« 沙羅双樹(鹿王院) | トップページ | 道の穴 »

2009年6月19日 (金)

臓器提供意思表示カード

 死の定義が変わる可能性が出てきたらしい。一部の病気の患者の治療の為に全国民の死生観を変更してしまうのは如何なものかと思うのだが、医療技術の進歩はそんな事はおかまいなしのようだ。

Zokirecyclecarda  私に関して言えば、年齢は15歳を超えているし、脳死どころか安楽死・尊厳死を認めて欲しいと思っているので、影響はない。影響があるのは、臓器摘出の意思表示だ。今は、積極的に提供の意思を表示していなければ、臓器を摘出されることはない。しかし、かの法案が成立した暁には、意思表示していない人は臓器摘出に同意しているとみなされてしまう。実際に摘出されるには「家族」(遺族?)の同意が必要ではあるが。これは180度の転換だ。まるで後出しじゃんけんみたいに思える。
Zokirecyclecardb  私は今のところ、臓器提供の意志はない。私が死を迎えるとしたら、自殺でもない限り肉体が「もう辞めさせて」と言いだしたと言う事だから、素直に従いたいと思うし、肉体にも安からに自然に返してやりたいと思う。それが永年私を支えてくれた肉体に対するせめてもの思いやりだ。土は土に、灰は灰にである。
 従って、今は臓器提供意思表示カードは携行していない。今のところ、これで死後臓器がリサイクルに回される恐れはない。だが、法案が成立すると、このままだと私の意志に関係なく臓器を使い回される危険があるわけだ。もちろん、私の意志以外の諸条件が整えばであるが。「現状維持」の為には臓器提供意思表示カードに「提供しない」旨の記述をして携行する必要がある。将来、気が変わって提供したいと思うようになったら、カードを破棄すればよい。
 法案が成立した時点で、この点を政府はきちんと周知徹底してくれるのだろうか?

 移植医療自体、人工臓器や再生医療が実用化されるまでのつなぎの暫定的な治療方法だろう。他人の死体を再利用するというのは、アンデスの凄惨にも似た野蛮とも言える行為だ。それでも許されてきたのは、他に治療方法が無く、どんな事をしても生き延びたいという患者の意志を世間が認め尊重してきたからだ。今、医療がなすべきなのは移植医療の環境整備や技術開発ではなく、他人の臓器に頼らない再生医療の実用化なのではないのか?
 それとも、ソイレントグリーンのような人体完全リサイクル社会を目指すというのか?

<追記>
 気が早いけど、臓器提供意思表示カードを手に入れようとお買い物のついでに探してみました。近所のコンビニ8軒(いっぱいあるな)、7/11、サークルKサンクス、ファミマ、ローソン、いずれも全滅。四条駅の京都市証明書発行コーナーも×。少なくともレジカウンタやコピー機、CD周りには置いてない。ささっと見ただけなので見落としたのだろうか? 保健所か区役所に行かないとダメか。郵便局は未調査だな。オンラインでも登録できるそうだし、DLもできはするのだが、IT化されてない人はどうするのだろう? こんな状態で「意思表示してないから承諾でしょ」と言うのだとしたら、殆ど詐欺というかだまし討ちだな。

|

« 沙羅双樹(鹿王院) | トップページ | 道の穴 »

コメント

実際に臓器提供してもいいよべつにとカードに署名してた者の死に直面した者から言わせてもらうと、いや、それ(提供のための解剖)は無理っす、が答えですな。
残された側は本人が亡くなっただけでも、いっぱいいっぱいなのに、そういうことに協力するような気力は生まれませんでした。
一応本人にそういう意志があることは知ってたけど、現実に本人の死体を目の前にして考えてみると理屈じゃなく「それは不自然な行為だ」という気持ちになりました。

今回の法律は、そういう残された側のことをどこまで考えてるか疑問。本人の遺体前に臓器提供を決断出来る遺族は果たしてどれくらいいるのでしょうか。で、これからはほとんどの人がそういう決断を(遺体が傷まないうちに)迫られることになるの?おかしいよね。

投稿: じん@西武新宿線 | 2009年6月19日 (金) 16時00分

 その苦痛は想像を絶するなぁ。レシピエントには優しくても、殆どの国民(ドナー候補遺族)にはとっても酷な法案なんですね。
 この法案に違和感を感じるのは、まさに『それは不自然な行為だ』という点だと思います。デフォルト設定が変更されて、今までは「普通は提供しない」という常識だったのが、これからは「ふつー提供するもんでしょ」と迫られるわけで、とてもじゃないけどついていけない。大多数の国民が提供を自然な事だと思うようになってから施行すべきでしょうね。

投稿: ichi | 2009年6月19日 (金) 18時45分

A案になるとは思っても見なかったのですが、提供しないも意思表示カードに。
それぞれの立場になると考えが変わるだろうとニュースをみてます。脳死から奇跡の生還とドラマのようなことはないのですか。脳死回復も検索してみました。

投稿: おとぼけ | 2009年6月20日 (土) 00時09分

 私もA案にだけはならないだろうと思っていました。ニュースを見てもうびっくり。

 脳死の問題と臓器提供の問題、二つの問題が絡んでいるのでややこしいです。脳死からの回復より、移植されて生き延びる可能性のほうが大きいのでしょう。臓器の利用効率からいうと、脳死者に取り付けておくより、移植したほうが有効利用できるということのようです。
 対象が機械部品ならそれでスッキリ割り切れるのですが。そんな考え方をしていいものかどうか、人の倫としては...。

投稿: ichi | 2009年6月20日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沙羅双樹(鹿王院) | トップページ | 道の穴 »