« きょうのきょう(ダウン) | トップページ | きょうのきょう(LinkStation365日) »

2009年12月 3日 (木)

Google日本語入力βでユーザ辞書が使えない件(メモ)

Googleime1b_tna  Webでウオッチをみていると、GoogleがフリーのFEP(死語?)を出したという。β版だけど。GoogleやYahoo!のツールは個人情報漏洩系っぽいので使わないようにしているし、私のFEPはAtoKなので、常用する気はないが、お試し。環境を壊されても困るので仮想PC上のXPにインストール。
Googleime2b_tna  キー設定にAtoKがあるので殆ど違和感なく使える。重くはない。かといってMS-IMEに対するアドバンテージもないので、Windowsで使うメリットがあるのかどうか。Linuxで使えるなら標準携行SWに指定できそうなんだが、今のところ未対応なのが惜しい。

Googleime3b_tna  ユーザ辞書も定義できて、ユティリティでAtoKから登録単語も移せた。のだが、変換候補に現れず。シークレットモードはオフになっているし、謎。ログインし直しても、再起動しても変わらず。検索してもそういう不具合情報はないようなのでこのPC固有の問題かな? あとで7RCにもインストールしてみようか?

<追記>
 ユーザ辞書に登録した単語が変換候補に現れないのは、登録単語の品詞に問題があったからと判明。AtoKで辞書をテキスト出力すると、品詞に続いて「単語種類」が書かれる。登録単語の場合、文字「*」が品詞の直後に続くので、これをGoogle日本語入力の辞書に登録すると、品詞として「名詞*」などで登録されてしまう。辞書の側で想定していない品詞のようで、この場合はそのまま登録されるが変換には使われないと言うことらしい。
 対処としては、登録後に辞書ツールで品詞を適正なものに書き換えるか、移行に使う(AtoKの)辞書のダンプファイルから末尾の「*」を事前に削除してから辞書登録するとよい。

|

« きょうのきょう(ダウン) | トップページ | きょうのきょう(LinkStation365日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(ダウン) | トップページ | きょうのきょう(LinkStation365日) »