« きょうのきょう(夏は絹) | トップページ | 木造鬼神像(北野天満宮) »

2008年7月22日 (火)

きょうのきょう(きょうのうそつきあげいん)

 更に猛暑日36.4℃。私の平熱と同じ。猛暑を避けて夕方にお出かけをずらしたけれど、18時でも33℃と夕涼みとはほど遠い。風があっても生ぬるくて、涼しいと言うより幽霊が出そう。さすが大暑。っつーか、ずっと大暑並み。

F1061554b_tna  夕涼みにならなかったお出かけで立ち寄ったフレスコ五条店では、一袋しか買っていない胡瓜を二袋買ったことにされていた。家に帰り着いてからレシートを見てびっくり。めんどくさいなと思いつつ電話したら、レシートを持ってきたら返金するって。たった100円なんだけどね。不正は不正だからなぁ。レジで申し出ると100円に電話代とかで10円上乗せして返金してくれた。訂正レシートには「返品」って。ちょっと違うんだが、システム的にそうするしかないのかな。
 以前は内容量に嘘があったり、単価に嘘があったり、様々な手口で偽装を計っている。混んだレジ横でレシートの内容を一品一品確認するのは気が引けるし、めんどくさいのだけど、いちいち確認しないとダメかも。以前は家に帰ってもレシートを確認する事もなかったので、牛久や東京、鎌倉はどうだったか分からないけど、京都って特異的にうそつきが多いのか?
 件の胡瓜はバーコード無かったので、釦を押下して登録したはず。うっかり2回押下したのか、チャタリングを起こしたか。悪意はなく、操作が未熟だったのかも。バーコードの商品でも、読みとりに失敗したのか、なんどもリーダに通しているレジ係がいる。半ば冗談で買った個数を水増しされてないかと思ったりするのだが、真剣に心配しないといけないのかもしれない。

|

« きょうのきょう(夏は絹) | トップページ | 木造鬼神像(北野天満宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(夏は絹) | トップページ | 木造鬼神像(北野天満宮) »