« 山鉾解体 | トップページ | 見てみたいもの »

2008年7月19日 (土)

祭が来れば思い出す

 連日炎天下を歩き回って疲れたので三連休は休養かな。今日も猛暑日、20時過ぎても30℃以上あるし。

Picv3140c_tna  祇園祭の山鉾巡行を初めて見たのは学生時代だった。サークルの京都出身の先輩に連れられてやって来たのは今から思うと四条通り沿いだった。行列を見送った後、地下鉄で移動して再び行列に追いついて再見したから、烏丸御池まで乗ったのかな。地下鉄は出来たばかりだったようだ。その時の記憶は「派手なでかいものが動いている」という程度しかない。帰りに寄った四条河原町の旭屋書店と、交差点の交通整理塔、それに鴨川東岸の地上を走る京阪電車の方が鮮明に目に焼き付いている。せっかく連れて行ってくれた先輩には不敬罪だと叱られそうだが。
 それから四半世紀近く経ってこんなに身近に見ることになろうとは想像もしなかった。京都に越してくる時も、不動産屋に北大路駅付近のマンションと今のマンションを紹介されて今のところに決めたのだが、お祭りのことなど考えもしなかった。鉾が建ち始めてびっくりしたっけ。ま、別の選択をしていたらまた別の世界が広がっていたのだろうけど。

 画像は祇園祭で見かけたpetボトル処理機、ペーポット。蟷螂山と菊水鉾の横にありました。中で粉砕するとかなんだろうか? 臨時のゴミ箱があちこち多数置いてあるのは以前から見かけていたのですが、このペーポットってのはいつから来るようになったのだろう?

|

« 山鉾解体 | トップページ | 見てみたいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山鉾解体 | トップページ | 見てみたいもの »