« 京都市美術館 | トップページ | 歴史的退廃 »

2007年7月29日 (日)

きょうのきょう(出口調査)

 晴れてるのか曇ってるのかはっきりしない薄い日差し。そのくせ、というかそのせいかというか、33.4℃。

F1052833a_tna  投票日なのでお出かけ。投票所は我が家から歩いて2分ほど。ごく至近。期日前投票も考えたけど、これだけ近いと投票所でいいや。牛久にいた頃は駅前にプレハブ建てて不在者投票(当時、途中から期日前投票に改名)を受け付けていた。ありゃ便利だった。通勤の途中に寄るのは時間的に厳しかったけど、投票日前の休日にお出かけするついでに投票したことは何度か。どこでもそんなもんかと思っていたら、TVだかWebだかのニュースで「茨城県では駅前に期日前投票所を設けて...」と言っていたので、全国的にはまだ珍しいのかな? 都心でやったら、長蛇の列になるか。郊外のベッドタウンあたりむき?

 投票所の入り口に学生っぽい男女二人が立っている。腕には茶色に白抜きの「NHK」の腕章をしてる。前を通り過ぎる時に「こんにちは~」って声をかけてくる。やや馴れ馴れしいな。一応挨拶を返して投票所へ。テーブルで仕切って迷路のようになった体育館みたいな大広間の中をうねうね歩きまくって投票終了。記載台が腰ほどの高さで膝をついて書き込む羽目に遭ったのだが、ありゃ車椅子用だったのかな?
 再び出口から出ると、件の男女が「出口調査にご協力お願いします。」って、クリップボードを差し出してくる。見ると、年齢層の選択肢と候補者名の一覧が書いてある。そこまでしか気付かなかったけど、政党名も書いてあったのだろうか。初めてだな、こういうのは。TVとかで「出口調査によると...」とか言うのを聞く度に、ホントにやっているのだろうか?と疑問に思っていたのだが、やっているのね。
 この手の調査って投票の自由というか秘密を犯さないのだろうか? まぁ、犯さないからやっているのだろうな。権利義務は関係ないとしても、親しい友人や親族ならともかく、今まで何の挨拶もなかったマスコミに例え匿名でも教える気にはならない。どうせ、明日の朝になれば正式な結果がその筋から発表されるのだから、それを何分か何時間か早める事に意味があるとは思えない。たったそれだけの為に協力するには及ぶまい。
 と、言うわけでお断り。話の種に協力して調査票を撮影させてもらえばよかったかな? バイトの給料が歩合制だったとしたら、可哀想だった?

|

« 京都市美術館 | トップページ | 歴史的退廃 »

コメント

地方の選挙なんかで
開票率0% 当選確実 とかいうの見ると
だったら選挙すんなって思う・・・

投稿: じんじんさん | 2007年7月29日 (日) 22時39分

 同感。

 「出口調査で、自分の投票したのとは違う答えを書きましょう」とかいう運動をしたらどうだろう。「回答は××党の候補に投票したことにしましょう」なんて。当確間違い続発かも。(^_^;)

投稿: ichi | 2007年7月29日 (日) 22時58分

次回の選挙では出口で腕章つけて、イケメンの電話番号調査しようかしらん(^。^)

投稿: つきゆめうさぎ | 2007年7月31日 (火) 01時52分

 ウサギはウサギでも、バニーちゃん系になっちゃうかも。(^_^;)

投稿: ichi | 2007年8月 3日 (金) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都市美術館 | トップページ | 歴史的退廃 »