« きょうのきょう(選挙戦終了) | トップページ | きょうのライトアップ(清水寺) »

2009年3月28日 (土)

GoogleApps(まずはお試し)

 今使っているiijのメアドの期限があと1年に迫ってきたので移行先を物色中。素直に後継のjjimioのアドレスを使うか、自前のドメイン+レンタルサーバにするか。iijmioはお仕着せのドメインになるし融通は利かないけれど、安定性は問題なさげ。独自ドメイン+レンタルサーバならメアドは自由に造る事ができるけれど、安定性は不明。手持ちの独自ドメインもやや決定打に欠けて愛着が持てないし。と逡巡戦国時代。
 とりあえず、あちこちに分散しているドメインのレジストラを一箇所にまとめてみた。レジストラでレンタルサーバもやっているのでそこにメールもWebも集約するか。と考えている時にGoogleAppsなるサービスが目に留まった。というか、前から気になっていた。のでお試し。独自ドメインの下にメールもWebも統合できるらしい。Gmailは捨てアド用にいくつか使っているのでその延長かな。無料サービスは信頼できないのでメインのメアドにはできないけれど。現実逃避の一種か。

○コンセプト
 企業など、複数のユーザが相互に情報を共有する為のもの。
 一つのドメインの下に複数のユーザ(=メアド)を登録できる。50ユーザまで無料。
 個人で利用するならGmailのアカウントでもサイトは開設できるので、メール+Webだけならそれでいいのかも。(他の機能が使えるかどうかは未調査。)

○ドメイン設定
 間違いなく独自ドメインの所有者が登録しようとしている事を確認する為に、DNSにCNAMEレコードを登録させる。Googleから指定されるランダムな名前「googlehogehogefugafuga」みたいなホストを「google.com.」に振り向けさせる。Google側でgooglehogehogefugafuga.example.comを引いてgoogle.comに向いているかを調べるようだ。

○Web(サイト)
Ggatsc_tna WebのURLはドメインのサブドメインに限定される。たとえば「example.com」そのものをURLとすることはできず、「www.example.com」とかにすることになる。Webページもドメイン直下に置く事ができない。「http://www.example.com/」ではなく「http://www.example.com/urya/」とかになるわけだ。
Ggakkc_tna  設置できるページもファイルをULするのではなく、エディタを使ってオンラインで作成する。画像も置けるがcgiは置けないようだ。ココログに近い感じ。容量が100MBなので大したものは置けない。
 編集権限を管理者だけに限るかドメインのユーザ全員に与えるか選択できる。全員に権限を与えればWiKi的に使えそう。
 独自ドメインで開設しても一旦アクセスしたあとはgoogleのURLになってしまうので、独自ドメインはポータルだけであまり意味はない。
 公開先をドメインのユーザに限定するか否かの設定ができる。非公開にして、ドメインにログインせずアクセスするとアクセス権なしの旨表示される。サイトの存在をステルス化できるわけではない。
 サブドメインを使い分けるなどして、ユーザをグループ化してアクセス権を制御するという事もできないようだ。ドメインに属するユーザは管理者とそれ以外という区別しかない。

○メール
 DNSにMXレコードを追加してメールをGoogle(Gmail)のサーバに向けさせる。
 ベースがGmailなので、使い勝手はよくない。悪評高いスレッド表示は解除できないし、自分宛のメールは(見かけ上)届かない。POP受信できるメールも数百通が上限になるので、WebかIMAPでメールを読む必要がある。
 使えるとしたらML(メーリングリスト)だろう。サイト内のユーザやGmailユーザ以外にも外部ユーザを登録できるので、無料MLとしては使えるかも。広告も入らないし。但し、Subject: に固有の文字列を入れたり、通し番号を打ったりはできないようだ。

○カレンダー、チャット、ドキュメント
 設定を見たのみで、実際には試してません。
 ドキュメントはWeb(サイト)と同様にドメイン外部に対する公開・非公開の設定ができる。カレンダーについては空き情報(予定のない時間帯?)のみ公開するか、全て公開するか、外部ユーザにも変更(書込)を許すかという選択肢がある。非公開の設定ができるかどうかは未確認。

 Googleというと、デスクトップやツールバーなどの情報漏洩型のソフトもあり、これらは使わない方がよいだろう。その意味ではサーバにデータをUL するGoogleAppsも同様だし、(類似のサービスで?)問題が起きてはいるようだ。全てのデータを置かざるを得ないローカルPCと違って、サーバに置くデー タは選ぶ事ができるので、大事なデータを置かないというルールを守れば悪くないサービスかも。
 何かのグループで連絡用にML+Web+カレンダー+チャット+ファイル共有を使うといいのかも。一人で試してみてもおもしろくない。誰か試してみる?

|

« きょうのきょう(選挙戦終了) | トップページ | きょうのライトアップ(清水寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(選挙戦終了) | トップページ | きょうのライトアップ(清水寺) »