« Windows7RCする? | トップページ | きょうの閉店(五条西洞院) »

2009年5月18日 (月)

きょうのきょう(マスクする?)

 爽やかな晴れ。陽射しはきつめだけど、そのぶん風が心地よい。沖縄は梅雨入りだって。

F1062627a_tna  神戸を出発した東海道線上り新型インフルエンザ号は茨木駅で停車中。実はこっそり上洛済なのかもねぇ。今のところ、罹っても軽症で済むようだし、心配しすぎる事はないらしい。むしろ、後から罹ると入院もできず薬も足りなくなってちゃんと治療してもらえない可能性もあるようで。強毒化する可能性もあるようだし、どーする?

F1062628a_tna  そろそろマスクのつけどきだろうか。昼間に街行く人のマスク着用率は1割以下っぽい。夕方になって通勤パーソンが現れると着用率が上がる。というか、マスクしているのは通勤パーソンが殆ど。観光客なフォーリナーのマスク姿は皆無。
 お買い物のついでに薬局を覗いてみると、F1062629a_tna軒並みマスクは完売&入荷未定。消毒薬も使いやすいものは売り切れ。消毒用石鹸とか消毒用エタノールの原液 (?)とか過酸化水素水が残っている程度。とりあえず、一箱あるからいいんだけど、流行が長引くようなら使い果たしそうだし、もう一箱あった方が安心、と気付くのが遅かったようだ。

 マスクでどの程度感染が防げるのか?マスクは罹らない為と言うより遷さない為のもので、保菌者がするから意味があるのであって、健常者が付けても意味がないという話もある。まぁ、1%でも 10%でも罹患の可能性が低減できるのなら付けて損はないようにも思うが。どっちにしろ気は心的なものなんだろう。一度使ったマスクにウイルスが付着しているかもしれないから使い捨てにしろと言うなら、上着やズボンも使い捨てにしないと。手洗いうがい顔洗いは当然としても、考え出すとキリがない。ネットのセキュリティと同じ。どこまで対策すれば安全か、ではなく、どこまで対策していたら万一の際に諦めがつくか、がポイントね。

|

« Windows7RCする? | トップページ | きょうの閉店(五条西洞院) »

コメント

年間1万人くらいインフルエンザにかかっていることを考えると、いまんとこは別になんもしなくていいんじゃないかという気もするけど・・・
このまま感染拡大して、同時期になんじゅうまんにんとか罹患することになると、世の中の動きがニブくなるだろから感染広がらない様に個人が注意しなきゃとも思う。
季節性インフルエンザと同じ程度の症状だとしても、1週間くらいは仕事休んだりするしね。

マスク、飛散防止とか、飛散防止してない罹患者からの直接攻撃(笑)防止にはそれなりの効果あるのは感覚としてわかるけど
吸入時のフィルター的効果はどこまであるんだか、と、マスク装着してて思う。呼気の何%がマスクを通過してんのかなぁ?

投稿: じんじんさん | 2009年5月19日 (火) 18時56分

 元々が健康だったら、罹っても薬飲んで寝るか、そのまま安静にしていれば自力の免疫でなんとかなる程度みたいだね。罹ったら苦しいだろうけど、極端に恐れる事はないとは思う。私的には、世間が騒がしいので、どこまで心配すればいいのか判断しかねてる感じだなぁ。
 今の時点でも出控えとかで地域的には社会的な影響が出始めてるっぽい。ウイルスの情報戦術(?)にしてやられているような。勝手にヒトの側が慌てふためいているだけか。(^_^;)

 安物のマスクでも99%阻止とか書いてあるけど、ホコリはかなり阻止できてもウイルスがいるような細かい飛沫の阻止率はもっと低いと聞くし。ウイルスをある程度の数吸い込まないと罹患しないというから、その数以下まで低減できれば効果はあるといえるのかな。飛散防止も咳の風圧で脇から漏れるらしいからこっちの阻止率も余り高くないのかも。

 あとは、相手に対する配慮の意志表示。職場やお店ではこの意味が大きいんじゃ? それと、保菌している(かもしれない)のに飛散防止策を講じていない人に対する「対策しろ!」という威圧効果かな?(^_^;)

投稿: ichi | 2009年5月19日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows7RCする? | トップページ | きょうの閉店(五条西洞院) »