« 春夏冬中 | トップページ | きょうの清水寺(木枯らし二号?) »

2010年10月26日 (火)

きょうのきょう(木枯らし1号)

 朝から晴れたり曇ったり、概ね晴れみたいなはっきりしない天気。昨日までの雨で空気が澄んで、五条通からは東山と清水寺がくっきり見える。と、時折霧雨が降ってくる。めまぐるしいはっきりしないお天気。
 小田原町通では北風が、五条通では西風が強かった。北西の季節風が碁盤目の町並みで方角を二値化(?)されているようだ。木枯らし1号だそうで。やけに早いような気もするが、昨年より7日早いだけ。来週はもう11月なんだな。

Cimh9914b_tna Cimh9919c_tna  先日買った作務衣が具合良いので出町柳商店街あげいん。ついでに満寿形屋で「松茸と鯖寿司うどんセット」を賞味。鯖街道終点の鯖寿司は格別ですな。名前からして松茸は別途出てくるのかと思ったら、松茸地鶏うどんでした。Cimh9922b_tna Cimh9921b_tna ややとろみがかったおついが木枯らしで冷えた体を暖めてくれた。今期唯一の松茸になりそうな予感。
 商店街の時計屋さんの時計は吹き出しでしゃべっている。KERO CLOCKなんてのはちょっと魅力。商店街そばの交差点には三角錐のコーンが。これがホントの三角コーン。

Cimh9925b_tna Cimh9923b_tna  帰りには大丸京都店の北海道市で三方六とジャガイモを調達。ジャガイモ売り場のおじさんと暫し歓談。最近のジャガイモはγ線を当ててないので芽が出る。保管中に芽が出てきたら、芽だけもげばよい。食べる時に深くえぐり取ればok。インカ系のジャガイモは生命力が強くて芽が良く出て育つ。ジャガイモは越冬すると甘さが増す。芽を時々もいでやると尚更甘くなる。切ってみて星形に茶色くなっていたら、害はないが食感(?)が悪いのでそこだけ削るとよい。林檎みたいに蜜が入ってるわけじゃない。新種には「マチルダ」とか「シンシア」とか女性名を付けたがる。などなど。シンシアだからといって南沙織が関係していたわけじゃない。マチルダはフィリピン元大統領婦人かと思ったら、それはイメルダ。マチルダはアレックスヘイリーの先祖、クンタキンテの孫のチキンジョージの嫁だった。
 おせち料理の予約も順調に受け付けているようで、今年のチャンピオンは美濃吉か?

Cimh9926b_tna コトチカの成城石井に恐る恐る入ってみると、中はスーパーと言うより明治屋やソニプラ、ジュピターのノリ。エスニックを仕入れて帰還。ブランドドーナツ屋の待ち時間は15分と短縮されていた。それでも待ち行列は数十㍍の永きに亘る。

|

« 春夏冬中 | トップページ | きょうの清水寺(木枯らし二号?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春夏冬中 | トップページ | きょうの清水寺(木枯らし二号?) »