Cimi7483b_tn  奥のソメイヨシノ(たぶん)はすっかり葉桜。真ん中の枝垂れ桜も葉っぱと花が半々。手前の八重桜がぽつぽつ咲き始めた。池の面には花筏。

Cimi7537b_tn Cimi7535b_tn Cimi7533b_tn ○伏見稲荷大社御旅所
 御旅所の境内にも八重桜が。

 

Cimi7581b_tn Cimi7580b_tn ○新町通
 松原道祖神社の隣の八重桜も満開近し。

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

怒れる手袋?

Cimi6856c_tn Cimi6856b_tn  先日、高辻通で見かけた手袋。

 中指を立てているような?

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

きょうのハロ(暈)

Cimi7481b_tn  昼頃見上げた空。電柱による蝕も進行中だった。

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

焼き芋屋の予定

Cimi6628b_tn Cimi6626b_tn Cimi6625b_tn  先日通りかかった時に見ていたのを忘れてた。

| | コメント (2)

2011年4月15日 (金)

きょうの桜(原谷苑)

 朝は薄曇りだったのがどんどん雲が厚くなり、昼過ぎには降り出す。長く続いた快晴も昨日で終わりだったか。原谷苑がほぼ満開だと京都新聞の桜情報が言うのでお出かけ。昨日行っておけばよかったなぁ。

原谷苑
Cimi7410b_tn Cimi7382b_tn  言わずと知れた枝垂れ桜の里。バスを乗り継いで一山越えてようやくたどり着く。桜の木が植わっていると言うより、桜の花の海の中に沈んでいる感じ。どちらを向いても桜、桜、桜、ヒト、桜、ヒト、桜、みたいな感じ。
Cimi7441b_tn Cimi7432b_tn  桜だけじゃなく、桃や石楠花、木瓜、山吹、等々も咲いているけれど、目を奪われるのは頭上の桜。頭上だけじゃなく、目の前に花枝が垂れてくるので掻き分けて進む。泳いでいるようだ。よくもこんだけ集めたものだ。
Cimi7429c_tn Cimi7451b_tn  陽射しがないのでやや暗いのが惜しい。写真をとるのはちょっとつらい感じ。風が吹くと満開の枝から花びらが降ってくる。花の雨か波飛沫か。心地よく花のシャワーを浴びていたら、昼過ぎには水の雨が降りだしたので撤退。

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

きょうの桜(仏光寺、修徳公園)

 この快晴、いつまで続くんだろう?

Cimi7334b_tn Cimi7346b_tn ○仏光寺
 本堂前の三本枝垂れ、ようやく満開。皇族の記念植樹らしい。真ん中の枝垂れが一番華やか。昼には近所から人も鳩も集まってきて弁当を広げたり、写真を撮ったり。
Cimi7337b_tn Cimi7333c_tn  春の陽射しに風も冷たさを和らげ、春らしい陽気に包まれて長閑な境内。うとうと。お茶所にある「横になるな」という貼り紙も判る気がする。(^_^;)

Cimi7367b_tn Cimi7353b_tn ○修徳公園
 こちらの枝垂れ桜も満開。南西隅に咲くソメイヨシノ(たぶん)が半分以上散ってしまったのでバトンタッチか。小さな公園なんだけど、近所の人が結構やってきてベンチに座って見上げてる。Cimi7363c_tn Cimi7357c_tn 夕方になると子供が大勢やって来て喧噪に包まれるのだが、昼過ぎは大人ばかりで静かでいい感じ。
 枝垂れ桜が咲くのは公園の真ん中。北東に植わっているのが八重桜。こちらは数輪開花したばっか。Cimi7377b_tn Cimi7372b_tn Cimi7374b_tn 他のつぼみもほころんでもうあと一息。

| | コメント (0)

2011年4月13日 (水)

きょうの桜(天神川)

