« きょうの桜(清水寺) | トップページ | 黄金の銀閣寺? »

2009年4月 6日 (月)

地主神社

Cimg5349b_tnaCimg5345b_tna 「じぬしじんじゃ」ではなく「じしゅじんじゃ」。清水寺の本堂(舞台)の裏手の丘の上にある。前から存在は知っていたけれど、縁結びとかで俗っぽそうなので敬遠してた。一度は覗いてみようかなと。

Cimg5352b_tnaCimg5360b_tna 石段を登るといきなり「恋占いの石」と言うのが現れる。丸っこくてはちまきをしていて、あたろうかウメボシオヤジのようだ。狭い通路ほどの境内の奥にも同じような石がある。手前の石から奥の石まで目をつぶって歩いてたどり着けたら、恋が叶う、という趣向らしい。スイカ割りみたいなもんか。画像では、奥右手の赤いシャツにGパンの女性がトライしているんだが、だいぶ右にそれているようで。前途多難?

Cimg5364b_tnaCimg5363b_tnaCimg5361b_tna 大国主命を祀っているとかで、由緒は奈良時代に遡る。清水寺よりこちらの方が古い。一見、こちらが間借りしているようだが、軒を貸して母屋を取られた感があるのかも。大国主命と言えば因幡の白ウサギ。というわけで、境内にもうさぎさんが。

|

« きょうの桜(清水寺) | トップページ | 黄金の銀閣寺? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの桜(清水寺) | トップページ | 黄金の銀閣寺? »