« きょうの祇園祭(鉾建て二日目) | トップページ | 茅の輪ストラップ(山伏山) »

2010年7月12日 (月)

きょうの祇園祭(曳き初め初日・鉾建て三日目)

Cimh6740b_tna  午前中土砂降りと本降りの間を行ったり来たりするようなお天気で一時はどうなる事かと思ったんだが、昼過ぎには雨も上がりどんよりした曇り空に。曳き初めの最中は時折雨がぱらついた程度で、びしょぬれになる事もなく、最後の長刀鉾が折り返す頃には陽も差してきた。暑すぎず、まずまずの曳き初め日和な感じ。

Cimh6647b_tnaCimh6651b_tnaCimh6639b_tna ○鉾建て三日目
 先に建て始めた超大型鉾は今日の曳き初め目指して最後の仕上げ。午前中の雨で作業が遅れているところもあるようで、昼過ぎギリギリまで作業が続いている。昨日始めた大型中型の山鉾も真松が建ちそれらしいスケルトン姿に。こちらの曳き初めは明日。

○曳き初め初日
Cimh6709b_tna Cimh6702b_tna Cimh6664b_tna  函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾、長刀鉾は今日が曳き初め。この順に概ね町内を往復するのだが、鶏鉾の準備が遅れて菊水鉾、月鉾に先を越された。鶏鉾は町内の女子大の女学生が浴衣姿で曳くので人気の鉾だ。「鉾の辻」とも呼ばれる四条室町交差点は、鉾がやってくるたびに交通規制を敷いて、警官もてんやわんや。

○信号マン
Cimh6734b_tna Cimh6730b_tna  長刀鉾の曳き初めで忘れてはならないのが信号マンの存在。四条通商店街のアーケードに取り付けられた信号機を、鉾の進行を妨げないようにくるりと曲げる。通り過ぎるとスパッと戻す。とっても大事な役割。動かすのは人手、ロープで引っ張って収納し、Cimh6729b_tna戻す時は手で押す。とってもハイタッチ。ローテクで信頼性は抜群。収納した後、信号機の反射板を裏返して電球を外して消灯するところなんぞは芸が細かいです。鉾の上の稚児舞以上に見物かも。

○駒形提灯
Cimh6743b_tna  曳き初めが終わった鉾は勝手に動き出さないように囲いをして、前後に駒形提灯を飾る。これで宵々々山から宵山までの準備が整う。明日からはちまきの授与を本格的に始めて一般搭乗も始まる。夜になると提灯の明かりが映える。んだが、晩ご飯の支度をするので早々に撤退。
 小型の山鉾はまだまだ建て始めてもいないんだけどね。

|

« きょうの祇園祭(鉾建て二日目) | トップページ | 茅の輪ストラップ(山伏山) »

コメント

いつも情報に感謝です。ときどきそうだったと思い出す。いつか一度参加してみたいけどお休みに重なると競争率が大変そうですね。お囃子の音だけ聞こえてきました。天気予報がはずれて良かったですね。

投稿: おとぼけ | 2010年7月13日 (火) 00時51分

 日付が決まっていて毎年曜日が変わるというのが分かりにくいのかも。祭日って大抵そうですけど、お祭りは公休日になる訳じゃないし。
 バスや自動車が普通に走り、窓から見えるオフィスには普段どおり人がいる。そんな中で繰り広げられるお祭りは異世界感満点ですね。通り過ぎる車のドライバーが脇見をしていたり、バスの乗客が慌ててカメラを構えている姿が、二つの世界を繋いでいるみたいです。

投稿: ichi | 2010年7月13日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの祇園祭(鉾建て二日目) | トップページ | 茅の輪ストラップ(山伏山) »