« きょうのきょう(電球型ホタルックあげいん) | トップページ | きょうのきょう(歴史の書き換え) »

2007年10月 5日 (金)

きょうのきょう(寿司のハイテクか)

F1053422a_tna  生魚が食べたくなったので寿司屋へgo!。高級な寿司を食いにいったわけではない。チープな回転寿司。あーだこーだ能書き垂れるよりひたすら生魚が喰いたくなった時にはひたすら安い店に行く事にしている。

 夏場は喰う気がしなかったので、何ヶ月かぶり。以前は店に入ると席まで案内されたのだが、番号札を渡されて「24番の席へどうぞ」と宣告される。ぱっと見にはわからないが、店のシステムがだいぶ換わっているようだ。寿司が流れるカウンターの所々にカーナビ風の液晶モニタが付いていて、そこに番号が書いてある。以前はこんなのなかったのに。私の席はどこだ、と見るに23番の次が25番。(@_@;) 24は欠番か?! よく見ると23番と25番の間に椅子が4つほどある。番号と椅子が一意対応しているわけではないらしい。仕方ないので23と25の間の椅子に腰をかけ、戦闘準備。醤油皿とお茶と箸にガリ。おしぼりは出なくなったようだ。
F1053423a_tna  流れる皿を目を皿にして見つめてお気に入りのネタを探す。と、右手に座っていたおじさんがカーナビ風の液晶モニタの画面を指でつついている。気付かなかったが、今日のお薦めとか表示され、注文もできるらしい。以前は置いてあった特注用のインターホンが撤去されている。インターホンをカーナビでリプレースした模様。しばらく画面をいじっていたおじさんの後方から店員が近づき、「何かご注文ですか?」って。ネタを選んで注文できるのではなく、店員を呼ぶだけの機能なんだろうか?

 幸いにも(?)お気に入りが流れていたので特注することなく、お会計。以前はカウンターにブザーのような「お会計釦」が取り付けてあったのだが、これもカーナビで呼ぶらしい。画面に表示された「お会計」の釦をタップして立ち上がる。が、店員は来ない。皿の数をマニュアルで数えて料金を割り出す仕組みは変わらないようで、店員が来ないと店を出られない。暫し待っても店員は来ない。と、通りすがりの店員が「お会計ですか?」と聞いてくる。カーナビに呼ばれてやってきたのではないようだ。皿を数えてもらって、無事お会計。お安いのは従前通り。

F1053428a_tna 結局、あのカーナビは何の為の装置だったのだろうか? インターホンとブザーの代わりのつもりのようだが、今日はお世話にならずに喰い終える事ができた。合理化、のつもりで導入したのだろうが、完全撤去した方がもっと合理化になるのかも。

 画像は三条付近の鴨川。納涼床の営業は先月末で終わっている(筈)。スタバは床を撤去済だったが、未撤去の店がまだ多いようで。

|

« きょうのきょう(電球型ホタルックあげいん) | トップページ | きょうのきょう(歴史の書き換え) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(電球型ホタルックあげいん) | トップページ | きょうのきょう(歴史の書き換え) »