« さらばIIJ | トップページ | きょうのきょう(寿司のハイテクか) »

2007年10月 4日 (木)

きょうのきょう(電球型ホタルックあげいん)

R0101105b_tna  先日の玄関に続いてトイレの電球が死亡。こちらは電球型蛍光灯でした。常夜灯的に点けっぱなしで連続換算で2~3年だろうか。蛍光灯の寿命ってそんなもん? 玄関同様ホタルックに交換。立ち上がりがやや暗めなのは相変わらずだな。玄関の後、洗面所の電球も切れていたので、3ヶ月で3個目。頻繁すぎないか?

 これで我が家の電球の半分以上は電球型蛍光灯に置換済。なんか維持費高いなぁ。
 寿命が長いというので慢心して買い置きは最低限しかないよ。底を突いたので補充に出かけたら、にぎにぎしく開店したビックカメラには置いてない。従来通り、京都電気街の電器屋で調達。眼鏡に次いで古典的な店の勝ち。

 ホタルックでは敗退したビックカメラにはLEDのデスクトップライトや蛍光灯型LED(置き換え可能かどうかは未確認)が沢山置いてあった。こちらは圧勝。色合いが目に優しくないので懐中電灯的な製品しか使う気になれないのだけれど、目に優しい風合いのが出てきたら魅力かも。お高いですけど。LEDの色合いは蛍光剤の配合で何とでもなるとは聞くけれど、何とかした製品を見かけないので失格。
 蛍光灯用の豆球も、以前LEDのを使った事がある。1灯のと3灯のを試したけど、どちらも暗くて普通の豆球に遠く及ばなかった。最近はもっと多灯の明るいのが出ているんだろうか?

 画像は昔の職場のホタルック。さすがにこれだけあると消灯しても明るいです。

|

« さらばIIJ | トップページ | きょうのきょう(寿司のハイテクか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらばIIJ | トップページ | きょうのきょう(寿司のハイテクか) »