 今日も快晴。今年の快晴はやたら続く。

○天神川(四条五条下ル
Cimi7254b_tn Cimi7290_stitchb_tn  京都新聞の桜情報記事によると、『密集度は市内でもナンバーワン』だそうで。天神川の左岸にみっしり桜が植わっている。華やかさは背割堤に負けないくらいだが、途中橋が架かっていて途切れ途切れなのがスケールを切り刻んでいて惜しい。画像に写っているのは全体の1/3程度かな。
Cimi7299b_tn Cimi7274b_tn  土手の上の遊歩道の川と反対側に桜が植えられていて、枝を川の上に伸ばしている。桜のトンネルというか洞門状態。四条から下がっていくと、高辻通までは所々にベンチがあり気軽に座って桜を愛でることができる。Cimi7270b_tn ベンチで弁当を広げる人、レジャーシートを広げて車座になって騒ぐ団体など公園の花見状態。途中、万寿寺通には陸橋が架かっていてバードビューも楽しめる。
 桜はソメイヨシノ(たぶん)。ピークは11日頃だったらしく、今日は満開を過ぎて盛んに散りゆく。風が吹くと桜吹雪。川面には花筏。
 背割堤よりせせこましくて落ち着かないけど、気軽に行けるという意味では良いかも。市バスの3号系統や80号系統の京都外大前バス停からすぐ。うちからもバス一本で行けるのが嬉しい。って、今更だけど。狭い遊歩道なのに時々自転車が迷い込んでくるのが難点かな。

| | コメント (0)

2011年4月12日 (火)

きょうの桜(背割堤、清水寺、修徳公園)

 朝から快晴。ソメイヨシノ系はそろそろ満開を過ぎて見納めの時期にさしかかっている。満を持して八幡市。

背割堤
Cimi7096b_tn Cimi7093_stitchb_tn  桂川、宇治川、木津川の三川が合流して淀川になる場所で、宇治川と木津川の間の堤防の上、約1.4㎞にソメイヨシノが植わっている。一斉に咲いた様子は桜餅を無数に並べたみたい。...いや、実に壮観。花見の物量作戦って感じ。
 「せわりづつみ」かと思ったら「せわりてい」らしい。固有名詞ではなく、土木用語。『二河川が平行して流れる場合または合流分流するとき、二河川の間にある堤防で、合流点を下流へ移し、水位差による影響を軽減させるもの。 』だそうだ。
Cimi7105b_tn Cimi7103b_tn  巾数㍍の堤防上の遊歩道の両脇にソメイヨシノが植わっていて真ん中に向かっては上に、両脇に向かっては斜め下に枝を伸ばす。昨日の半木の道は桜のトンネルといいつつ洞門状態だったがこちらは正真正銘トンネル状態。まずは東端の公園入口から入って、Cimi7207b_tn Cimi7162b_tn西端まで堤防上の桜のトンネルを堪能する。西端で堤を降りて南側の河川敷に降りる。と、堤が緩くカーブしているので、桜のトンネルの外観を一望できる。桜に包まれていた堤防上と違って青空を背景に桜の帯が伸びている。Cimi7119b_tn Cimi7181b_tn Cimi7209b_tn 私はこちらの眺めの方が好き。レジャーシートを敷いて寝っ転って見上げると、青い海に白い砂浜みたいな。風が吹くと桜吹雪。ソメイヨシノの集大成。また絶好のチャンスに動画ボタンを押せていなかった。orz

Cimi7080b_tn Cimi7082b_tn ○清水寺遠景
 行きがけに烏丸五条のバス停から東山を見ると、清水寺付近が桜色。この前行った時は早すぎたけど、今が見頃だろうか。今日は行かないので、遠目に花見。

Cimi7250b_tn Cimi7247b_tn ○修徳公園
 帰りに通りかかった修徳公園の枝垂れ桜は満開一歩手前。日が暮れかけていたのでちと暗い。また今度。

| | コメント (0)

2011年4月11日 (月)

きょうの桜(半木の道、賀茂川、ろっくんプラザ、洛央小学校)

