« 円山応挙宅址(応挙地蔵尊) | トップページ | きょうのきょう(コネクタもげた) »

2010年9月 3日 (金)

WindowsXPのショートカットで起動するプログラムの優先度を予め指定してしておく方法(メモ)。

 起動中のプロセスの優先度はタスクマネージャの右クリックメニューから変更できる。これを起動後にいちいちせずに済ます方法。こうやったらうまくいったと言うだけで、網羅した情報ではない。

 ショートカットのプロパティの「ショートカット」タブで「リンク先(T):」を次のように指定する。

 C:\WINDOWS\system32\cmd.exe /c start /優先度 プログラムのフルパス

  • 優先度は、「high」「low」など。(その他の指定は不明)。
  • プログラムのフルパスに特殊文字(空白も?)を含む場合は、ショートネーム(8.3形式)で指定する。
    ロングネームを引用符で囲む方法ではダメだった。
    ×:"C:\Program Files\NewSoft\Presto! PVR\HPVR.exe"
    ○:C:\PROGRA~1\NewSoft\PRESTO~1\HPVR.exe

 ショートカットをWクリックすると一瞬コマンドプロンプトウインドウが開くがすぐ閉じて目的のプログラムが立ち上がる。コマンドプロンプトウインドウが目障りなら、「ショートカット」タブの「実行時の大きさ(R):」を「最小化」にするとよい。

 参考:基本優先度を変更するLostTechnology

|

« 円山応挙宅址(応挙地蔵尊) | トップページ | きょうのきょう(コネクタもげた) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円山応挙宅址(応挙地蔵尊) | トップページ | きょうのきょう(コネクタもげた) »