« xfy Blog Editor | トップページ | きょうのきょう(むかご) »

2007年11月12日 (月)

鶏はむ

F1053578b_tna  鍋に入れる事をチャットで却下された鶏胸肉。親切にも、その処理方法まで教えてもらったので、実践。

  1. 鶏胸肉に砂糖をまぶす。
    • 肉1枚にカレー匙1杯程度。
    • 砂糖が先の方が肉が軟らかくなる(らしい)。
  2. 次に塩をまぶす
    • 肉1枚にカレー匙1杯程度。
  3. 粒黒胡椒をミルしながらまぶす。
    • 好きな香辛料でよい。
  4. ジップロックに入れて空気を抜いて封をする。
    • 砂糖や塩が落ちないように注意。
  5. 丸1日半冷蔵庫で寝かせる。
    • 寝かせる時間は適当。丸1日~2日余り程度が妥当らしい。
  6. 水洗いして、ボウルに張った水の中で1時間ほど放置する。
    • これで塩抜きをする。
  7. 適当に丸めて凧糸で縛る。
    • 焼き豚とかボンレスハムみたいにぐるぐる巻にして成形する。
  8. サランラップで全体をくるみ、凧糸でぐるぐる巻にし、両端も縛る。
    • 空気が残らないように。残ると煮る時に浮いてくる。
    • ラップはキャンデー状にする。
    • 両端の縛りが甘いと肉汁が抜け出てしまう。
  9. 鍋に入れて、ひたひたになる程度の水を入れ煮る。
    • 水から煮て40分くらい。
    • 弱火で煮立たせないようにする事。
    • 煮立ちそうになったら、水を足して温度を下げる。
  10. 火を止めて冷ます。
    • あら熱を取る程度。
  11. 冷めたら水から取り出し、更に常温まで冷ます。
  12. 常温になったら、ラップと糸を外す。
  13. 輪切りにして食べる。

F1053579b_tna  【参考】

  1. 鶏ハムクラブ
     基本編
  2. 噂の鶏ハム作りに挑戦! - [料理のABC]All About
     応用編(ロール鶏ハム)

 参考1では、手順6の塩抜きを水洗いだけで済ませ、手順7以降は裸のまま5分煮て水中で8時間放置。引き揚げて食べる。煮汁はポトフ等に再利用する。となっていた。これでは、食材を完全に消費できず拡大再生産になってしまうので、却下。煮汁を残さない参考2のロール鶏ハムを採用した。

|

« xfy Blog Editor | トップページ | きょうのきょう(むかご) »

コメント

わわわ~。凧糸巻いてるぅ(^o^)
本格的だぁ~~!
つきゆめなんか、ペイのポイのパ~で作ってるので(^_^;)

アルチザンですなぁ~~。
ハム高いけど、これならハム並みに旨いっしょ(^o^)?
おせちにも使えそうですね~(^-^)

投稿: つきゆめうさぎ | 2007年11月18日 (日) 11時45分

 凧糸、100円ショップまで買いに行きました。(^^ゞ
 スープが出たら更に調理が続いてしまうので連鎖に終止符を打ちたいという怠け心からやった事なのですが、表目に出たみたい。(と言う表現はあるのか?)旨かった。TeddyBearにも好評でした。
 そか、おせちにも良いですね。肉としてほぼ最安値な材料なのも素敵ですぅ。お知恵ありがとうでした。

投稿: ichi | 2007年11月18日 (日) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« xfy Blog Editor | トップページ | きょうのきょう(むかご) »