 陽射しはあるけど空が白い。北風が強くて冷たい。橋の上にいると吹っ飛ばされそうな勢い。何だか季節がちょっと戻ったような。

半木の道
Cimi6943b_tna  ↑と書いて「なからぎのみち」。近くにあった「流木神社」がその名の由来で、その神社がホントに洪水で流されてしまったので「流」のかわりに「半」の字を当てたという話。賀茂川に架かる北大路橋から上流を眺めると隣の北山大橋までは紅枝垂れ桜の濃い色、その先はソメイヨシノ(たぶん)の薄い色。
Cimi7040_stitch2b_tna  半木の道は北山大橋まで。紅枝垂れのトンネル、と聞いていたのでびっしり桜が植わっているのかと期待して出かけたら、案外まばら。遠目にはその先の普通の(?)桜並木の方が綺麗。
Cimi6965b_tna Cimi6961b_tna  拍子抜けしながら近づくと、わっさわっさと桜花が取り巻く。枝垂れなので頭上に咲いているだけじゃなく、左右にも花が垂れてくる。色も濃いのでゴージャス。延々歩き続けても飽きない。桜の下にはくつろぐスペースがないのが惜しい。

賀茂川
Cimi7014b_tna Cimi7010b_tna Cimi7005b_tna  半木の道を辿って北山大橋を越えると普通の桜にチェンジ!色は淡いが、こっちの方が密度が高い感じ。ベンチもあり、レジャーシートを敷くスペースもあり、弁当を広げる家族連れ多数。
Cimi7033c_tna Cimi7025c_tna Cimi7023c_tna  集まってくるのは人間だけじゃなく鳥も集まってくる。スズメとメジロ(たぶん)。花をもいでいるのかどうかは確認できず。風でわさわさ揺れる枝にしっかり捕まって振り落とされることがないのはさすがだ。

Cimi7061b_tna ○ろっくんプラザ
 新京極通六角角のろっくんプラザに植わっている桜が一本。誓願寺の前。猥雑な商店街に一服の清涼剤。とは大げさな。満開を過ぎて葉っぱが出かけ。

○洛央小学校
Cimi7066b_tna  こんだけ風が強いんだから桜吹雪。と期待して通りかかってみると、疾風に花びらが舞う。ばっちり動画撮影した。つもりが、ボタンを押せてなかった。orz また風が吹くのを舞ってみたが、急に凪いでしまったようで吹かず。あんまり学校の前に立っていると不審者扱いされそうなので撤退。残念無念。

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

きょうの桜(新町通、修徳公園、東本願寺、仏光寺、洛央小学校)

 投票のついでにお散歩。

Cimi6778b_tna ○新町通
 付近で一番に咲く新町桜。花は全部散って、萼とおしべばっかり。かと思うと、既に実が膨らみ始めている。赤く色付くのももう間近か?

○修徳公園
Cimi6795b_tna Cimi6789b_tna Cimi6781b_tna  南西側のソメイヨシノ(たぶん)は満開。ちょっと葉っぱが出ているから十一分咲きくらいか。中央部の枝垂れ桜はまだ五分程度。まだ花は少ないけれど色が濃い分見応えあり。

○東本願寺前
Cimi6834b_tna Cimi6814b_tna Cimi6806_stitchc_tna  先日遠景で確認した通り満開。本願寺前のロータリー(前庭?)だけじゃなく、不明門通と烏丸通の合流点の桜も満開。密集している分、こちらの方が華やかかも。花の色が淡くて上品。

○仏光寺
Cimi6866b_tna Cimi6864b_tna Cimi6857b_tna  本堂前の枝垂れ桜の満開は今か今かと通うがまだ三分~七分程度。それでも人が集まってきて、花見をしながら写真を撮っていく。向かいの茶所(縁側)でパンとジュースで控え目に花見の宴。

Cimi6931b_tna ○洛央小学校
 只今満開中。そろそろ桜吹雪の時期かと立ち寄ってみるが、まだ健在。桜の庇の下を人が行き交う。

| | コメント (0)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimi6797c_tna Cimi6797b_tna  順調に葉が伸びている。と思って覗き込むと、花の元みたいなのが既にできている様子。

| | コメント (0)

