« 粽ストラップ2010(浄妙山、菊水鉾) | トップページ | 新町通袋小路西入 »

2010年7月19日 (月)

きょうの祇園祭(きょうじゃないけど)

 山鉾も消えて、夏の陽射しにじりじり焼かれるきょうの街。心なしか落ち着きを取り戻したようで、夢の後の虚脱感が漂う。...っていうか、暑くてけだるいだけかも。
 宵山期間中に見かけたもの。

○山伏山の茅輪くぐり
Cimh6911b_tna Cimh6914c_tna  素戔嗚尊が蘇民将来に「茅輪を腰に付けておくといい事があるよ」と言ったのが粽(厄除け粽)の起こりだとか。丸い輪っかが三角形の粽になった経緯はなんだろう? その点で茅輪くぐりの方が由緒に近そう。それでも、腰に付ける輪っかが人がくぐれるくらいにまで巨大化した経緯が謎だ。
 ともかく山伏山の町会所でくぐれるというのでくぐらせて頂きました。授与して頂いた茅の輪ストラップも腰に下げた時計に取り付けております。以来おかげで、俄雨に降られずに過ごしております。

○蟷螂山のからくりおみくじ
Cimh6962b_tna  蟷螂山名物カマキリのからくりおみくじは今年も健在。
 手元のハンドルを回す力が動力源。勢いよくまわさないとせっかく引いたおみくじをカマキリ君が取り落としてしまうので要注意。鉾の上のからくりカマキリ君と並んで必見。おみくじ君はじっくり見られるけれど、鉾の上のカマキリ君は、戻り鉾の時にはあんまり動いてくれないのが残念。

Cimh7027c_tna ○八幡山の鳩土鈴
 八幡山は何故か石清水八幡宮を祀っている。同業他社? 八幡宮のシンボルのつがいの鳩が山に乗る。なので、鳩が鈴になっている。

○きょうのケバブ
Cimh7148c_tna  由緒とか伝統とかとは別にお祭りと言えば屋台。いろんな店が並ぶ。実際に買わなくても冷やかしているだけで楽しい。概ね毎年同じ店が同じ場所に開店するようで、お目当ての店というのも出来てくる。ケバブのお店もその一つ。毎年、と言うのとは別に年一軒ずつくらい増殖しているようなのは気のせい? 店の人は日本人もいれば外国(トルコ?)の人もいる。Cimh7058c_tna開店には鑑札がいるようで、店の中に貼ってある。
 このケバブ屋さんの氏名欄は...「外人」?!
 日本人が出している店の氏名欄が「日本人」だったかどうかは未確認。

|

« 粽ストラップ2010(浄妙山、菊水鉾) | トップページ | 新町通袋小路西入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粽ストラップ2010(浄妙山、菊水鉾) | トップページ | 新町通袋小路西入 »