« 信号機の収納方法 | トップページ | イカナゴの漁法(混ざる漁法?) »

2011年3月21日 (月)

自作ずんだ餅(メモ)

Cimi5667b_tna  何故か妙にずんだ餅を食べたくなった。初めて食べたのは東北旅行の時だったような。大豆というか枝豆の青い香りが口いっぱい広がっていっぺんに好きになった。たまに物産展で見かけることはあったが、なかなかありつけない。検索してみると簡単に自作できるそうなので、やってみた。

【材料】
●餡用
○枝豆:200g
 冷凍のもの。塩茹で済のものになるかと。
 ゆがいて豆だけ取り出すと大凡半分の重さになる。
○砂糖:大さじ1.5
 好みで増減させる。
○食塩:若干
 枝豆が冷凍塩茹ででなかった場合、餡に加える。
●だんご用
○だんご粉:100g
 餅系ならなんでもよい。既成の餅があるならそれでいいのかも。
 だんご粉なので正確にはずんだだんご、なのかも。
○砂糖:若干
 好みで増減させる。
○水:128ml
 ぬるま湯。

【手順】
①枝豆を茹でる
 茹でる。
 なるべく柔らかくなるまで茹でた方が後行程ですりつぶしやすい。
②皮を剥く
 茹で上がった枝豆が冷めたら、鞘から取りだし、薄皮を剥く。
③すりつぶす
 すり鉢で豆をすりつぶす。
 すり潰すと言うより叩き潰す感じ。
 多少粒が残っている方が食感が良いが、お好みで。
④砂糖を加える
 豆が潰れたら砂糖大さじ1.5を加えてよく混ぜる。
 枝豆が塩茹ででなかった場合、食塩を隠し味として加える。
 これで餡は完成。
⑤だんご粉をこねる
 だんご粉100gとぬるま湯128ml、砂糖若干量を混ぜてよくこねる。
 水は少しずつ加えながらこねて、均一に耳たぶ程度の柔らかさにする。
 適当な大きさに分けて丸めておく。
⑥だんごを茹でる
 鍋一杯の水を沸騰させ、⑤のだんごを投入する。
 一旦沈むが数分で浮き上がってくるので、浮き上がってから2分程度茹で続ける。
 茹で上がったら取り出して冷ましておく。
⑦餡を載せる
 ⑥のだんごに④の団子を載せる。

 上記のレシピだと餅の部分はだんごになるので正確にはずんだだんごになる。餅の部分(⑤,⑥)は市販の餅でもよいかと。だんご粉に混ぜる砂糖の量は未検証。(今回は入れ忘れた。)
 ④の砂糖を多くすると甘くてお菓子度が高くなるが、少な目の方が枝豆の風味が生きると思われる。今回は冷凍塩茹で枝豆を使ったので食塩は加えていない。

 豆をすりつぶすのが難儀だった。使ったすり鉢が小さかったせいかなかなか潰れない。ポテトサラダ用のマッシャーも使ってみたが、芋のように簡単には潰れない。茹で時間を長くすると柔らかくなるのだろうか?茹ですぎると風味が失われそうな気もするが。

【参考】
 ・大好き和スイーツ♪ずんだもち
  元ネタです。

|

« 信号機の収納方法 | トップページ | イカナゴの漁法(混ざる漁法?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信号機の収納方法 | トップページ | イカナゴの漁法(混ざる漁法?) »