投票なう。

Cimi6775b_tna  統一地方選挙前半戦の投票日。前半戦といわれても後半戦がないので今日で終わる。府議会と市議会の二つがあるから清き二票を投票。選挙区が狭い上に何人も立候補していてしかもダブル選挙なので宣伝車がやたら多かったような気がする。ま、それでもうるさいと言うほどでなかったのは自粛ムードのおかげか窓を開け放つ季節には至っていない陽気のおかげか。

Cimi6098b_tna Cimi6099b_tna  先週末の京都駅前ではまゆまろが選挙運動していた。まゆまろに一票を、ではなく誰にでも良いから投票してね、と。どっちかというとまゆまろよりめいすいくんの方が主役の筈なんだが。めいすいくんは控え目だった。アウエイだから?胸に「せんきょ」の名札(?)を付けていながら、「せんきょん」ではなく「めいすいくん」。「明るい選挙推進協会」のイメージキャラクターなので「明推」(めいすい)君だとか。覚えにくい。Cimi6100c_tna 京都タワーの前なのに、この日はたわわちゃん本人は来ず、2Dで参加。
 まゆまろの衣装はロータリークラブだの幼稚園だのが関わっているらしい。

| | コメント (0)

2011年4月 9日 (土)

きょうの桜(菅大臣天満宮、仏光寺)

 朝まで雨。昼過ぎになって一時陽射しが。ちょっと近所の様子見。

Cimi6743b_tna Cimi6741b_tna ○菅大臣天満宮
 油断している間に満開。境内南側の桜はまだつぼみもあってちょうど見頃。今日は雲がちで青空が少ないのが惜しい。境内には私以外にもカメラを構える人が次々やってくる。
Cimi6748b_tna Cimi6747b_tna  西側でいの一番に咲き始めたソメイヨシノは散り始め地面にピンクの絨毯を敷き始めている。風があったら桜吹雪になったんだろうけど、余り吹かず。昨夜来の雨も花散らしには至らなかったようで、こちらも見頃を維持している。
Cimi6739c_tna  南側参道隣の家に植わっていて毎年見事に黄色な花を咲かせていたミモザは今年は咲かないな、と思ったら伐採されていた。諸行無常、ああ無情。

 

Cimi6766b_tna ○仏光寺
 本堂前の枝垂れ桜はまだ二分咲き程度。以前は花まつりの頃に満開していたと思ったんだが今年は遅いようだ。花まつりのうつろな目のハリボテ象さんは今日も不在。仏事も中止らしい。

| | コメント (0)

2011年4月 8日 (金)

花まつり(因幡薬師、仏光寺)

 そういえば、きょうは花まつり。新暦か旧暦かという問題もあるようだけど、一応今日ということで。

○因幡薬師
Cimi6728b_tna Cimi6729b_tna Cimi6713b_tna  毎月8日の手づくり市と日付が重なる。本堂前いっぱいにフリマ的な店が並び本尊前ではミニコンサートが。ちょっとおまいりしにくい雰囲気。
 本堂に甘茶接待所と花で飾られたお釈迦様がおわす。お釈迦様に甘茶をかけて、私も薬缶から甘茶を一杯頂く。はぴば、たんおめ。

Cimi6715c_tna Cimi6720b_tna ○仏光寺
 仏光寺では例年4/8付近の週末に「花まつりin仏光寺」をやっていたのだが、今年は中止らしい。「桜まつりin仏光寺」というのがそれだろう。
 俗な(?)「お祭り」は兎も角、仏事(?)も中止しちゃうのだろうか? うつろな目のハリボテ象さんにまたお目にかかりたいもの。(^_^;)

 中止といえば、誓願寺の花まつりも週末の筈。Webには載ってないけど中止したりするのかな?

| | コメント (0)

きょうの桜(東本願寺)

Cimi6733c_tna 雨なので、寄り道は最低限。

○東本願寺前
 烏丸五条からの遠景。満開っぽい。

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

きょうの桜(因幡薬師、仏光寺、洛央小学校)

