« 山鉾曳き初め | トップページ | 宵々々山 »

2008年7月13日 (日)

きょうも山鉾曳き初め

Picv2904b_tna  昨日に引き続いて、新町通の山鉾が曳き初め。南から、岩戸山、船鉾、放下鉾、南観音山、北観音山。八幡山は舁山なので、曳き初めはなし。昨日の四条通の曳き初めとは違って、一方通行の狭い道路なので完全に交通を遮断して行います。

Picv2902b_tnaPicv2897b_tnaPicv2895b_tna  新町通を南から上がっていくと高辻通りの先に岩戸山が見える。高さ的には建物の3階に相当する高さに囃子方が登ります。町家からボーディングブリッジが出ている山鉾もあるけれど、岩戸山はそういう設備はなし。梯子を登って乗り込む。一般搭乗の時はもうちょっと登りやすい階段がかけられるんだけど、かなり急で怖いです。
Picv2909_tna  囃子方が揃い、曳き手も位置に着くと曳き初め開始、と行きたい所なんだが、5基が順次発進しないと前がつかえる。交通規制の警官ともタイミングを計って、音頭取りが「え~~んや~~ら~~やあ~」を掛け声をかけて発進。毎度ながらスムーズに動き出すのには感心させられます。スムーズと言っても、ギシギシ音を立てながら、時々コテを突っ込んで軌道修正する時はガッコンと大揺れ。Picv2921_tnaPicv2920b_tna構体の柔構造がわかるくらい全体が揺れて変形。真木がゆさゆさ。真木だけ見ていると気持ちよさそう。
 いつも思うのだが、鉾のへりに腰掛けている囃子方や、屋根の上にいる屋根方で転げ落ちた人はいないのだろうか?

 今年は日曜でいつもより人出が多いみたいだし、昨日の函谷鉾でくたびれたので早々に撤退。夜には新町通の山鉾も駒形提灯で飾られ、粽販売所もできあがっている、筈。明日はいよいよ宵々々山。昼には屋台の設営も始まります。

|

« 山鉾曳き初め | トップページ | 宵々々山 »

コメント

函谷鉾が飛び入りしやすいとチェック!来年まで記憶力が自信ないです。
船は遠いので見に行かないけど順行では人気ですね。
結局明日ちょっと見に行くことになりました。

ちまき買わないとを理由にうろうろ、したたりも買いたいのですがなんとなくたどり着かない気がします。

投稿: おとぼけ | 2008年7月13日 (日) 22時13分

 曳き初めでは、行って、帰って(通り過ぎて)、戻る、と3回曳くチャンスがあるので、1回目が予約組(?)に占領されていても2回目3回目は一般開放する鉾もあるようで奥が深いです。(^_^;)

 明日だと屋台はまだまばらかも。でも、屋台がない方が山鉾をじっくり眺められるので好きです。

 したたり、知りませんでした。検索してみたら...きれいですね~。高倉蛸薬師。たどり着けるかな、元気があったら行ってみようかな。

投稿: ichi | 2008年7月13日 (日) 23時40分

屋台も歩行者天国にあわせてしっかり並んでました。
そこは振り向かず長刀のちまきから火の用心のお札目指して霰天神山へ。途中和のイメージの16本の骨の傘をひやかしでみてから菊水鉾に行きたいと新町をあきらめ路地を抜け四条通へ、月を見てからいざ菊水へ。
まだありました!したたり。通念販売になっていたのは全く知りませんでした。
一通だけど空いていたので逆戻りで四条函谷鉾のお囃子を聴いて帰りました。めでたしめでたしでした。

投稿: おとぼけ | 2008年7月14日 (月) 22時39分

 お、堪能されましたか。霰天神山とは通ですね。
 したたりは菊水鉾でも売っているんですかぁ。そっちの方が近くていいや。今日3回ほど前を通ったんですが、気付きませんでした。(^^ゞ

投稿: ichi | 2008年7月14日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山鉾曳き初め | トップページ | 宵々々山 »