« きょうのきょう(酢酸ジュース) | トップページ | きょうのきょう(東京五輪記念日) »

2007年10月 9日 (火)

きょうのきょう(今日は寒露)

  寒露と言うだけあって夜風はややさぶめ。「夜は窓を開けて寝ていると寝冷えしそう…」という話題は今日に取っておけばよかった。(^^ゞ

F1053446c_tna おつかいで郵便局再び。郵便振替?振込?と思って検索したら、振替口座間の金の移動が「振替」、口座を持たない人が相手の振替口座に金を入れる事は「払込み」(なぜか最後だけかなを送る)。なるへそ。「振込」でないあたりが、「貯金」と「預金」の違いか。
 民営化されて手数料も変わっているらしい。ちょっと値上げ。昔、35円とか言う時代があったような気がするんだが、記憶違いかな。学生時代に振替口座を開いていた時だから30年近く前かも。

 ...と言う話ではなくて。気になったのが窓口で払込用紙を出す時、現金も一緒に渡すかどうか。今更ですけど。
 我が家の最寄りの局では払込用紙に現金を添えて提出します。払込用紙だけ渡すと「お金は!」と叱られます。通常払込料金受取人負担だったらいいんですけど、いちいち「手数料なんぼ?」と聞いてからでないと提出できない。面倒なので、萬札とかなるべく高額紙幣を添付するようにしてます。
F1053442a_tna  牛久だったか鎌倉だったか以前よく利用していた局では、最初に払込用紙だけ提出して、手続終了後に払込金額+手数料を渡して受領証を受け取ります。払込作業を商品だと解釈すれば、商品と交換で代金を払うので牛久方式の方が合理的かと。
 でも、払込用紙だけ提出して依頼人が遁走したら困るか? そうなっても取り消し手続きすればいいだけなんでしょうけど、払込金額だけを払込み用紙に添付して提出し、手続終了後に手数料を渡せばいい?

 払込用紙を渡して目の前で払込手続をしてくれるのが一番なんでしょうけどね。窓口氏は多忙で1人の顧客が占有するわけにいかないのが話をややこしくしている。

 新京極通を歩いていると「山門不幸」の立て札。もしや、と思って検索したら、やはりそういう意味でした。どなたかは存じませんが、合掌。

 argoさんが亡くなって推定丸1年。彼がグルーオンとなってくれていくつもの旧交が暖まりました。このグルーオン場に彼の意志は生き続けてくれるでしょう。こちらも合掌。

|

« きょうのきょう(酢酸ジュース) | トップページ | きょうのきょう(東京五輪記念日) »

コメント

郵便振替、ちょっと値上げのお詫びかな(^o^)
ATMで郵便ぱるる口座同士だったら手数料無料になってました。
思い切りましたね~。
オークションマニアにとってはありがたい(^-^)

>argoさんが亡くなって推定丸1年
早いですね。
これから先、この時期毎年思い出すんでしょうね。

投稿: つきゆめうさぎ | 2007年10月10日 (水) 08時10分

 自社内手数料無料は三菱とかが先にやってるからなぁ。民営化のメリットかな。

>これから先、この時期毎年思い出すんでしょうね。
 うむ、グルーオン場は時空を越えて広がる...。

投稿: ichi | 2007年10月11日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(酢酸ジュース) | トップページ | きょうのきょう(東京五輪記念日) »