 気温は昨日より上がって22.0℃まで上がった。その割に風は暖かくなく、春は爛漫としていない。長い超快晴も終わりか雲がち。連日歩き回って疲れたので近場で桜斥候。

因幡薬師
Cimi6640c_tna Cimi6639b_tna Cimi6638b_tna  広くはない境内いっぱいにお堂が建っているイメージで木が植わっているとは思わなかった。裏手を素通りしようとしてふと見ると、桜。これはこれは。
Cimi6663b_tna Cimi6660b_tna Cimi6658b_tna  というわけで表に回ってみると、桜が咲いてるよん、と貼り紙。本堂の左側の小さな庭に山桜。葉っぱもだいぶ出ているけれど、山桜は花と葉が一緒に出るからこれで満開かな。
Cimi6655b_tna Cimi6657b_tna Cimi6648b_tna  同じく右側には枝垂れ桜。こちらも満開か見頃。一本ずつだけど、三種揃い踏み。本堂の周りにはベンチがあって日向ぼっこがてら休憩する人数名。 

仏光寺
Cimi6674b_tna Cimi6680b_tna Cimi6681b_tna  こちらの桜は枝垂れ桜。阿弥陀堂と大師堂の間の前に三本。どれも咲き始め。まだまだ。枝垂れ桜も早いのと遅いのがあるんだな。お堂に相対してお茶所。Cimi6685b_tna Cimi6683b_tna 昼になると近所からお弁当を持った人が三々五々集まってきて昼食。長閑な雰囲気。
 御影堂門脇にはソメイヨシノ(たぶん)。こちらは満開。風に吹かれて時折花吹雪。

洛央小学校
Cimi6703b_tna Cimi6695b_tna  仏光寺の北隣の洛央小の桜は仏光寺通に添ってずらっと植わっている。満開一歩手前で桜のトンネル。入学式にドンピシャかな。風が吹いても散らず、未だもう少しはもちそう。

Cimi6644c_tna Cimi6645c_tna ○桜にメジロ?
 因幡薬師の裏の道には散り始めた桜の花びらに混じって花全体が落ちている。椿か? 見上げると枝に小鳥。メジロ?スズメよりは大きそう。逆光でよく分からない。
Cimi6691c_tna Cimi6689c_tna  仏光寺通の桜にも小鳥。よく見ると桜花をフラメンコよろしく丸ごとくわえている。こいつか。現行犯。やっぱり逆光で判然としない。

| | コメント (4)

2011年4月 6日 (水)

きょうの三日月と地球照

Cimi6634c_tna  一応写ったよ、という程度ですが...。

| | コメント (2)

きょうの桜(高瀬川、清水寺、産寧坂、円山公園、祇園白川)

 今日も一日雲一つ無い快晴。どんだけ続くんだろう? 空気はまだひんやり気味だけど、陽射しが暖かくて20.8℃まで気温が上がる。冬の装備ではあちい。無帽が無謀なくらいの陽気に誘われてお散歩。街を歩いていても見かける桜の咲き具合はせいぜい五分前後。概ね見頃は今週末かなと思うのだが、金曜は雨の予報。これだけの天気で花を見られるのは今のうちかと気がはやる。(^^ゞ

○高瀬川
Cimi6444b_tna Cimi6441b_tna Cimi6435b_tna  今日の高瀬川は四条通ではなく松原通。八分くらいの咲きっぷりだろうか。場所は違うけれど、二日間で相当咲き進んだ感じ。ライトアップはもうしてるのかな?

清水寺
Cimi6481b_tna Cimi6488b_tna Cimi6502_stitch3b_tna  バスで円山公園直行直帰のつもりで家を出たのだが、松原通を進むうちに、このまま歩き続ければ清水寺だなと思っていたら着いてしまった。京都新聞の桜情報では「開花」となっていてまだまだっぽい。Cimi6522b_tna Cimi6514b_tna だけど、夜間特別拝観が今週末まで。ということは今頃が見頃?と煩悩がささやく。
 元々、清水寺に桜は多くない。しかも三分~五分程度の咲き具合でまだまだ。やっぱちょっと早かったね。

