« きょうのきょう(内と外の間に) | トップページ | きょうのきょう(剪定中) »

2008年10月 3日 (金)

きょうのきょう(腹も肋骨の内)

 昼間歩き回っているとやや汗ばむ陽気が戻ってきた。そのくせ朝晩は寒いくらい。要注意。今週初めの寒波襲来時には、週末はおでんだぁ、と思っていたのだが。

F1061947b_tna  昨日に引き続き通院。昨日は内科、今日は消化器内科。昨日腹部CTを見て指摘のあった要注意点は消化器内科では異常なしとの診断。血液検査の異常値も、問題になる臓器別にまとめてみると概ね正常で臓器の異常を示すとまでは言えないらしい。いろんな切り口があるものだ、外科じゃないのに。ゲリラが来てもベンが居残る場合もあるんだそうな、分かったかルーシー?
 結局内臓に異常はなさそうで原因不明。私が考えていた最悪のケースでもないらしい。そんな中、肋間神神経痛説が急浮上。確かに、異状を感じているのは肋骨のまわり。というか、触ってみると肋骨って脇から後ろにかけては腰骨のすぐ上まで覆っている。これは意外だった。焼灼感はそうだとしても腹の中の異物感が説明できないんですけど。後日胃カメラを飲んでみましょうということで、痛み止めを処方してもらって一旦終了。胃カメラの予約が2週間以上先まで埋まっているというのも医療大国?
 昨日の今日なのに診療科が変わるだけで再診料を取られるのはそういうもんなの?
 院外処方で隣の薬局受け取った薬袋が透明だったのが新鮮。薬のパッケージも5×2錠で1シートではなく、3×7の一週間分で1シート。こういうのは初めて見たかも。

|

« きょうのきょう(内と外の間に) | トップページ | きょうのきょう(剪定中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(内と外の間に) | トップページ | きょうのきょう(剪定中) »