« きょうのきょう(新京都電気街) | トップページ | きょうのきょう(景観条例?) »

2007年9月 2日 (日)

きょうのきょう(技術力の限界)

 結局真夏日。猛暑が去って普通の夏が残ってる。秋は朝晩のみ。

F1002656a_tna  京都第三カメラ(非公開)の画像が溜まってきたので、CD-Rに焼こう、と思い立ち実施。大凡1ヶ月分でCD-R1枚。運用開始後3ヶ月余りなので3枚。いつもはマシン室のPCで焼くのだけれど、修理上がりのこたつトップ機のCD-Rドライブの動作確認も兼ねてそちらで実行。...したら3枚中2枚失敗。失敗した2枚中1枚は、同じメディアでリトライしてokとなる。もう1枚は何度やってもダメ。そのメディアをマシン室のCD-R(DVDスーパーマルチ)で焼いたらok。メディアは問題なし、ということね。なんやねん。修理直後に試し焼きした時はokだったのだが...。たまに焼けるという状況は修理前と同じ。
 調べてみたら、CD-R(DVDスーパーマルチ)は修理前と機種同じ、ファームバージョンも同じ。結局、本体丸ごとアップグレードしたものの、使っているDVDDは全く同じだった模様。以前から出ていた不具合は個体差ではなく、やはりファームの問題だったとうことか。
 ファームに問題がある旨さんざん伝えた上での修理がこれだから、店の?(メーカーの?)技術力の限界なんでしょう。DVD-Rは焼けるし、マシン室のPCのCD-R(DVDスーパーマルチ)はメディアを選ばず機嫌良く焼いてくれるのでまぁいいいか。保証期間は切れちゃったしね。そもそも焼くニーズが、データのバックアップ用で年に何回かしかないしぃ。

 中華航空機の「ワッシャーがないとボルトを締めても穴から抜け落ちてしまうという設計」は旧型機にはなく、古い機種ではナット径が穴径よりでかいので、ワッシャーなしでも脱落しなかったそうだ。何で設計変更したのか、調査するとか依頼するとか、NHKのTVニュースで言っていた。だから設計がヘンだと言ったでしょ。

|

« きょうのきょう(新京都電気街) | トップページ | きょうのきょう(景観条例?) »

コメント

 あらら、、ご愁傷様です。何とか自力でFWを焼きこんでしまうか、別のドライブを購入して入れ替えてしまうか^^;。しかし、、最近のサポートって使えないところ確かに多いですね^^;。「そのくらい知っとけよっ!」的な事知らないこともあるし。。

投稿: ☆てら☆ | 2007年9月 3日 (月) 21時29分

 スリム型スロットイン方式のBL-R(というのか?)ドライブが出たら換装しようかな。(^_^;)
 サポート自身がムチという場合もあるし、こっちを無能扱いしてくどくどもたもたしている場合もむかつきますな。仕事としては精神的にしんどそうだけど...。

投稿: ichi | 2007年9月 4日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(新京都電気街) | トップページ | きょうのきょう(景観条例?) »