○産寧坂
Cimi6543b_tna Cimi6539b_tna Cimi6535b_tna  清水寺を出て本来の目的地、円山公園に向かう。途中の産寧坂からねねの道にも桜が咲いている。やっぱり平均五分程度。その中で一番の見所は産寧坂の入口(出口?)の斜面に咲く桜。やっぱ枝垂れなんだろうか。遠く高台寺や観音像と肩を並べる。坂の途中で見上げると、花のド~ム。

円山公園
Cimi6577b_tna Cimi6576b_tna Cimi6568b_tna  奥(東)の方はほぼ満開。手前(西)の方は五分未満。脇(北)の方は八分。青空のもと、空の青さに負けないくらい真っ青なブルーシートで花見の場所取り部隊が昼間から退屈そう。Cimi6591b_tna Cimi6584b_tna 無粋だけれど、京都の桜名所って寺社が多いから飲み食いできないもんね、仕方ない?
 名物の大枝垂れ桜は年々小さくなっていくようで哀しい。

○祇園白川
Cimi6603b_tna Cimi6594b_tna  一昨日より咲き進んで八分くらいの咲きっぷり。西端の桜のドームももう一息。週末まで待たずとも明後日くらいには満開になるのでは? 明後日以降は雨の予報なのが心配だけど。どうせ外れるか?(^_^;)
Cimi6605c_tna Cimi6613b_tna Cimi6612b_tna  ライトアップをやってたのね。でも一昨日で終わってる。満開を待たずに終了ってどうなのよ。

| | コメント (0)

京都御所春期一般公開2011

Cimi5779c_tna  今日からですよ。

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

きょうの桜(千本釈迦堂、京都御苑)

 雲一つ無い快晴が今日も続く。

Cimi6334b_tna Cimi6340b_tna Cimi6321c_tna千本釈迦堂
 本堂前に咲く大きな枝垂れ桜。外から見てもはみ出して見える。その名も「阿亀桜」と書いて「おかめざくら」。Cimi6350b_tna Cimi6356b_tna Cimi6337b_tna ほぼ満開でちょうど見頃。枝を外向けに整えてあるので、中にはいるとドームのよう。その名の由来(たぶん)のおかめの像が優しく見つめるCimi6365b_tna Cimi6361b_tna Cimi6359b_tna
 境内には他にも何本か桜が植わっているけれど、まだ満開には至らない。

京都御苑
Cimi6381b_tna Cimi6374b_tna Cimi6390_stitchb_tna  近衛邸跡付近の枝垂れ桜が満開。この一角には巨大な枝垂れ桜が何本も植えられていて毎年見応えがある。人だかりもすごい。周りのベンチや芝生で一休みしてお弁当を広げる家族連れも多数。
Cimi6389b_tna Cimi6388b_tna Cimi6386b_tna  大振りの枝垂れの色は何故か淡泊。離れたところに咲いているちょっとちっこめの枝垂れの色の方が好きだな。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

きょうの桜(高辻通、高瀬川、祇園白川、鴨川)

 あんかを求めて洛中を彷徨う。ついでに桜の斥候。

○高辻東洞院
Cimi6179b_tna Cimi6177b_tna Cimi6174b_tna  病院(医院?)の庭に咲く桜。毎年早めに咲き出して楽しませてくれる。満開まではもうちょっとかな。

Cimi6197c_tna Cimi6195b_tna Cimi6182b_tna ○高瀬川
 木屋町通沿いを流れる高瀬川の土手の桜並木。四条通を挟んでずらっと伸びる。走り過ぎるバスからも一瞬花見が楽しめるスポット。Cimi6202b_tna Cimi6201c_tna Cimi6200b_tna ここもまだ五分行くかどうかの咲き具合。

○祇園白川
Cimi6236b_tna
Cimi6223b_tna Cimi6216b_tna  ここはもうライトアップが始まっている場所。桜並木は満開にはもう一息。川端通手前のあたりは白い雲におおわれたように見事に密集して咲くんだが、それには至らず。枝垂れ桜が早くも満開、かと思ったらまだ咲いてない枝もあるようで。着物を着た男女のモデル(?)が何組もポーズをとったり、歩き回ったり。撮影隊も出没中。

