« VAIO U3のCF化手順(メモ) | トップページ | Eee PC 901-16G 2GB化手順(メモ) »

2009年10月15日 (木)

Eee PC 901-16G設定の肝(メモ)

Cimh0196c_tna  Eee PC 901-16Gの初期設定の際に困った点などを記録しておく。

○無線LAN
 無線LANは設定するだけで、APと接続可能。だが、APがステルス(ANY拒否)モードの場合接続する事が出来ない。
 購入時にインストールされていた無線LANドライバ(1.2.0.0)に不具合があるらしい。
 1.2.1.0以降のドライバをインストールし直すと解消すると言う情報がある。ASUSのダウンロードページには1.2.0.0しかない。部品メーカーのRALINKのサイトには最新版(PCI/mPCI/CB(RT2860/RT2760/RT2890/RT2790/RT306X/RT309X/RT35X2))がある。検索してヒットするWebによっては古いURLが書かれているので要注意。
 残念乍ら作業した時点では古いURLしか見つからなかったので、BUFFALOのクライアントマネージャ3(Ver.2.0.4)をインストールして使用した。これでステルスAPに接続できるようになった。
 その後、無線LANドライバを1.4.7.0にバージョンアップしても正常に稼動している。BUFFALOのクライアントマネージャ3なしでも接続できるかどうかは未確認。

○AcronisTrueImage
Cimh0213b_tna  完全版だとNIC(有線、無線とも)を認識しない。
 標準添付のUSBマウスを装着していると完全版は起動しない。
 セーフ版でUSB外付けHDDを認識するので、そこにバックアップした。

Cimh0210b_tnaCimh0209b_tna○BIOS等
 ASUSのダウンロードページにBIOSやドライバの最新版(一部は最新じゃないのかも?)が載っているので適宜インストールする。

○その他
 購入時には、仮想メモリも休止状態(ハイバネーション)も使わない設定になっている。SSD特有の運用なのか、単にCドライブの容量が少ないので節約しているだけなのかは不明。Windowsの起動が早く、他のマシンの休止状態からの復帰と大して変わらないので、時間的にはこれで良いのかもしれない。作業を中止せざるを得ないのが困る場合は、スタンバイ(サスペンド)を使えと言う事だろうか? バッテリの持ちも良いようだがやはり不安。休止状態を有効にするかどうかは検討中。
 仮想メモリは主記憶を上限の2GBに増設すればネットブックの範囲での利用なら支障なさそうではある。大抵の処理は問題ないが、PhotoshopLEは仮想メモリを有効にしていないと起動しない。これもどう運用するか検討中。

○さらに...
 主記憶の一部をRAMディスクにする。
 システムのTEMP、TMPをRAMディスクに逃がす。
 アプリのキャッシュ等作業域もRAMディスクに逃がす。
 ...というtipsもあるらしい。どーする?

|

« VAIO U3のCF化手順(メモ) | トップページ | Eee PC 901-16G 2GB化手順(メモ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VAIO U3のCF化手順(メモ) | トップページ | Eee PC 901-16G 2GB化手順(メモ) »