○鴨川(川端三条下ル)
Cimi6282b_tna Cimi6278b_tna Cimi6275b_tna  鴨川沿いは所々桜。枝垂れ桜が見頃かと。咲いてない枝もあるので満開には至っていないようだが、この色合いが美し。雲一つ無い抜けるような青空に映えて素敵。

| | コメント (2)

きょうのきょう(あんかはっか)

 晴れると陽射しは暖かいが吹く風が冷たい。一昨日も昼は暖かかったものの、夕方になるとひんやり。外を歩いていて風邪をひきそうになった。今日も陽射しで温まった体を北風が冷やす。家の中にいても朝晩はまだ冷える。

Cimi6315b_tna  そんな時に、電気あんかが死亡。昨日の昼頃、プラスチックが溶けるような有機溶剤のような臭いがしていた。時々焦げるような臭いも幽かに。晩になって、膝にかけた毛布の下に置いていた電気あんかを取り出してみると、ボンッ!とという音とともに火花が飛ぶ。電源ケーブルの被覆が一瞬燃えたけどすぐに鎮火。危ない危ない。膝の上で発火してたら服に燃え移っていたかも。ケーブルが中でよれてショートしたっぽい。

Cimi6316b_tna  もうなくていいかも。と思いつつ、あと一週間くらいは欲しいかも。と、電器屋巡り。どの電器屋も暖房器具売り場はエアコン売り場に化けている。辛うじて、「暖房器具売り尽くしコーナー」を見つけて寄って見ると、加湿器だのネックウオーマー(電気マフラー?)だのしかない。こんなに顕著に売り場って変わるのか。

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

椅子だらけの本願寺

 親鸞聖人の750回忌で東西両本願寺と知恩院では大法要が始まっている。東本願寺は震災の影響で日程が変更されたりはしているようだが。用事のついでに花見がてら東西両本願寺におまいり。...したのは昨日。

○西本願寺
Cimi6050b_tna Cimi6052b_tna Cimi6051b_tna  こちらの法要の名称は看板によると「親鸞聖人750回大遠忌法要」。伽藍の大修理が終わってすっきり。カウントダウンカレンダーが御影堂門の脇に掲げてある。Cimi6020_stitchb_tna Cimi6012_stitchb_tna こちらのイベントは来週かららしい。
Cimi6027b_tna Cimi6028b_tna Cimi6022b_tna  境内にはいると左から御影堂(ごえいどう)と阿弥陀堂が並ぶ。法要は御影堂で行われるようで、御影堂の前には人工地盤を設けて特設の入り口が造ってある。中にには椅子がびっしり。余りにも広いのであちこちにモニタを置いて映像中継するらしい。Cimi6043b_tna Cimi6040b_tna椅子に管理番号が振ってあると言うことは指定席制なのだろうか? 野球場かコンサート会場のようだ。
 大騒ぎの(?)御影堂に対して阿弥陀堂は座敷のまま落ち着いた雰囲気。何だか別世界のよう。
Cimi6058b_tna
Cimi6057b_tna Cimi6000b_tna  御影堂だけじゃなく、御影堂門前の堀川通の堀の一部にも蓋をして人工地盤を造っている。東本願寺と違って門前にロータリー的なスペースがないので、堀川通の歩道を削ってバスの停車スペースにしたために、その分を補うつもりのようだ。それはいいのだが、堀に架かる石橋の欄干がぶっ壊されているのがあんまりっぽい。Cimi6083c_tna Cimi5974b_tna あとでちゃんと戻すんだろうな。
 周辺道路も影響を免れないようで、交通規制の看板があちこちに。この期間は近寄るのが怖そう。

○東本願寺
Cimi6136b_tna Cimi5875b_tna  こちらの法要の名称は看板によると「宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要」。御影堂の修理は終わったが、阿弥陀堂の修理が終わらないまま。こちらの配置は左が阿弥陀堂で右が御影堂。西本願寺と逆。
Cimi6135b_tna Cimi6131b_tna  こちらも御影堂の周りには人工地盤を造って椅子がびっしり。椅子に管理番号が貼ってあるのも同じ。こっちの方が見やすいな。阿弥陀堂が座敷のままでゆったりしているのも同じ。残念乍らこちらは堂内撮影禁止なので、堂外の部分だけ写して帰還。

| | コメント (0)

2011年4月 2日 (土)

きょうの桜(新町通、(西)本願寺聞法会館前、植柳小学校跡、東本願寺、修徳公園)

 昼間は冬の格好で歩いていると汗ばむくらいだったのに、夕方近くなると日が陰り、風も出てきてひんやりしてきた。うかうかしていてちょっと風邪気味。それとも檜花粉のせいか? 昨日今日の陽気で桜もだいぶ咲き進んだっぽい。

○新町通
Cimi5969b_tna Cimi5967b_tna Cimi5966b_tna  民家のガレージで咲く桜。辺り一帯でいの一番に咲き始める。のを失念していた。今日、通りかかってみるとほぼ散り終わり。辛うじて数輪残っているだけ。

○(西)本願寺聞法会館
Cimi5989b_tna Cimi5987b_tna  西本願寺に寄り道しようと堀川通に出ると、西本願寺の北方の歩道で桜が咲いている。ふらふらと引き寄せられて花見。満開一歩手前。今まで見た中では一番。歩道の一部がごく小さな庭のようになっていて桜や椿や植え込みが植わっている。家族連れが記念撮影をしていたりして、長閑な一角。

○植柳小学校跡
Cimi6089b_tna Cimi6088b_tna  統合されて去年廃校になった学校。桜の木はそんなことを知ってか知らずか、今年も花を咲かせている。校庭の北西の木は二分咲きくらいだろうか。今年も入学式が行われていたらちょうどその頃に満開になっているかも。

○東本願寺前
Cimi6121b_tna Cimi6124b_tna Cimi6111b_tna  一昨日と比べると、開花している木が増えている。見頃はまだまだだけど。遠目にも枯れ木がピンク色に染まり始めた感じ。

○修徳公園
Cimi6158c_tna Cimi6156b_tna Cimi6155b_tna  北東側の木はまだつぼみ堅しだけど、南西の木は三分咲きくらいかな。ここも元小学校だったはず。近所の子供達の遊び場になっているから、桜の木が変わらず見守っているのか。

| | コメント (2)

2011年4月 1日 (金)

きょうのきょう(地デジカ襲来)

Cimi5880b_tna  我が家もついに地デジ化。4月以降も京都住まいが続く事がようやくはっきりしたし、エコポイントも3月末で終わるというので、昨日近所の電器屋に出かけて購入。32"の液晶TV+BD&HDDレコーダが、10年前に13"の液晶TV+VHSレコーダを買った値段より遙かに安くなってる。隔世の感。

Cimi5963c_tna  13"から32"に置き換わると極端にでかくなったような印象。重さも、片手でひょいっと持ち上げられたのが、ずいぶん重くなった。同じ液晶なのに、ブラウン管時代に逆戻りしたみたい。エコポイントのために古いTVは入れ違いに回収されていった。ちょっとドナドナ。新旧TVの画像を重ねて比べてみると畳と座布団ぐらいの違いはありそう。(おおげさ?)
Cimi5902c_tna  レコーダはHDD内蔵なので、メディアの交換を気にしないで済む。けど、停電やいきなりコンセントを抜いたりするのが怖い。UPSでもつなごうかと思ったが、連動したシャットダウンができないので断念。便利は便利だけど、脆弱なんじゃ? 何年かでハード的に逝かれたり、時々fsckやったりしている経験からするとちょっと心配。

 地デジはとっても綺麗で確かに一度見ると地アナには逆戻りできない。麻薬のようだ。けど、綺麗な風景なら兎も角、ビジュアル系ではない人の顔の毛穴や皺をあんなにくっきりはっきりでっかく見たくは無いなぁ。特に飯時は。肉眼で対面してもあんなにはっきりは見えないと思うぞ。
 機能満載、というより機能は昔から変わらないけど、枝葉がいっぱい付いているようで面倒。いつも使うパターンを決めてしまえば気にならなくなるかな。

 地デジ化は居間だけ。マシン室はまだアナログのままだ。どーする?

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »